12月7日 前場の相場概況

6日の米国株市場は
NYダウ-39.73ドル安の24140.91ドルと続落
ナスダック+14.162ポイント高の6776.375ポイントと4日ぶりに反発しました。

トランプ大統領がエルサレムをイスラエルの首都と認め、テルアビブにある米大使館をエルサレムに

移転すると報じられたことや、税制改革法案の上下院での調整の行方、8日に発表される

11月の雇用統計の発表を控えて模様眺めムードが強まりました。

11月米ADP雇用統計は、非農業分野の雇用者数が前月比19万人増と市場予想平均と一致しましたが、

反応は限定的でした。

銀行株など減税期待で買われた内需銘柄への利益確定売りが出た一方で、前日まで軟調が続いたハイテク株が

持ち直したことで相場を下支えしました。

 

◆先物夜間取引安値は22050 -150円安までありましたが、欧米の株価が下落しなかったことで

終値は22280 +80円高となりました

けさは米国株時間外取引が小幅高になっており、ドル円も一時112円割れまで進んだ円高が

112円台前半まで戻していることから高く始まっています。

きのうはトランプ大統領のエルサレム発言がちょうど売り仕掛けるのにいいタイミングで出たため、

売り方にとっては格好の材料になりましたが、世界的に見ても日本市場の反応は過剰すぎましたし、

あきらかにあすの12月限SQに向けての売り仕掛けがはまったということでしょう。

下値サポートとして機能していた25日線(6日現在:22513円)をあさから割り込んでいたことで

市場心理が弱気に傾き始めていただけに、効果的な反応になったということだと思います。

まさに荒れるSQ週ならではの動きということで、日銀のETF買いも効果は全くありませんでした。

SQに向けて逆張りのイメージでいましたので、きのうからそろそろ買い下がり始めてもいい水準に

きたかもしれませんと書いていましたが、きょうも引き続き、あしたまでの安いところは

買い下がるイメージでいいと思います。

ただ16日の安値21972円を試しに行くこともまだ可能性としてはありえますので、

一回で全力で買うのではなく、段階的に買い下がっていくイメージでいいと思います。

 

【11月15日にシグナル配信した騰落率が大きい銘柄の実績です】

☆売りシグナル点灯後14日目までの実績一覧はこちら

☆買いシグナル点灯後14日目までの実績一覧はこちら

 

↓↓ 有料メルマガのお申し込みはこちらから ↓↓

ココから買う株、ココから売る株 ~騰落率の大きい個別銘柄~

http://foomii.com/00113(有料メルマガ配信サービス フーミー)

月額 :10,800円(税込)


「月額サービスに加入する前に、ためしに見てみたい」など、ご希望の配信のみをご購読される場合は、

配信毎:   300円(税込)

こちらからご購読いただけます

 

ココから買う株、ココから売る株 ~日経平均株価指数~

http://foomii.com/00114(有料メルマガ配信サービス フーミー)

月額: 21,600円(税込)

 

 

ランキングの応援にクリックをお願いします♪
    ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ
   にほんブログ村