【シグナル配信銘柄】11月15日分の実績です

日経平均は-445円安の22177円と大幅に3日続落しました。

朝方は、5日の米国株安を受けて幅広い銘柄に利益確定売りが出て安く始まりました。

午前11時ごろにトランプ米大統領が、エルサレムをイスラエルの首都として公式に認める方針を

表明すると伝えられたことで中東情勢の悪化懸念が浮上し、先物売りから下げ幅を拡大し始めました。

後場は一段と売られる展開になり、安値では-503円安の22119円まで下落する場面がありました。

アジア市場でハイテク株が急落したことも投資家心理を冷やし、後場は東京市場でも

値がさ株やハイテク株が下げました。

 

◆日経平均は今年最大の下げ幅でしたが、2016年11月9日にトランプ氏の米大統領選挙勝利を受けて

株式相場が急落した-919円安以来の大きさで、終値は11月15日以来3週ぶりの安値となりました。

また9月11日以来ほぼ3ヶ月ぶりに25日移動平均線を割り込んで終わっています。

荒れるSQ週のなかでも統計的には一番大きく動くことが多い水曜日ですし、

25日線(今日現在:22513円)を割り込んで始まりましたので、下げに勢いがつくのは

想定内ではありましたが、16日の安値21972円まで一気に接近しました。

東証1部の売買代金は3兆2089億円と膨らみ、値上がり319銘柄、値下がり1677銘柄と

全面安の展開となり、日経225採用銘柄も値上がり10銘柄、値下がり214銘柄と圧倒的に

値下がり銘柄の方が多く、日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数もともに3日続落しました。

日柄的にはこれで11月限のSQ前日が取引時間中の高値になったのと真逆になるとすれば

あすに目先の底値をつけるのではと考えています。

先週末の終値からきょうの安値までは約700円安ですが、まだ荒れるSQ週の真っただ中ですので

16日の安値21972円まで試しに行く可能性も残っていますし、そこで底抜けにならなければ

絶好の買い場になるかもしれません。

金曜日あさのSQ値が取引時間中につけない幻のSQ値で決まれば、さらにリバウンド入りしやすい

展開になりますので、あすとあさってにツッコミがあった場合には逆張りで入るところだと思います。

その際には中小型株の方がパフォーマンスはいいと思いますが、リバウンド入りすれば日経平均も

25日線(今日現在:22513円)までの回復は意外と早いのではと考えています。

注意したいのはこれからは応当日の関係で25日線は下がってきやすくなりますので、

戻りのメドとしてみる際には当日の25日線はいくらくらいになるのかを確認した方がいいでしょう。

 

◆11月15日にシグナル配信した騰落率が大きい銘柄の実績です◆

☆売りシグナル点灯後14日目までの実績一覧はこちら

☆買いシグナル点灯後14日目までの実績一覧はこちら

 

↓↓ 有料メルマガのお申し込みはこちらから ↓↓

ココから買う株、ココから売る株 ~騰落率の大きい個別銘柄~

http://foomii.com/00113(有料メルマガ配信サービス フーミー)

月額 :10,800円(税込)


「月額サービスに加入する前に、ためしに見てみたい」など、ご希望の配信のみをご購読される場合は、

配信毎:   300円(税込)

こちらからご購読いただけます

 

ココから買う株、ココから売る株 ~日経平均株価指数~

http://foomii.com/00114(有料メルマガ配信サービス フーミー)

月額: 21,600円(税込)

 

ランキングの応援にクリックをお願いします♪
    ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ
   にほんブログ村