【シグナル配信銘柄】11月9日分の実績です

日経平均は+127円高の22724円と続伸しました。

朝方は、NYダウが大幅高したことや円安ドル高を受けて小高く始まりましたが、取引開始前に発表された

10月の鉱工業生産が前月比0.5%増と、市場予想平均の1.8%増を下回ったことなどから下落に転じ、

安値では-94円安の22502円をつける場面もありました。

その後はもみ合いが続いていましたが、後場中ごろに先物にまとまった買いが入ったことをきっかけに

上げ幅を広げると、高値では+151円高の22748円まで上昇しました。

29日の米国株市場で金融株が上昇した流れを受けて銀行などの金融株が上昇し、鉄鋼や海運など

ほかの出遅れ株も買われて指数を押し上げた一方、半導体関連などハイテク株には売りが続きました。

終値で22700円台に乗せるのは、9日の22868円以来、約3週間ぶりです。

 

◆けさは小幅高で始まったあと下落に転じましたが、後場中ごろの先物買いをきっかけに様相が一変しました。

MSCIの定期銘柄入れ替えの影響もあって、東証1部の売買代金は4兆5393億円と、9日以来およそ

3週間ぶりに4兆円を上回りました。

取引時間中に割り込んだ5日線(今日現在:22571円)を上回って終わりましたが、

とくに何か買い材料が出たわけでもなく、プチ踏み上げ相場といった感じでした。

日経平均の終値は、ボリンジャーバンド+1σ(今日現在:22723円)の水準です。

9日に高値をつけて下落に転じ、16日に下げ止まったあとの相場では、この+1σに3回跳ね返され、

今回が4回目のトライとなります。

もし今月まで17か月続いている月初の第一営業は高いというアノマリーの先回り買いであれば、

あしたまでの上昇になるかもしれませんが、来週に控えている先物オプションのSQに絡んだ

踏み上げ相場の開始だとなると、来週いっぱいまで上値を追ってくる可能性もあります。

11月限のSQに絡んでは、思いのほか値幅が出る踏み上げ相場が続きましたので、売り方にとっては

苦い記憶となっているでしょうし、日経平均の17日の高値22757円を抜けてくれば

買い戻しが入りやすくなります。

先物は17日の高値22770円ときょうの日中取引高値では並びましたが、きのうの夜間取引で

22800円をつけていますので、こちらも意識されます。

テクニカル指標はまだ中立圏のものが多いですが、RCI9日(今日現在:83.33)、

ストキャスティクス9日(今日現在:78.04)など高値圏にきているものも出てきています。

ただ踏み上げ相場が始まると、前回のように一時的にテクニカル指標が無視されることもありますので、

要注意です。

とりあえず、今晩の先物夜間取引は様子見で、あしたの日中から戦略を立てる方がいいかもしれません。

 

◆11月9日にシグナル配信した騰落率が大きい銘柄の実績です◆

☆売りシグナル点灯後14日目までの実績一覧はこちら

☆買いシグナル点灯後14日目までの実績一覧はこちら

 

↓↓ 有料メルマガのお申し込みはこちらから ↓↓

ココから買う株、ココから売る株 ~騰落率の大きい個別銘柄~

http://foomii.com/00113(有料メルマガ配信サービス フーミー)

月額 :10,800円(税込)


「月額サービスに加入する前に、ためしに見てみたい」など、ご希望の配信のみをご購読される場合は、

配信毎:   300円(税込)

こちらからご購読いただけます

 

ココから買う株、ココから売る株 ~日経平均株価指数~

http://foomii.com/00114(有料メルマガ配信サービス フーミー)

月額: 21,600円(税込)

 

ランキングの応援にクリックをお願いします♪
    ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ
   にほんブログ村