11月27日 後場の相場概況

前場の日経平均は-75円安の22474円と4営業日ぶりに反落しました

朝方は、先週末の米国株高や円安を好感して高く始まると、高値では+108円高の22659円まで

上昇する場面もありましたが、買い一巡後は利益確定売りで伸び悩み、先物にまとまった売り物が

出たことで下落転換すると、安値では-104円安の22446円をつけました。

上海総合株価指数や韓国総合株価指数が下げて始まったことで投資家心理が悪化し、

値がさ株は裁定取引の解消に伴って下げるものが目立ちました。

中国国家統計局が27日発表した一定規模以上の工業企業の利益で、10月の伸び率が25.1%増と

9月よりも鈍化したことで中国経済への先行き警戒感が強まり、投資家の買い手控えにつながりました。

 

◆前場は、高く始まったもののボリンジャーバンド+1σ(前場試算値:22677円)水準である

22659円で高値は止められ、その後は上海株の下落や円高進行を受けて先物売りが出て、

下落転換して終わりました。

東証1部の売買代金は1兆2198億円と多くはなく、騰落銘柄数は値上がり990銘柄に対して

値下がり942銘柄と値上がりの方が多くなってはいますが、日経225採用銘柄でみると

値上がり66銘柄、値下がり149銘柄となっていました。

前引けのTOPIXは-0.09%安ですので、日銀のETF買いが入るかどうかは微妙なところです。

前場の日経平均安値は-104円安の22446円でしたが、これは5日線(前引け試算値:22445円)の

水準での下げ止まりでした。

大引けで5日線を維持できるかどうかが重要で、もし割り込んでくるようですと次のターゲットは

25日線(前引け試算値:22284円)となりますが、勢いがつけば心理的な節目の22000円や

16日の安値21972円を試しに行く可能性もあります。

ただその水準まで下げて止まるようであれば、株価チャート的には目先の底入れ確認ができ、

その後のリバウンドにつながりやすいと思います。

上値が重くなってきていますので、引き続き戻りがあれば利益確定売りを進めながら、

瞬間的に下げてきた場合に備えておけばいいと思います。

 

◆アメブロで、朝9:30頃と昼13:30頃の2回、シグナル点灯銘柄を無料公開中◆

 

◆ヤフーファイナンスで日々の相場観と、毎週月曜日に注目銘柄を連載中◆

 

◆11月第1週にメルマガ配信した騰落率が大きい銘柄の実績です◆

☆売りシグナル点灯後14日目までの実績一覧はこちら

☆買いシグナル点灯後14日目までの実績一覧はこちら

 

<お知らせ>

11月24日、山一證券自主廃業発表20周年の日に清武先生の新刊「空あかり」出版記念パーティーが

日本出版クラブ会館で行われ、弊社斉藤が清武先生とご一緒させていただきました。

 

↓↓ 有料メルマガのお申し込みはこちらから ↓↓

ココから買う株、ココから売る株 ~騰落率の大きい個別銘柄~

http://foomii.com/00113(有料メルマガ配信サービス フーミー)

月額 :10,800円(税込)


「月額サービスに加入する前に、ためしに見てみたい」など、ご希望の配信のみをご購読される場合は、

配信毎:   300円(税込)

こちらからご購読いただけます

 

ココから買う株、ココから売る株 ~日経平均株価指数~

http://foomii.com/00114(有料メルマガ配信サービス フーミー)

月額: 21,600円(税込)

 

 

ランキングの応援にクリックをお願いします♪

    ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ
   にほんブログ村