2017年11月21日

【メルマガ配信銘柄】10月31日分の実績です

日経平均は+154円高の22416円と反発しました。 朝方は、20日の欧米株高や円安を受けて投資家心理が改善して大幅高で始まりました。 先物買いが入ると、高値では+301円高の22563円まで上昇しましたが、その後は節目の 22500円付近での利益確定売りが重しとなって上げ幅を縮小し、きょうの安値で引けました。 トランプ大統領がテロ支援国家に指定した北朝鮮をめぐる地政学リスクが意識される一方で、 ドル円の円安も支えになって海外投資家などから、自動車など主力株に買いが入りました。   ◆けさは大幅高で始まったものの、終わってみればきょうの安値で引ける格好となり、 相場が強い印象はありませんでした。 これで日足は3日連続で始値よりも終値の方が安い陰線となりましたが、半日足(前後場足)では 6本連続の陰線となりました。 つまり金曜日の前場・後場、きのうきょうの前場・後場とすべて陰線になったわけで、 外部要因で高く始まっても買いが続かないことが見えてきます。 今週は木曜日に日米ともに休場を控え、米国ではさらに金曜日も短縮取引になることから 海外投資家の積極的な売買は期待しづらくなっています。 そんななかきょうの東証1部の売買代金は2兆5004億円と膨らまず、きのうに続いて3兆円を 下回っていますので、戻り売りをこなして上に行くのは簡単ではありません。 きのう割り込んだ5日移動平均線(今日現在:22290円)を一日で回復したことは評価できますが、 まだ17日の高値22757円が二番天井になる可能性も残されていますので、 リバウンドがあったところでは、下で買えたものは利益確定売りをしていくのが無難だと思います。 一方で新興市場などの中小型株には資金が入っていると思いますし、東証1部の大型株が 手掛けづらいだけにまだ銘柄によっては値を飛ばすものもあると思います。   ◆アメブロで、朝9:30頃と昼13:30頃の2回、シグナル点灯銘柄を無料公開中◆   ◆ヤフーファイナンスで日々の相場観と、毎週月曜日に注目銘柄を連載中◆   ◆10月31日にメルマガ配信した騰落率が大きい銘柄の実績です◆ ☆売りシグナル点灯後14日目までの実績一覧はこちら ☆買いシグナル点灯後14日目までの実績一覧はこちら   ↓↓ 有料メルマガのお申し込みはこちらから ↓↓ ココから買う株、ココから売る株 ~騰落率の大きい個別銘柄~ http://foomii.com/00113(有料メルマガ配信サービス... 続きを読む

11月21日 後場の相場概況

前場の日経平均は+226円高の22488円と大幅反発しました。 朝方は、20日の欧米株高や円安を受けて投資家心理が改善して大幅高で始まりました。 先物買いが入ると、高値では+301円高の22563円まで上昇しましたが、 その後は節目の22500円付近での利益確定売りが重しとなって、上値の重い展開となりました。 また、トランプ大統領がテロ支援国家に指定した北朝鮮を巡る地政学的リスクへの警戒感も意識されました。 ドル円は112円台半ばでのもみ合いとなっています。   ◆前場は、高く始まったものの、引けてみればわずか約32円幅の陽線と力強さはありませんでした。 先物に引っ張られる形で裁定買いがけん引したため、ファーストリテ、ファナック、 ソフトバンク、信越化学、東京エレクなどの値がさ株が上昇し、 この5銘柄で日経平均を約78円押し上げています。 きのう下回ったばかりの5日移動平均線(前場試算値:22305円)を飛び越えて高寄りしたことは 評価できますが、前場の東証1部の売買代金が1兆1285億円という少なさを見ても、 このまま一気に上値を追う展開とはなりづらそうです。 木曜日は日米ともに休場ですが、米国では金曜日も短縮取引になることから今週末にかけて 海外投資家から積極的な売買は入りづらくなっていきます。 そのこともあって前場の早い時間帯で買い仕掛けられたのだと思いますが、どちらかというと 息切れの印象です。 前引け時点のテクニカル指標では日経平均の25日移動平均線かい離率は+1.52%に拡大し、 200日移動平均線かい離率は+12.60%となっています。 日経平均をTOPIXで割って、日経平均の割高度合いを計るNT倍率は12.67と 前日比+0.02になっています。 引き続き戻りがあれば段階的に利益確定売りを進めていくのが無難だと思いますが、 中小型株には資金が回っている印象です。   ◆アメブロで、朝9:30頃と昼13:30頃の2回、シグナル点灯銘柄を無料公開中◆   ◆ヤフーファイナンスで日々の相場観と、毎週月曜日に注目銘柄を連載中◆   ◆10月30日にメルマガ配信した騰落率が大きい銘柄の実績です◆ ☆売りシグナル点灯後14日目までの実績一覧はこちら ☆買いシグナル点灯後14日目までの実績一覧はこちら   ↓↓ 有料メルマガのお申し込みはこちらから ↓↓ ココから買う株、ココから売る株 ~騰落率の大きい個別銘柄~ http://foomii.com/00113(有料メルマガ配信サービス... 続きを読む

11月21日 前場の相場概況

20日の米国株市場は NYダウが+72.09ドル高の23430.33ドルと反発、 ナスダックが+7.923ポイント高の6790.714ポイントと反発しました。 コンファレンス・ボードが発表した10月景気先行指数が、前月比1.2%増と市場予想平均の0.7%増を 上回ったことが好感され、NYダウは一時100ドル近い上昇を見せました。 ドイツのメルケル首相が進めていた3党による連立協議が決裂したにもかかわらず欧州株が高く終わったことで 米国株市場でもリスク選好姿勢が強まりました。 ただ今週は23日が感謝祭の祝日で24日は短縮取引となり、米議会は休会で重要な米経済指標や企業業績の 発表も少ないことから積極的な取引は控えられ、上値は重い展開でした。   ◆米国株市場の上昇や、ドル円が112円台半ばまで円安に振れたことから、先物夜間取引は 22480 +240円高で終わり、高値は22510 +270円高までありました。 けさはこれに寄せる形で大幅高で始まっています。 きのう再び割り込んだ5日移動平均線(20日現在:22283円)を上回って始まっていますので 市場には安心感が広がっていますが、17日の高値22757円を上抜けするまでは まだ油断はできませんので、基本スタンスは戻り売りが無難だと思います。 上がったところでは確実に利益確定売りをしながら、25日線(20日現在:22102円)や 心理的な節目の22000円、16日の安値21972円などを意識しながら押し目をていねいに 拾っていくということを継続していくイメージでいいと思います。   ◆アメブロで、朝9:30頃と昼13:30頃の2回、シグナル点灯銘柄を無料公開中◆   ◆ヤフーファイナンスで日々の相場観と、毎週月曜日に注目銘柄を連載中◆   ◆10月30日にメルマガ配信した騰落率が大きい銘柄の実績です◆ ☆売りシグナル点灯後14日目までの実績一覧はこちら ☆買いシグナル点灯後14日目までの実績一覧はこちら   ↓↓ 有料メルマガのお申し込みはこちらから ↓↓ ココから買う株、ココから売る株 ~騰落率の大きい個別銘柄~ http://foomii.com/00113(有料メルマガ配信サービス... 続きを読む