2017年11月17日

【メルマガ配信銘柄】10月27日分の実績です

日経平均は+45円高の22396円と続伸しました。 朝方は、16日の欧米株高や円安を受けて大幅高で始まると、高値では+406円高の22757円まで 上げ幅を広げて、1週間ぶりに22700円台を回復する場面がありました。 買い一巡後は、ロシアゲート疑惑再燃などからドル円が112円台半ばまで円高に振れたこともあって 利益確定売りが広がり、先物にまとまった売り物が出たことから下落に転じると、安値では-32円安の 22319円をつける場面もありました。 相場の変動率上昇を警戒した投資家が買いを手控えたこともあり、日経平均は週間では-284円下げ、 10週ぶりの下落となっています。   ◆朝方の上昇は、週末であることや米税制改革の先行き不透明感を考慮すれば、あきらかに リバウンドとしてのピッチが早過ぎました。 5日線(今日現在:22307円)を大きく上回って始まったことで、目先の下落トレンドが 転換したとの見方から、目先筋の売り方が買い戻しに動いたり、直近でカラ売り比率が 上昇していたことから信用の売り方の買い戻しも入って勢いがついたと考えられますが、 すでに十分に自律反発はしたと思います。 先物は9日の高値23430円から15日夜間取引安値21830円までの下落幅の2分の1戻し 22630円を上回って、きょうの高値は22770円までありました。 日経平均は9日の高値23382円からきのうの安値21972円までの下落幅の2分の1戻し 22677円を上回って、きょうの高値は22757円までありました。 25日移動平均線かい離率はまだ+1.54%ですが、200日移動平均線かい離率は 警戒水位の+10%を超えたまま、きょうは+12.33%で終わっています。 日経平均をTOPIXで割って日経平均の割高度合いを計るNT倍率も、12.70倍まで上昇し、 今年の高値を更新しました。 まだ戻り始めて2日ではありますが値幅としては十分ともいえますので、二番天井にならないとも 言い切れません。 きょうの米国株次第ではありますが、週明けにきょうの高値近辺にもう一度トライする場面があれば、 下で買えたものは利益確定売りをしていくのが無難だと思います。   ◆アメブロで、朝9:30頃と昼13:30頃の2回、シグナル点灯銘柄を無料公開中◆   ◆ヤフーファイナンスで日々の相場観と、毎週月曜日に注目銘柄を連載中◆   ◆10月27日にメルマガ配信した騰落率が大きい銘柄の実績です◆ ☆売りシグナル点灯後14日目までの実績一覧はこちら ☆買いシグナル点灯後14日目までの実績一覧はこちら   ↓↓ 有料メルマガのお申し込みはこちらから ↓↓ ココから買う株、ココから売る株 ~騰落率の大きい個別銘柄~ http://foomii.com/00113(有料メルマガ配信サービス... 続きを読む

11月17日 後場の相場概況

前場の日経平均は+53円高の22404円と続伸しました。 朝方は、16日の欧米株高や円安を受けて大幅高で始まると、高値では+406円高の22757円まで 上げ幅を広げる場面がありました。 買い一巡後は、ドル円が112円台半ばまで円高に振れ始めたことから自動車など輸出関連株が売られ、 先物にまとまった売り物が出ると前引けにかけて上げ幅を急速に縮小する動きとなりました。 前場の取引時間中の高値と安値の価格差は364円幅と大きく変動しています。   ◆5日移動平均線(前場試算値:22309円)を大きく上回って始まったことで、直近の下落トレンドが 転換したとの期待感や、買い戻しも入って寄り付き後も上値を追う展開となりましたが、 引けてみると前場は見事なまでの失速でした。 直近の東証の空売り比率は高水準でしたので、信用取引の売り方の買い戻しが勢いをつけた部分も 多分にあったと思います。 テクニカル指標では日経平均の200日移動平均線かい離率は+12.37%と、ふたたび上昇傾向に あり、警戒水域の+10%を上回る状態が続いています。 また先物は9日の高値23430円から15日夜間取引安値21830円までの下落幅の2分の1戻し 22630円を上回って、前場高値は22770円までありました。 日経平均は9日の高値23382円からきのうの安値21972円までの下落幅の2分の1戻し 22677円を上回って、前場高値は22757円までありました。 いずれも急速に戻している印象ですし週末要因もありますので、ココから上は戻り売り圧力が 大きくなることも考えて、段階的に利益確定売りを進めていくのが無難だと思います。   ◆アメブロで、朝9:30頃と昼13:30頃の2回、シグナル点灯銘柄を無料公開中◆   ◆ヤフーファイナンスで日々の相場観と、毎週月曜日に注目銘柄を連載中◆   ◆10月26日にメルマガ配信した騰落率が大きい銘柄の実績です◆ ☆売りシグナル点灯後14日目までの実績一覧はこちら ☆買いシグナル点灯後14日目までの実績一覧はこちら   ↓↓ 有料メルマガのお申し込みはこちらから ↓↓ ココから買う株、ココから売る株 ~騰落率の大きい個別銘柄~ http://foomii.com/00113(有料メルマガ配信サービス... 続きを読む

11月17日 前場の相場概況

16日の米国株市場は NYダウが+187.08ドル高の23458.36ドルと反発、 ナスダックが+87.083ポイント高の6793.291ポイントと反発して史上最高値を更新しました。 軟調な動きが続いていた欧州株が反発したことや、米下院が税制改革法案を可決したことを好感しました。 今後は内容が大きく異なる上院案との調整が必要になりますが、税制改革の実現に向けて一歩前進したとの 見方が相場を支えました。 NYダウの上げ幅は9月11日以来およそ2ヶ月ぶりの大きさとなり、一時上げ幅は200ドルを超えました。 資源価格の下げがやや落ち着いたことで投資家心理の悪化にも歯止めがかかりました。 ナスダックはアップルやアルファベット(グーグルの持株会社)、アマゾン・ドット・コムなどが上昇し、 3日ぶりに反発して8日以来およそ1週間ぶりに最高値を更新しました。   ◆けさは5日線(16日現在:22364円)を大きく上回って始まったことで、下落トレンドから 転換したとの見方が増え、さらに上昇幅を広げる展開となっています。 この水準を抜けたことで、超目先筋の買い戻しも入って後押ししていると思われますが、 すでに日経平均はきのうの安値からは約750円幅、先物は15日夜間安値から約900円幅の リバウンドをしていることになりますし、週末要因もありますので基本的には下で買えたものは 利益確定売りを進めてもいいと思います。 段階的に売り指値を並べていくことになると思いますが、先週の高値はあまり意識せずに あくまでもリバウンド狙いと割り切る方が無難だと思います。   ◆アメブロで、朝9:30頃と昼13:30頃の2回、シグナル点灯銘柄を無料公開中◆   ◆ヤフーファイナンスで日々の相場観と、毎週月曜日に注目銘柄を連載中◆   ◆10月26日にメルマガ配信した騰落率が大きい銘柄の実績です◆ ☆売りシグナル点灯後14日目までの実績一覧はこちら ☆買いシグナル点灯後14日目までの実績一覧はこちら   ↓↓ 有料メルマガのお申し込みはこちらから ↓↓ ココから買う株、ココから売る株 ~騰落率の大きい個別銘柄~ http://foomii.com/00113(有料メルマガ配信サービス... 続きを読む