11月10日 前場の相場概況

9日の米国株市場は
NYダウ-101.42ドル安の23461.94ドルと8日ぶりに下落
ナスダック-39.065ポイント安の6750.053ポイントと反落しました。

米税制改革の先行き不透明感が強まり、投資家が運用リスクを避ける動きが広がりました。

上院共和党が9日に発表する税制改革案で、法人税減税を19年に先送りすると報道され、

減税が米景気へ好影響をもたらすとの期待感が後退したことから売り圧力が強まって、

NYダウは一時、-253ドル超下落する場面もありました。

ただ、売り一巡後は世界経済の堅調さを背景に、米企業業績の拡大傾向が続くとの期待が相場を支えて

下げ渋りました。

上院共和党は午後3時ごろに税制改革案の概要を公表し、法人減税の先送りは明記していませんでしたが

報道によると有力な共和党議員が減税を先送りすると述べました。

ナスダックはアップルやアマゾン・ドット・コムなど主力株の一角が下げて指数を押し下げました。

 

◆NYダウが一時-253ドル安、ドル円が113円台前半まで円高に振れたことから

先物夜間取引の安値では22320 -580安まで売られる場面がありました。

終値は22580 -320円安でしたが、けさはこれに寄せる形で始まったあと多少戻しています。

下落局面では日銀のETF買いが意識されますので、これが下支え要因にはなると思いますが、

相場の雰囲気が変わる可能性があります。

けさ11月限のミニ先物・オプション取引のSQが通過しますが、ココまではこれに絡んだ先物の

売買で大きく振らされてきましたが、この要因が終わりますので一本調子の上昇は難しくなると思います。

スピード調整がはじまると、あらためてテクニカル指標の過熱感などが意識されますし、

相場の上昇基調を後押ししてきた好調な企業決算の発表もきょうが発表自体のピークになりますので、

今後も上値を追うのであればあらたな材料が必要になってきます。

とくに5日移動平均線(9日現在:22761円)を割り込んで引けるようだと、さらにココまでの

上昇トレンドが転換した可能性が意識されて、押し目買いも入りづらくなると思います。

 

<お知らせ>

11月7日に出版されました、あの清武先生の新刊「空あかり」の中で、

P135から私のエピソードが紹介されていますので、よろしかったらぜひご覧ください。

 

◆アメブロで、朝9:30頃と昼13:30頃の2回、シグナル点灯銘柄を無料公開中◆

 

◆ヤフーファイナンスで日々の相場観と、毎週月曜日に注目銘柄を連載中◆

 

◆10月19日にメルマガ配信した騰落率が大きい銘柄の実績です◆

☆売りシグナル点灯後14日目までの実績一覧はこちら

☆買いシグナル点灯後14日目までの実績一覧はこちら

 

↓↓ 有料メルマガのお申し込みはこちらから ↓↓

ココから買う株、ココから売る株 ~騰落率の大きい個別銘柄~

http://foomii.com/00113(有料メルマガ配信サービス フーミー)

月額 :10,800円(税込)


「月額サービスに加入する前に、ためしに見てみたい」など、ご希望の配信のみをご購読される場合は、

配信毎:   300円(税込)

こちらからご購読いただけます

 

ココから買う株、ココから売る株 ~日経平均株価指数~

http://foomii.com/00114(有料メルマガ配信サービス フーミー)

月額: 21,600円(税込)

 

 

ランキングの応援にクリックをお願いします♪
    ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ
   にほんブログ村