11月9日 前場の相場概況

8日の米国株市場は
NYダウ+6.13ドル高の23563.36ドルと7日続伸し、5日連続で史上最高値を更新、
ナスダック+21.335ポイント高の6789.118ポイントと反発し、史上最高値を更新しました。

利益確定売りや税制改革の先行き不透明感などから安く始まると、米10年物国債の金利が上昇したため

利ザヤの縮小が嫌気された金融株の重しとなりました。

売り一巡後は、相場上昇に出遅れていた製薬株など一部の銘柄に押し目買いや値ごろ感から買いが入り、

取引終了にかけてプラスに転じました。

ナスダックとS&P500種株価指数は2日ぶりに最高値を更新し、主要3指数がそろって最高値を付けています。

トランプ政権が進める税制改革を巡り、上院共和党が法人減税の実施を1年先送りすることを検討していると

伝わったことで、政策の先行き不透明感が意識されて上値は重い展開でした。

 

◆きのうの前引けのTOPIXは-0.13%安の下落にとどまっていましたが、夕方に発表された結果を見ると

日銀のETF買いは717億円実行されていました。

相場の水準に関係なく引き続き買い支えていくことを示したため、買い方にとっては安心感が広がると思います。

あすは11月限のミニ先物・オプション取引のSQです。

これに絡んだ先物の売買で大きく振らされてきましたが、この要因はきょうで終わりになります。

買い方がSQ値を23000円超にしたい意識があれば、きょうまでは先物を買い煽れば

上げやすい展開になりますが、あす以降はそれが当面なくなります。

米国株時間外取引は小幅安で推移していますが、ドル円が円安水準で帰ってきたことを好感して

けさは高く始まり、23000円の大台を回復していますので、きょうに関して言えば

まだ上値を追いやすいでしょう。

それでもスピード調整がはじまると、あらためてテクニカル指標の過熱感などが意識されますので

引き続き主力大型株は、下がる前に利益確定売りのスタンスでいいと思っています。

好調な企業決算の発表もあすが発表自体のピークになりますので、今後も上値を追うのであれば

あらたな材料が必要になってきます。

 

<お知らせ>

11月7日に出版されました、あの清武先生の新刊「空あかり」の中で、

P135から私のエピソードが紹介されていますので、よろしかったらぜひご覧ください。

 

◆アメブロで、朝9:30頃と昼13:30頃の2回、シグナル点灯銘柄を無料公開中◆

 

◆ヤフーファイナンスで日々の相場観と、毎週月曜日に注目銘柄を連載中◆

 

◆10月18日にメルマガ配信した騰落率が大きい銘柄の実績です◆

☆売りシグナル点灯後14日目までの実績一覧はこちら

☆買いシグナル点灯後14日目までの実績一覧はこちら

 

↓↓ 有料メルマガのお申し込みはこちらから ↓↓

ココから買う株、ココから売る株 ~騰落率の大きい個別銘柄~

http://foomii.com/00113(有料メルマガ配信サービス フーミー)

月額 :10,800円(税込)


「月額サービスに加入する前に、ためしに見てみたい」など、ご希望の配信のみをご購読される場合は、

配信毎:   300円(税込)

こちらからご購読いただけます

 

ココから買う株、ココから売る株 ~日経平均株価指数~

http://foomii.com/00114(有料メルマガ配信サービス フーミー)

月額: 21,600円(税込)

 

 

ランキングの応援にクリックをお願いします♪
    ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ
   にほんブログ村