11月6日 後場の相場概況

前場の日経平均は+2円高の22541円と、わずかながら3営業日続伸しました

朝方は、前週末の米国株が最高値を更新したことを好感して高く始まりました。

その後は上げ幅を縮める場面もありましたが、ドル円が114円台後半まで円安進行するとともに

先物にまとまった買い物が入り、高値では+105円高の22644円まで上昇しました。

ただ買い一巡後は、歴史的な高値であるバブル崩壊後の高値22666円に接近したことから

利益確定売りに押され、前引けにかけて下落に転じる場面もあった一方で原油相場の上昇を受けて

石油資源株が堅調な動きでした。

 

◆前場の日経平均はいちおう3日連続で取引時間中の年初来高値は更新していますが、前引け間際には

-14円安まで押し返されるなか、きわどくプラスで終わりました。

中身を見てみると、ユニクロの10月の国内既存店売上高が前年同月比8.9%増と大きく伸びた

ファーストリテ[9983]が27円強、ファナック[6954]が13円強、2銘柄で日経平均を

約41円押し上げていました。

下落で目立ったのはソフトバンク[9984]で、こちらは1銘柄で日経平均を33円強押し下げています。

昼休みの時間帯にドル円がやや円安に動いたことから先物が多少上昇し、これを受けて後場はわずかに

前引けよりも強含んで始まっています。

前引けは小幅高でしたので、テクニカル指標では日経平均の25日移動平均線かい離率

依然+5%の警戒水域を超えて、前引け試算値では+5.44%と高止まり、

200日移動平均線かい離率+13.94%と、警戒水域の+10%を上回って高止まりしています。

日経平均株価をTOPIXで割って、日経平均の割高度合いを計るNT倍率12.58倍

前日比+0.02上昇しています。

後場もドル円相場を見ながら、下がれば買いが入りやすい展開が続きそうですので、

高値で売り抜けることはできないと割り切って、上昇が鈍くなってきた銘柄から順番に

利益確定売りを進めて、現金比率を高めていくのが無難だと思います。

 

◆アメブロで、朝9:30頃と昼13:30頃の2回、シグナル点灯銘柄を無料公開中◆

 

◆ヤフーファイナンスで日々の相場観と、毎週月曜日に注目銘柄を連載中◆

 

◆10月第2週にメルマガ配信した騰落率が大きい銘柄の実績です◆

☆売りシグナル点灯後14日目までの実績一覧はこちら

☆買いシグナル点灯後14日目までの実績一覧はこちら

 

↓↓ 有料メルマガのお申し込みはこちらから ↓↓

ココから買う株、ココから売る株 ~騰落率の大きい個別銘柄~

http://foomii.com/00113(有料メルマガ配信サービス フーミー)

月額 :10,800円(税込)


「月額サービスに加入する前に、ためしに見てみたい」など、ご希望の配信のみをご購読される場合は、

配信毎:   300円(税込)

こちらからご購読いただけます

 

ココから買う株、ココから売る株 ~日経平均株価指数~

http://foomii.com/00114(有料メルマガ配信サービス フーミー)

月額: 21,600円(税込)

 

 

ランキングの応援にクリックをお願いします♪
    ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ
   にほんブログ村