11月2日 前場の相場概況

1日の米国株市場は
NYダウ+57.77ドル高の23435.01ドルと続伸
ナスダック-11.136ポイント安の6716.533ポイントと反落しました。

米10月ADP雇用統計で、非農業分野の雇用者数が前月比23万5000人増と市場予想平均の20万人増を

上回り、9月の建設支出は市場予想に反して増えました。

経済の堅調な推移を好感して、NYダウは10月24日に付けた取引時間中の史上最高値23485.25ドルを

超え、初めて23500ドル台に乗せる場面もありました。

FOMC(米連邦公開市場委員会)では金融政策の現状維持を決め、声明では景気認識をやや引き上げて

緩やかなペースの利上げ姿勢を維持しましたが、ほぼ予想通りだったことから株式相場の反応は限定的でした。

ナスダックは高くなる場面もありましたが、アップルやアマゾン・ドット・コムなど主力株の一角が

利益確定売りに押されました。

 

◆先物夜間取引の終値は22510 +80円高と114円台前半への円安を好感する形で

高く終わりましたが、高値では22600円まで上昇しました。

けさはこれに寄せて始まっていますが、引き続き堅調な動きとなることが考えられますので

22600円やバブル崩壊後の戻り高値22666円を意識した高値追いはあるかもしれません。

ただ国内はあすから3連休を控え、あすは米国で10月雇用統計10月ISM非製造業景況指数

ありますので、後場は新規の取引は手掛けづらく、様子見になりやすいでしょう。

きのうも書きましたが、すでにテクニカル指標や値ごろで売り方に回るのは危険な相場になっています。

安心して売れるのは5日移動平均線を明確に下回るなどのトレンド変化が見えてきたあとの

戻り売りだと思います。

ただ個別株に関してはそれぞれがどのタイミングで高値をつけるかわかりません。

最高値で売ろうとして売り逃すよりは、ある程度の高値圏で段階的に利益確定しておくのが

無難だと思います。

ひとつの売りタイミングの目安になるのが1996年6月26日につけたバブル崩壊後の

日経平均の戻り高値22666円かもしれません。

 

◆アメブロで、朝9:30頃と昼13:30頃の2回、シグナル点灯銘柄を無料公開中◆

 

◆ヤフーファイナンスで日々の相場観と、毎週月曜日に注目銘柄を連載中◆

現在4連勝中としてTOP画面で紹介されています

 

◆10月12日にメルマガ配信した騰落率が大きい銘柄の実績です◆

☆売りシグナル点灯後14日目までの実績一覧はこちら

☆買いシグナル点灯後14日目までの実績一覧はこちら

 

↓↓ 有料メルマガのお申し込みはこちらから ↓↓

ココから買う株、ココから売る株 ~騰落率の大きい個別銘柄~

http://foomii.com/00113(有料メルマガ配信サービス フーミー)

月額 :10,800円(税込)


「月額サービスに加入する前に、ためしに見てみたい」など、ご希望の配信のみをご購読される場合は、

配信毎:   300円(税込)

こちらからご購読いただけます

 

ココから買う株、ココから売る株 ~日経平均株価指数~

http://foomii.com/00114(有料メルマガ配信サービス フーミー)

月額: 21,600円(税込)

 

 

ランキングの応援にクリックをお願いします♪
    ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ
   にほんブログ村