11月1日 前場の相場概況

31日の米国株市場は
NYダウ+28.50ドル高の23377.24ドル反発
ナスダック+28.706ポイント高の6727.669ポイント反発して史上最高値を更新しました。

米10月シカゴ購買部協会景気指数が66.2と市場予想平均の60.0を上回り、

米10月CB消費者信頼感指数が125.9と市場予想平均の121.5を上回ったことなどを好感して

堅調な動きとなりました。

ただ、米下院による税制改革法案の提示やFRB(米連邦準備理事会)次期議長の指名などを控え、

積極的な売買を見送るムードも強かったことから上値は重い展開でした。

10月のNYダウは+972ドル(+4.3%)上昇し、月間の上昇は7ヶ月連続となり、

2011年10月から12年4月までの7ヶ月連続に並ぶ長さになりました。

ナスダックは、アップルとフェイスブック、半導体株の一角など時価総額の大きい銘柄が上げ、

27日に付けた過去最高値を更新しました。

 

◆先物夜間取引の終値は 22210 +260円高と大幅高で終わりました。

欧米株は小幅な上昇にとどまり、ドル円も昨日夕方の113円台前半から113円台半ばまでの円安ですので、

その割には日経先物だけがずいぶんと大きな上昇になっている印象ですが、それでもけさはこれに寄せる形で

大きく上昇して始まっています。

トランプ大統領のロシアゲート疑惑が再燃していることも気になるなか、きのうも書きましたが

きょうは月初の第一営業日と、ココまで16か月連続で上昇している日であることが意識されている

部分もあるかもしれません。

引き続き企業の決算発表はおおむね好調なものが多く、決算期待の買いが続きやすい状況ですが

短期筋の海外投資家による先物の買い戻しはピークを迎えつつあるイメージです。

またココまで株価が回復してきているのに、きのうも日銀のETF買いは709億円実行されていることにも

そろそろ批判が高まってくる可能性があることに注意が必要です。

ただ大きな流れとしては、5日移動平均線を明確に下回るなどのトレンド変化が見えてこないと

踏み上げ相場は終わりづらいのかもしれません。

 

◆アメブロで、朝9:30頃と昼13:30頃の2回、シグナル点灯銘柄を無料公開中◆

 

◆ヤフーファイナンスで日々の相場観と、毎週月曜日に注目銘柄を連載中◆

現在4連勝中としてTOP画面で紹介されています

 

◆10月11日にメルマガ配信した騰落率が大きい銘柄の実績です◆

☆売りシグナル点灯後14日目までの実績一覧はこちら

☆買いシグナル点灯後14日目までの実績一覧はこちら

 

↓↓ 有料メルマガのお申し込みはこちらから ↓↓

ココから買う株、ココから売る株 ~騰落率の大きい個別銘柄~

http://foomii.com/00113(有料メルマガ配信サービス フーミー)

月額 :10,800円(税込)


「月額サービスに加入する前に、ためしに見てみたい」など、ご希望の配信のみをご購読される場合は、

配信毎:   300円(税込)

こちらからご購読いただけます

 

ココから買う株、ココから売る株 ~日経平均株価指数~

http://foomii.com/00114(有料メルマガ配信サービス フーミー)

月額: 21,600円(税込)

 

 

ランキングの応援にクリックをお願いします♪
    ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ
   にほんブログ村