10月5日 前場の相場概況

4日の米国株市場は
NYダウ+19.97ドル高の22661.64ドルと日続伸
ナスダック+2.913ポイント高の6534.627ポイントと日続伸しました

NYダウは3日連続で、ナスダックは4日連続で史上最高値を更新しています。

9月ISM非製造業景況指数が59.8と市場予想に反して前月比で改善し、2005年以来の水準に

上昇して、市場予想の55.1を上回りました。

2日に発表されたISM製造業景況指数とともに、好調な経済状況にあることが示されたことを好感して

買われましたが、買い一巡後は連日の高値更新で相場の過熱感が意識され、利益確定売りに

伸び悩む場面もありました。

前日にNBCテレビがティラーソン国務長官が大統領との関係が悪化したのを理由に夏ごろに辞職を

検討していたなどと報じていましたが、同長官が記者会見で報道を否定しました。

主要閣僚が離脱し、トランプ政権が不安定化するとの警戒感が和らいだことが好感されました。

 

◆先物夜間取引の終値は20650円 +20円高でしたので、けさも小高く始まっています。

日米ともに株価は好調ですが、連日の最高値更新から米国株でも過熱感が意識され始めています。

ココまでの上昇中にはあまり取り上げられなかった北朝鮮リスクも、10(火)の

朝鮮労働党創立記念日を前にあらためて意識されることになりそうです。

きのうの日経平均は一時マイナス圏まで下げていましたので、買い戻しも一巡したことによって

上値の重さが気になってくるかもしれません。

また週末の三連休、来週には10月限SQも控え、上がっているものは一回利益確定しておこうとの

心理状態に傾きやすくなっていると思います。

これが単なるスピード調整になるのか、目先の天井打ちになるのかは北朝鮮の動向次第かもしれませんが

一段の上昇局面があったとしても対応できるくらい、余裕を持った売り上がりのイメージは

変えていません。

 

10月2日配信分から「騰落率が大きい銘柄」の大幅な銘柄入れ替えを行いました

◇以前は

株価の上下が大きい銘柄を先に抽出して、その銘柄群のなかでシグナル点灯があったものを配信していましたが

◇現在は

買いシグナルが出たときに実際に大きく上がっていた実績のある銘柄、

売りシグナルが出たときに実際に大きく下がっていた実績のある銘柄を抽出して

その銘柄群のシグナル点灯状況を配信しています。

◇これによって

・シグナル点灯銘柄数は以前より減って銘柄選びがしやすくなります

・シグナル点灯後にあまり上がらない確率、あまり下がらない確率が減ります

 

【9月13日にメルマガ配信した騰落率が大きい銘柄の実績です】

☆売りシグナル点灯後14日目までの実績一覧はこちら

☆買いシグナル点灯後14日目までの実績一覧はこちら

 

↓↓ 有料メルマガのお申し込みはこちらから ↓↓

ココから買う株、ココから売る株 ~騰落率の大きい個別銘柄~

http://foomii.com/00113(有料メルマガ配信サービス フーミー)

月額 :10,800円(税込)


「月額サービスに加入する前に、ためしに見てみたい」など、ご希望の配信のみをご購読される場合は、

配信毎:   300円(税込)

こちらからご購読いただけます

 

ココから買う株、ココから売る株 ~日経平均株価指数~

http://foomii.com/00114(有料メルマガ配信サービス フーミー)

月額: 21,600円(税込)

 

 

ランキングの応援にクリックをお願いします♪
    ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ
   にほんブログ村