10月4日 後場の相場概況

前場の日経平均は+45円高の20659円と3日続伸しました

朝方は、3日の米国株市場が連日で最高値を更新したことを支えに高く始まりました。

その後、ドル円が1ドル112円台半ばまで円高に振れたことから、いったん伸び悩みましたが

下値では買いが入って持ち直し、高値では+74円高の20689円を付ける場面もあり、

取引時間中の年初来高値を3日連続で更新しています。

ただ週末の米雇用統計を控えて、利益確定売りも出やすく、上値は抑えられました。

 

◆前場試算値では日経平均の25日線75日線ゴールデンクロス(75日線を下から25日線が

上に抜けていくこと:株価の上昇を示唆すると言われています)しました。

きのうも書きましたが、すでに株価が大きく上がったことでゴールデンクロスすることになったときには、

逆にそこが天井圏になることもあるので、これだけを買い材料視するのは危険です。

衆院選挙の行方は野党候補の乱立からふたたび自民党優勢との見方も出てきていますので、市場にとっては

プラス材料ですが、一方で10日の北朝鮮労働党の創立記念日は刻一刻と迫ってきています。

多数のミサイルを発射準備のために移動していることは既報の通りなので、サプライズには

なりにくいかもしれませんが、今までの範囲内の挑発行為にとどまるとは言い切れません。

週末までに利益確定したくなるのが投資家心理だとは思いますが、最後まで踏み上げ相場を

あおるような買い方が現れればまだ急伸する可能性もあります。

それでも、ココから上がるところがあれば、余裕を持った段階的な売り上がりでいいと思っています。

 

10月2日配信分から「騰落率が大きい銘柄」の大幅な銘柄入れ替えを行いました

◇以前は

株価の上下が大きい銘柄を先に抽出して、その銘柄群のなかでシグナル点灯があったものを配信していましたが

◇現在は

買いシグナルが出たときに実際に大きく上がっていた実績のある銘柄、

売りシグナルが出たときに実際に大きく下がっていた実績のある銘柄を抽出して

その銘柄群のシグナル点灯状況を配信しています。

◇これによって

・シグナル点灯銘柄数は以前より減って銘柄選びがしやすくなります

・シグナル点灯後にあまり上がらない確率、あまり下がらない確率が減ります

 

【9月12日に配信したメルマガ銘柄の実績です】

☆売りシグナル点灯後14日目までの実績一覧はこちら

☆買いシグナル点灯後14日目までの実績一覧はこちら

 

↓↓ 有料メルマガのお申し込みはこちらから ↓↓

ココから買う株、ココから売る株 ~騰落率の大きい個別銘柄~

http://foomii.com/00113(有料メルマガ配信サービス フーミー)

月額 :10,800円(税込)


「月額サービスに加入する前に、ためしに見てみたい」など、ご希望の配信のみをご購読される場合は、

配信毎:   300円(税込)

こちらからご購読いただけます

 

ココから買う株、ココから売る株 ~日経平均株価指数~

http://foomii.com/00114(有料メルマガ配信サービス フーミー)

月額: 21,600円(税込)

 

 

ランキングの応援にクリックをお願いします♪
    ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ
   にほんブログ村