2017年9月29日

【メルマガ配信銘柄】9月8日分の実績です

日経平均は-6円安の20356円と小反落しました。 朝方は、円安進行が一服したことを受けて大型外需株を中心に利益確定売りが出て安く始まりました。 安値では-78円安の20285円まで下げましたが、後場に入ると日銀のETF買い期待を支えに 徐々に下げ渋るなか、先物に断続的な買いが入ったことで上げに転じる場面もありました。 2017年4-9月期の最終営業日にあたることから機関投資家の持ち高調整の売りも重しとなって その後は上値が重く、大引けにかけて小安い水準で推移しました。 日経平均採用銘柄の入れ替えに伴い、指数に連動して運用する投資家の売買が膨らんだため、 東証1部の売買代金は概算で2兆9564億円と高水準でした。 また、新規採用される日本郵政は、取引終了直前に大口の買いが入って上昇に転じて終わりました。   ◆週末、月末、9月中間期末の割には小安い水準まで戻して引けましたが、日銀のETF買いと 週明けの2日の、15か月連続で続いている「月初の第一営業日は高い」の法則継続期待の買いも 少なからずあったと思います。 ただ大引け直後から多少円高に振れていますし、米国株時間外取引もやや下げていますので 夜間取引は小安く始まるかもしれません。 騰落レシオ25日は130超えまで上昇していますし、テクニカル指標のなかでも 特に注目度の高いRSIが80超えまで来ていますので、まだ上がるようなら売りたい気がしますが とにかくいまは買い方のペースで相場が動いているのでそこだけがコワイですね。 最後の踏み上げ相場(売り方が損失確定のために買い戻すことによってさらに相場が上昇する) があってもおかしくはないと思います。 ただし、これは北朝鮮がおとなしくしていた場合の想定です。 衆院選挙の方は当初の自民圧勝という雰囲気でもなくなってきていますので よほど自民党が有利との見方が再燃しない限りはココからは中立要因かもしれません。   【9月8日にメルマガ配信した騰落率が大きい銘柄の実績です】 ☆売りシグナル点灯後14日目までの実績一覧はこちら ☆買いシグナル点灯後14日目までの実績一覧はこちら   ↓↓ 有料メルマガのお申し込みはこちらから ↓↓ ココから買う株、ココから売る株 ~騰落率の大きい個別銘柄~ http://foomii.com/00113(有料メルマガ配信サービス... 続きを読む

9月29日 後場【日経225 & JPX400】シグナル点灯銘柄

前場の日経平均は-58円安の20305円と反落しました。 朝方は、円安進行が一服したことを受けて大型外需株を中心に利益確定売りが先行して安く始まりました。 その後は下げ渋る場面もありましたが、9月中間期末のため全般的に見送りムードとなって再び弱含むと、 安値では-78円安の20285円を付ける場面があり、売り一巡後の戻りも限定でした。 週末、月末、9月中間期末に加え、北越紀州製紙と明電舎が外れ、 日本郵政とリクルートHDが新規に採用される日経平均採用銘柄入れ替えなどの 指数イベントもあって、手控え気分が強まりました。   ◆米税制改革への期待感が後退し、9月中間期末、月末、週末と重なっていることもあって、 積極的な売買はありませんでした。 確かに私が山一證券でディーラーをしているころも、こういうタイミングでは売買を控えるように 上司から言われていました。 ひとつめの理由はそれまでに積み上げた利益が中間期末でマイナスになってしまうことを避けるため、 ふたつめは見送りムードになるなか、無理して売買する必要が無いとの判断でした。 それでも半期でマイナスになっているプレイヤーはそうも言っていられないと思います。 後場も基本的には様子見ムードになるとは思いますが、大引けにかけては日経225銘柄の 入れ替えに伴う売買がまだ残っているかもしれません。 また前引けのTOPIXは-0.32%安でしたので、日銀のETF買い期待や週明け2日の 「月初の第一営業日は高い」という法則の継続を信じて買ってくることもありえます。 それでもあまり積極的に参加するイメージは持てません。   ◆後場にシグナルが点灯した日経225&JPX400銘柄です◆ ☆半日足分析 〔売りシグナル〕 6366:... 続きを読む