2017年9月5日

【メルマガ配信銘柄】8月16日分の実績です

日経平均は-122円安の19385円と続落しました。 朝方は、きのう-183円安と大幅下落した反動や、ドル円が落ち着いた動きとなったことから 小高く始まりましたが、買い一巡後は戻り待ちの売りに押されて下落に転じました。 安値では-153円安の19354円まで下げ、その後も安値圏でのもみ合いが続きました。 北朝鮮リスクがくすぶるなか、手掛かり材料に乏しいうえに1ドル109円10銭台まで円高に 振れたことも重しとなり、8月29日以来5営業日ぶりに終値で節目の19500円を下回りました。 北朝鮮が発射に備えて大陸間弾道ミサイル(ICBM)の移動を開始したとの一部報道も 投資家心理を冷やしました。   ◆後場は約61円幅のもみ合いで、引き続き見送りムードが強くなりました。 安値ではボリンジャーバンドの-1σ(5日現在:19413円)を下回ったところで止まりましたが、 まだ安心して買える水準という感じがしません。 テクニカル指標は中立圏からやや底値圏を示唆するものも出始めていますが、北朝鮮が準備していると言われる ICBMが発射されたときに、市場がどの程度反応するのか見極めたい気がします。 ココまでは地政学リスクの高まりから売られたところは、結果として買い場になっていますが いままでと同程度のインパクトであれば、-2σ(5日現在:19173円)などを意識しながら 買い下がり始めても良さそうなイメージです。   【8月16日にメルマガ配信した騰落率が大きい銘柄の実績です】 ☆売りシグナル点灯後14日目までの実績一覧はこちら ☆買いシグナル点灯後14日目までの実績一覧はこちら   ↓↓ 有料メルマガのお申し込みはこちらから ↓↓ ココから買う株、ココから売る株 ~騰落率の大きい個別銘柄~ http://foomii.com/00113(有料メルマガ配信サービス... 続きを読む

9月5日 後場【日経225 & JPX400】シグナル点灯銘柄

前場の日経平均は-90円安の19417円と続落しました。 朝方は、きのう-183円安と大幅下落した反動や、ドル円が落ち着いた動きとなったことから 小高く始まりましたが、買い一巡後は戻り待ちの売りに押されて下落に転じました。 安値では-115円安の19392円を付ける場面もあり、ドル円が朝方の1ドル109円台後半から 109円台前半まで円高に振れたことも重しとなりました。 北朝鮮情勢への警戒感が根強いため、様子見ムードから買い手控えられた格好です。 東証マザーズ指数が-4%安となるなど新興株の下落が目立ち、信用取引の含み損が拡大した個人投資家が、 追加担保の差し入れ義務(追い証)を警戒して、含み益のある東証1部の銘柄などに換金目的の売りを 出しているのではとの観測もありました。   ◆高寄りして始まったことがウソのように、その後はジリジリと下げ幅を拡げると、前引けの日経平均は ボリンジャーバンドの-1σ(前場試算値:19415円)の水準で終わりました。 前引けのTOPIXは-0.54%安でしたので、後場は日銀のETF買いがほぼ入ります。 これを支えにと言いたいところですが、北朝鮮リスクへの警戒感が続いていますし、現在もミサイルの 発射準備を進めているとか9日の北朝鮮建国記念日には次の行動に出るだろうと予想されているだけに 買い手控えムードは後場も継続しそうですね。 連休明けの米国市場の反応も気になるところですが、市場が総弱気に傾き始めているとなると そろそろボリンジャーバンドの-2σ(前場試算値:19176円)や-3σ(前場試算値:18938円)を 意識しながら打診買いを始めたくなってきますね。 瞬間的に大きく下振れする可能性もありますので、買い始める水準は大事になってくると思います。   ◆後場にシグナルが点灯した日経225&JPX400銘柄です◆ ☆半日足分析 〔売りシグナル〕 なし 〔買いシグナル〕 1332:... 続きを読む

9月5日 前場【日経225 & JPX400】シグナル点灯銘柄

4日の米国株市場は レーバーデーの祝日のため休場でした。 ・英・ロンドン株価指数 FTSE100 7411.47 -27.03 ・仏・パリ株価指数 CAC40 5103.97  -19.29 独・フランクフルト株価指数 DAX 12102.21 -40.43   ◆米国株市場が休場のなか、上記のように欧州株市場は総じて安くなりました。 ただドル円が落ち着いた動きとなっていることもあって先物夜間取引は19530 +60円高でしたので これを受けてけさは小高く始まっていますが、不安定な動きになっています。 9日の北朝鮮建国記念日に向けてまだ挑発行為が続く可能性を考えれば、戻りがあったときには 下で買ったものは売るのが無難だと思いますが、25日線(4日現在:19674円)まで回復するのは 簡単ではないと思います。 もちろんそこまで引き付けられればいいとは思いますが、北朝鮮が再度ミサイル発射準備に入っている現状では いつハシゴを外されてもおかしくないので、小すくい狙いでも買いから入るイメージは持てません。 きょうから始まる米国議会で、政策審議が難航していると伝わった場合にも市場は嫌気すると思いますので 注意が必要です。   ◆前場にシグナルが点灯した日経225&JPX400銘柄です◆ ☆日足分析 〔売りシグナル〕 4751:... 続きを読む