9月4日 前場【日経225 & JPX400】シグナル点灯銘柄

1日の米国株市場は
NYダウが+39.46ドル高の21987.56と4日続伸
ナスダックが+6.669ポイント高の6435.331と5日続伸しました。

欧州株が全面高となった流れで米国株にも買いが先行するなか、8月雇用統計で非農業部門雇用者数が

15.6万人増と予想を下振れたことで、追加利上げ観測が後退しました。

8月ISM製造業景況指数は予想を上振れて堅調推移となり、米景気の回復が続く一方で緩和的な金融環境が

長期化するとの期待から幅広い銘柄に買いが入りましたが、4日は米国株市場が休場となることから

3連休を控えた週末とあって上値は重い展開でした。

連休明けの5日から米議会では審議が再開しますが、債務上限引き上げ法案や税制改革案などの

政治動向に注目が集まります。

ナスダックはバイオ製薬株への買いが続いたうえ、半導体関連株の一角が買われて5日続伸し、

連日で最高値を更新しました。

 

[今週の主なスケジュール]

4(月) 米国休場(レーバーデー)

5(火) 中8月PMIサービス業、米7月製造業受注

6(水) 米7月貿易収支、米8月ISM非製造業景況指数、ベージュブック

7(木) 国内7月景気動向指数、ECB定例理事会・ドラギ総裁会見

8(金) 国内4-6月期GDP改定値、中8月貿易収支、米7月消費者信用残高

 

北朝鮮の6回目の核実験を受けて、けさは円高に振れていることもあって安く始まりました。

今晩の米国市場が休場なため、市場はどの程度の反応をすればいいのか迷っている感じもします。

早朝に比べれば円高も落ち着いていることや、日銀のETF買いも意識されるとは思いますが

だからといって買う材料にはならないというのが本音だと思います。

9日の北朝鮮建国記念日に向けてまだ挑発行為が続く可能性を考えれば、戻りがあれば

下で買ったものは売るのが無難だと思いますが、あまり大きな戻りは期待しづらいですね。

あしたからの米国議会の再開で、税制改革問題や債務上限問題が進まないと

あらためて売られなおすこともありえるだけに買いポジションはなるべく外しておく方が

いいようなイメージです。

 

◆前場にシグナルが点灯した日経225&JPX400銘柄です◆

日足分析
売りシグナル
6503: 三菱電機
8897: タカラレーベ

買いシグナル
2432: ディーエヌエ
3880: 大王製紙
7453: 良品計画

 

☆半日足分析
売りシグナル
1605: 国際石開帝石
1801: 大成建設
2002: 日清粉G
4732: USS
4911: 資生堂
6366: 千代建
7205: 日野自動車
8002: 丸 紅
9022: JR東海
9048: 名古屋鉄道
9501: 東電HD

買いシグナル
なし

でした☆

 

【8月第2週に配信したメルマガ銘柄の実績です】

☆売りシグナル点灯後14日目までの実績一覧はこちら

☆買いシグナル点灯後14日目までの実績一覧はこちら

 

↓↓ 有料メルマガのお申し込みはこちらから ↓↓

ココから買う株、ココから売る株 ~騰落率の大きい個別銘柄~

http://foomii.com/00113(有料メルマガ配信サービス フーミー)

月額 :10,800円(税込)


「月額サービスに加入する前に、ためしに見てみたい」など、ご希望の配信のみをご購読される場合は、

配信毎:   300円(税込)

こちらからご購読いただけます

 

ココから買う株、ココから売る株 ~日経平均株価指数~

http://foomii.com/00114(有料メルマガ配信サービス フーミー)

月額: 21,600円(税込)

 

 

ランキングの応援にクリックをお願いします♪
    ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ
   にほんブログ村