2017年9月1日

【メルマガ配信銘柄】8月14日分の実績です

日経平均は+45円高の19691円と3日続伸しました。 朝方は、前日の米国株高を受けて高く始まると、寄り付き直後には+89円高の19735円まで上昇しましたが、 買い一巡後は戻り待ちの売りに上値を抑えられ、安値では-26円安の19620円まで下落しました。 その後、先物にややまとまった買いが入ったことをきっかけに再度上昇に転じ、7月第2週以来7週ぶりに 週間での上昇となりました。 内閣府が14時に発表した8月の消費動向調査で、消費者心理の基調判断を「ほぼ横ばいとなっている」に 下方修正したことも買い控えにつながりました。   ◆後場はマイナス圏まで売られる場面もありましたが、けっきょくこれで「月初の第一営業日は高い」の 法則は15か月連続で続きました。 週間での下落も7週ぶりにやっと止まりましたが、TOPIXはきのうで25日線を引け値で回復した一方、 日経平均はきょうのザラ場ではクリアしたものの引け値では抜け切れませんでした。 ただ米雇用統計の発表を前にして、なんとか引けでプラスを維持できたので買い方はひと安心でしょう。 この時間は多少円安に振れ、米国株時間外取引も上昇していますが、今晩米国で発表される 8月雇用統計(日本時間21:30)、ISM製造業景況指数・8月新車販売台数(日本時間23:00) の結果次第では先物夜間取引から大きく動く可能性があるので要注意です。 イベントに向けて上昇していただけに、特段の材料にならなかった場合にはやや利食い売りに押される 展開もあり得ます。   【8月14日にメルマガ配信した騰落率が大きい銘柄の実績です】 ☆売りシグナル点灯後14日目までの実績一覧はこちら ☆買いシグナル点灯後14日目までの実績一覧はこちら   ↓↓ 有料メルマガのお申し込みはこちらから ↓↓ ココから買う株、ココから売る株 ~騰落率の大きい個別銘柄~ http://foomii.com/00113(有料メルマガ配信サービス... 続きを読む

9月1日 後場【日経225 & JPX400】シグナル点灯銘柄

前場の日経平均は+38円高の19684円と3日続伸しました。 朝方は、前日の米国株高を受けて高く始まると、寄り付き直後には+89円高の19735円まで上昇しましたが、 買い一巡後は戻り待ちの売りに上値を抑えられて上げ幅を縮小しました。 ドル円相場は1ドル110円前後と前日よりも円高で推移していますが、相場への影響は限定的でした。 米7月雇用統計の発表を今晩に控え、持ち高を調整する動きが出た一方、ゴム製品関連株など空売り比率が高まっていた 銘柄には買い戻しが入って相場を支えました。 またソフトバンク、テルモ[4543]、コナミHDの3銘柄で日経平均を20円以上 押し上げています。   ◆25日線(前場試算値:19692円)を超えて寄り付いたところが、前場の高値になりました。 週の後半は特に何かが好転したというわけでもないのに、勢いが気になるくらいに戻していましたので、 超目先の達成感が出たという感じでしょうか。 これでテクニカル指標は短期的な過熱感を示唆するものが増えていますし、今晩の米雇用統計発表を前にして 利益確定売りから伸び悩むのはある意味必然かもしれません。 あさにも書きましたが、2016年7月から先月まで14か月連続で「月初の第一営業日は高い」という 現象が続いていますが、この法則がきょうで途切れる可能性もあります。 逆に買い方がムキになって引け値でプラスを維持させようとするところは、いったん売りたくなる 感じもします。 それでも米雇用統計がどう転ぶか分からない以上、後場は見送って来週新たに参戦する方が 無難なのかもしれません。   ◆後場にシグナルが点灯した日経225&JPX400銘柄です◆ ☆半日足分析 〔売りシグナル〕 3407:... 続きを読む

9月1日 前場【日経225 & JPX400】シグナル点灯銘柄

31日の米国株市場は NYダウが+55.67ドル高の21948.10ドルと3日続伸、 ナスダックが+60.353ポイント高の6428.662ポイントと4日続伸しました。 米7月の個人支出デフレーターが前年同月比1.4%増となり、2015年12月以来の低さとなったことで FRBは利上げペースを鈍らせるとの期待感が浮上して買われました。 中国国家統計局と中国物流購入連合会が31日に発表した8月の製造業購買担当者景気指数(PMI)は 前月から0.3ポイント改善し、51.7と市場予想を上回ったたため、世界的な景気の回復基調が保たれる との期待も投資家心理を後押しして、ダウは高値では+93ドルまで上昇する場面もありました。 ナスダックはアップルやフェイスブックなどの主力株に買いが続いたうえ、バイオ製薬株の上げが指数を押し上げ、 7月26日に付けた史上最高値を更新しています。   ◆けさは円高によるマイナス材料よりも欧米株高に連れて高く始まりました。 きょうは週末要因と今晩の米雇用統計発表を控えて普通なら様子見になりやすいところですが、 一方で2016年7月から14か月連続で続いている「月初の第一営業日は高い」の法則があります。 おとといくらいから先物に価格を上げたい買いがあからさまに入っていることからも 前場は高く、後場はやや様子見くらいのイメージでしょうか。 いずれにせよ25日線まで株価が回復したことで、超目先の達成感が出やすくなっている点には注意が必要で、 買いの勢いがつきすぎたところでは少し売っていきたいくらいに思います。 ただ連日で引けにかけて先物価格が上昇していることから、きょうも同じように最後まで買い方が 頑張る可能性もありますね。   ◆前場にシグナルが点灯した日経225&JPX400銘柄です◆ ☆日足分析 〔売りシグナル〕 1720:... 続きを読む