2017年8月25日

【メルマガ配信銘柄】8月4日分の実績です

日経平均は+98円高の19452円と反発しました。 朝方は、円高一服を材料に高く始まり、円安が進むとともに先物買いも入って上げ幅を広げました。 その後いったん伸び悩む場面もありましたが、先物に断続的な買いが入ると高値では+132円高の 19485円まで上昇しました。 米国株時間外取引が強含んだことや、日本の長期金利の低下に伴う日米金利差の拡大で円高進行が一服し、 自動車など輸出関連株を中心に買い戻しが広がりました。 軍事挑発が懸念された北朝鮮では何事もなく、ジャクソンホール会合を前に売り方の買い戻しが入ったとの 観測もありました。 ただ東証1部の売買代金は概算で1兆7138億円と4月17日以来、約4カ月ぶりの低水準でした。   ◆ジャクソンホール会合を前に持ち高調整に動いたのは買い方の売りではなく、売り方の買い戻しでしたね。 株価の水準を考えれば、利が乗っていたのは売っていたプレイヤーですから、利益確定の買い戻しということです。 これで日経平均は前週末比-17円安で終わりましたので6週連続の下落となりました。 6週間下げた割に下げ幅は666円にとどまっていますが、6週連続の下落は2014年1月第1週から 2月第2週までの下げ以来およそ3年7カ月ぶりのことです。 きょう日本時間23時からイエレンFRB議長の講演がありますが、特に大きなサプライズは無いだろうと 言われていますので、無事通過すればまた市場は動き出すと思います。 夏季休暇明けの海外投資家も来週は参戦してきますし、テクニカル指標はまだ低位を這っていますので リバウンドに期待ですが、ココから上を追いかけて買うほどのイメージはありません。 あくまでも下がったら買いたいですが、上がったら素直に利益確定売りでいいと思います。   【8月4日にメルマガ配信した騰落率が大きい銘柄の実績です】 ☆売りシグナル点灯後14日目までの実績一覧はこちら ☆買いシグナル点灯後14日目までの実績一覧はこちら   ↓↓ 有料メルマガのお申し込みはこちらから ↓↓ ココから買う株、ココから売る株 ~騰落率の大きい個別銘柄~ http://foomii.com/00113(有料メルマガ配信サービス... 続きを読む

8月25日 後場【日経225 & JPX400】シグナル点灯銘柄

前場の日経平均は+86円高の19440円と反発しました。 朝方は、円高一服を材料に高く始まり、円安が進むとともに先物買いも入って上げ幅を広げると 高値では+89円高の19443円まで上昇しました。 その後は、ドル円の動きを見ながら伸び悩む場面もありましたが、前引けにかけて高値圏まで再度上昇しました。 円安を受けて、自動車や機械など輸出関連銘柄を中心に買いが入りましたが、開催中のジャクソンホール会合や 北朝鮮情勢に対する警戒感から積極的な売買は手控えられ、前引け時点の東証1部の売買高は6億5257万株と 前日の前引け時点を下回っています。   ◆小高く始まったあとにダレる場面もありましたが、前引けにかけては再度踏ん張りましたね。 週末要因と日本時間23時からのイエレンFRB議長の講演を控えて、もう少し押し返される可能性もあっただけに 意外と強かったと感じています。 日経平均のPERは13倍台に低下してきていますし、きのう3カ月半ぶりの安値を付けたことからも、 押し目買いが入りやすかったようです。 それでも後場にマイナス圏入りする可能性がないわけではありませんので、もし安いところがあった場合には 引き続き買い下がるイメージでいいと思っています。 無難に行くなら、下で買ったものに関しては素直にリバウンドで利益確定売りだと思いますが、 基本的には夜間取引から週明けにかけて期待ですね。   ◆後場にシグナルが点灯した日経225&JPX400銘柄です◆ ☆半日足分析 〔売りシグナル〕 4716:... 続きを読む

8月25日 前場【日経225 & JPX400】シグナル点灯銘柄

24日の米国株市場は NYダウが-28.69ドル安の21783.40ドルと続落、 ナスダックが-7.080ポイント安の6271.326ポイントと続落しました。 米連邦政府の債務上限問題や予算関連の審議が難航するとの見方が強まっているため 米政権運営に対する不透明感が相場の重しとなりました。 ジャクソンホール会合で25日に行われるイエレンFRB議長の講演を控えていることもあって 様子見気分が広がりましたた。 トランプ米大統領はメキシコ国境との壁建設に向けた費用を予算に計上できない場合には 政府機関の閉鎖も辞さないとの強硬姿勢を示しています。 閉鎖を避けるには2017会計年度予算が失効する9月末までに何らかの歳出法案を成立させなければ なりませんが、壁建設には民主党だけでなく共和党内でも慎重意見が多いことから先行き不透明感が増しています。   ◆けさは109円台半ばまで進んだ円安を受けて小高く始まっていますが、週末要因や今晩のイエレン議長の講演を 控えていることから、一日を通して様子見になりそうですね。 自律反発は来週からとなるかもしれませんが、テクニカル指標が一段と冷え込んでいることなども含めて考えれば 引き続き下がってきたところは買い下がるイメージでいいと思っています。 ボリンジャーバンドの-2σ(24日現在:19314円)から-3σ(24日現在:19061円)や 日経平均の200日線(24日現在:19285円)まで引き付けて買うことができればより安心感が高まると 思いますが、北朝鮮が暴挙に出ない限りはそう大きく下げることを期待するのは難しいかもしれませんね。   ◆前場にシグナルが点灯した日経225&JPX400銘柄です◆ ☆日足分析 〔売りシグナル〕 4202:... 続きを読む