2017年8月18日

【メルマガ配信銘柄】7月28日分の実績です

日経平均は-232円安の19470円と大幅に3日続落しました。   朝方は、トランプ政権の政策実現能力への懸念が高まったことで米国株市場が大幅安したことや、 スペイン・バルセロナでのテロ事件を受けて安く始まりました。 円高も重しとなっていったん19500円台を割り込んだ後、日銀のETF買い期待を支えに 下げ渋る場面もありましたが、買い手控えムードも強く戻りは限定的でした。 円高が進むとともに週末要因もあって安値では-269円安の19433円まで下げ幅を広げると、 大引けにかけても安値圏で推移しました。   ◆前場の戻しから一転、後場は週末要因もあってあらためて売りに押されました。 終値での19500円割れは5月2日の19445円以来3カ月半ぶりで、東証1部の値下がり銘柄数は 1672銘柄と4月12日以来の多さになりました。 投資家心理としてはきょうの米国株市場を見たくなるところですし、週またぎで買いポジションを 持ち越すのも不安になりますから仕方がないところですね。 日銀のETF買い期待で、前場のうちに戻し始めてしまったのも余計だったかもしれません。 これで日経平均もTOPIXもサイコロジカルラインが底値圏を示唆する25%まで低下しましたし、 テクニカル指標も再度冷え込んできています。 きょうは割り込みませんでしたがボリンジャーバンドの-3σ(今日現在:19386円)を意識しながら 買い下がるにはいいタイミングに来ていると思います。   【7月28日にメルマガ配信した騰落率が大きい銘柄の実績です】 ☆売りシグナル点灯後14日目までの実績一覧はこちら ☆買いシグナル点灯後14日目までの実績一覧はこちら   ↓↓ 有料メルマガのお申し込みはこちらから ↓↓ ココから買う株、ココから売る株 ~騰落率の大きい個別銘柄~ http://foomii.com/00113(有料メルマガ配信サービス... 続きを読む

8月18日 後場【日経225 & JPX400】シグナル点灯銘柄

前場の日経平均は-201円安の19501円と大幅に3日続落しました。 朝方は、トランプ政権の政策実現能力への懸念が高まったことで米国株市場が大幅安となったことや スペイン・バルセロナでのテロ事件を受けて安く始まりました。 円高も重しとなり、安値では-266円安の19435円まで下落しましたが、その後は日銀のETF買い期待を 支えに下げ渋った動きを見せましたが、週末要因もあって戻りは限定的でした。 北朝鮮情勢に対する警戒感も根強く、5月2日以来約3カ月半ぶりの取引時間中の安値をつけました。   ◆朝方の安値からは戻しましたが、週末要因もあって戻りは鈍いですね。 急落を受けてボリンジャーバンドの各ラインは上下に広がっていることから、前場の安値19435円は まだ-3σ(前場試算値:19396円)までは届いていません。 一方できのうも書きました日経平均のサイコロジカルラインは25%となり、底値圏入りを示唆しています。 またほかのテクニカル指標もおおむね底値圏を示唆していますので、後場にさらに下がるところがあれば 来週に向けて買ってもいいと思います。 来週は24(木)~26(土)に開催される米ジャクソンホールでの経済政策シンポジウムが最大の 注目材料になり、それまでは様子見になる可能性もありますが、下がったところは段階的に買い下がる イメージでいいと思っています。   ◆後場にシグナルが点灯した日経225&JPX400銘柄です◆ ☆半日足分析 〔売りシグナル〕 1720:... 続きを読む

8月18日 前場【日経225 & JPX400】シグナル点灯銘柄

17日の米国株市場は NYダウが-274.14ドル安の21750.73ドルと反落、 ナスダックが-123.195ポイント安の6221.914ポイントと反落しました。 白人至上主義団体を擁護したとされるトランプ大統領の発言を巡り、政府への助言組織から主要企業のトップの 辞任が相次いだため2つの助言組織を解散しましたが、ここへきてコーン国家経済会議委員長が辞任するとの観測も 浮上したことで経済政策への期待感が後退したため売り圧力が強まった格好です。 スペイン第2の都市バルセロナで17日に発生したテロ事件も、市場心理を冷やしました。 四半期決算で採算が悪化し業績見通しも慎重と受け止められた小売り大手のウォルマート・ストアーズや、 減収減益だったIT機器のシスコシステムズが大幅安となったことも指数を下押しし、 NYダウの下げ幅は、5月17日の-372.82ドル安に次ぐ、今年2番目の大きさとなりました。 ナスダックもフェイスブックやアマゾン・ドット・コムといった代表的なネット関連株が軒並み下げました。   ◆米国株が大幅安となり、ドル円も円高になっていることから大幅安で始まっています。 先物夜間取引が19480 -200円安で終わっていたので仕方ありませんね。 しかしこれでまたボリンジャーバンドの-3σ(17日現在:19480円)を割り込んできているので、 目先のリバウンド狙いの買い場になると思っています。 ただしきょうの大幅安で-3σのラインも連れて下がりますのでもう少し下に引き付けて買うことができれば より良いと思います。 日米ともに週末要因できょうも戻りは鈍くなる可能性はありますが、逆に週末をはさんで市場参加者の マインド自体は落ち着くのではと思います。 このままでいくときょうは日銀のETF買いも入ると予想されますので、前場のツッコミを中心に買うことは 悪くないと思いますが、意外と下げ幅を広げることも意識して、念のため買い下がりのイメージでしょうか。   ◆前場にシグナルが点灯した日経225&JPX400銘柄です◆ ☆日足分析 〔売りシグナル〕 4689:... 続きを読む