2017年8月17日

【メルマガ配信銘柄】7月27日分の実績です

日経平均は-26円安の19702円と小幅ながら続落しました。 朝方は、円高進行を嫌気して小安く始まると、安値では-49円安の19679円まで下落しました。 売り一巡後には小幅高に転じる場面もありましたが、様子見ムードから積極的な売買は控えられました。 米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨を受けて米利上げペースが鈍るとの見方が広がったため、 円高ドル安が進んでいることも買い手控え要因になりました。 北朝鮮情勢はいったん和らいでいますが、週明け21日には朝鮮半島で米韓が合同軍事演習を始めるため、 地政学リスクの再燃を警戒して積極的な売買を見送る雰囲気となりました。   ◆まだ市場参加者が少ないこともあって、東証1部の売買代金は概算で1兆8060億円と、 6月26日の1兆7505億円以来2カ月ぶりの低水準でした。 日経平均の日中値幅は57円78銭と、7日の48円50銭に次ぐ小ささとなりましたが、 後場だけを見ると48円31銭しかありませんでした。 あしたも週末要因で見送りムードになるかもしれませんが、もし前日比マイナスで終わると 日経平均もTOPIXもサイコロジカルラインが底値圏を示唆する25%まで低下します。 テクニカル指標はまだ低位にあるものが多いなか、騰落レシオは6日も25日もやっと上昇しやすくなりますので あすから来週初にかけて安いところがあった場合には買い場になる可能性も出てきました。   【7月27日にメルマガ配信した騰落率が大きい銘柄の実績です】 ☆売りシグナル点灯後14日目までの実績一覧はこちら ☆買いシグナル点灯後14日目までの実績一覧はこちら   ↓↓ 有料メルマガのお申し込みはこちらから ↓↓ ココから買う株、ココから売る株 ~騰落率の大きい個別銘柄~ http://foomii.com/00113(有料メルマガ配信サービス... 続きを読む

8月17日 後場【日経225 & JPX400】シグナル点灯銘柄

前場の日経平均は-15円安の19713円と小幅に続落しました。 朝方は、円高進行を嫌気して小安く始まると、安値では-49円安の19679円まで下落しました。 売り一巡後には小幅高に転じる場面もありましたが、買い材料に乏しいなかドル円が1ドル109円台半ばまで 円高に振れたことが重しとなりました。 公表された米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨を受けて、米利上げペースが鈍るとの見方から 米長期金利が低下したため円高ドル安が進んでいます。 市場では、海外ヘッジファンドなど短期志向の投資家が売りを出した一方で、好業績銘柄には国内機関投資家が 押し目買いを入れているとの観測もあるようです。   ◆円高が進行した割には、欧米株高もあって大きくは下げませんでした。 きのうに続いて、高値はボリンジャーバンドの-1σ(前場試算値:19796円)の手前で止まり、 安値は-2σ(前場試算値:19639円)の手前で止まるという小幅なもみ合いになっています。 ただ個人投資家を中心に中小型株物色は活発なようで、前引けの東証1部の値上がりは1128銘柄となり 値下がりの746銘柄を上回っています。 大型株や値がさ株の下げが指数を下押ししたものの資金は動いているという感じです。 きょうの後場も様子見になりそうな感じですので、無理に参加する必要はないと思います。 あえてやるなら-2σを下回ってきた場合の打診買い程度でしょうか。   ◆後場にシグナルが点灯した日経225&JPX400銘柄です◆ ☆半日足分析 〔売りシグナル〕 2193:... 続きを読む

8月17日 前場【日経225 & JPX400】シグナル点灯銘柄

16日の米国株市場は NYダウが+25.88ドル高の22024.87ドルと4日続伸、 ナスダックが+12.096ポイント高の6345.109ポイントと反発しました。 7月25-26日に開催されたFOMC(米連邦公開市場委員会)議事要旨が公表されましたが、 追加利上げについては複数の参加者が物価動向を見極める必要があると主張していたことが判明しました。 利上げ時期の後ずれ観測から、米国株市場への資金流入が続くとの期待で株価は上昇しました。 一方、トランプ米大統領と主要企業との間で対立が深まったことやWTI価格の下落から、引けにかけては 上げ幅を縮小する動きとなりました。 ナスダックはアルファベット(グーグル)やマイクロソフトなど、主力株の一角が買われたことで反発しています。   ◆欧米株は高かったものの、ドル円の円高を嫌気してけさは小安く始まっています。 先物夜間取引の高値では19790 +60円高まであっただけに失速感は否めません。 テクニカル指標はまだ低位にあるものが散見されますが、昨日の市場の動きを見てもココから大きく切り返すことは 期待しづらい部分もありますので、基本的にはきょうも様子見という感じでしょうか。 ボリンジャーバンドの-2σ(16日現在:19661円)や、それを下回るようなところがあった場合にのみ 買いに行くくらいの感覚でいいと思います。 ただ目先的には安いところが買えたとしてもリバウンドは確実に利益確定するのが無難だと思います。   ◆前場にシグナルが点灯した日経225&JPX400銘柄です◆ ☆日足分析 〔売りシグナル〕 1333:... 続きを読む