2017年8月16日

【メルマガ配信銘柄】7月26日分の実績です

日経平均は-24円安の19729円と小反落しました。 米国株市場が高安まちまちで手掛かり材料に乏しいなか、前日終値を挟んでの小幅なもみ合いとなりました。 北朝鮮を巡る地政学リスクが和らぎつつあることや、ドル円相場が円安に動いたこと、2万円の大台を 割り込んでいることから押し目買いが入って小幅高となる場面もありましたが、積極的に買う動きにはつながらず、 前日の大幅上昇の反動から利益確定売りに上値を抑えられました。 東証1部の売買代金は1兆8757億円と7月25日以来ほぼ3週間ぶりに2兆円割れとなり、 6月26日の1兆7505億円以来ほぼ1カ月半ぶりの低水準でした。   ◆日経平均の日中の値幅は57円78銭と、7日の48円50銭に次ぐ小ささとなりました。 後場だけを見ると43円60銭幅ですのでほぼ動いていないイメージです。 手掛かり材料難に加え、市場参加者が少ないせいもありますのできょうは仕方ないですね。 この時間のドル円は円安方向に動いているうえに米国株時間外取引も小幅高になっていますので 先物夜間取引は日中取引の高値19760円を上回って始まりそうです。 ただきのうもこの時間は同じような感じでしたが、結果としてきょうの相場はこんな感じでしたので 大きな期待はしないでおきましょう。 テクニカル指標はまだ冷え込んでいますし、現在の株価水準を考えれば押し目は買っても良さそうですが リバウンドは確実に利益確定していきたい感じです。   【7月26日にメルマガ配信した騰落率が大きい銘柄の実績です】 ☆売りシグナル点灯後14日目までの実績一覧はこちら ☆買いシグナル点灯後14日目までの実績一覧はこちら   ↓↓ 有料メルマガのお申し込みはこちらから ↓↓ ココから買う株、ココから売る株 ~騰落率の大きい個別銘柄~ http://foomii.com/00113(有料メルマガ配信サービス... 続きを読む

8月16日 後場【日経225 & JPX400】シグナル点灯銘柄

前場の日経平均は+3円高の19756円と小幅ながら続伸しました。 米国株市場が高安まちまちで手掛かり材料に乏しいなか、前日終値を挟んでの小幅なもみ合いとなりました。 ドル円相場がやや円安になったことや、節目の2万円を下回っていることから、押し目買いは入りやすいものの ナスダックが反落したことを嫌気した売りや、きのうの大幅高の反動で利益確定売りも出て上値を抑えられました。 北朝鮮を巡る地政学リスクはやや後退しているものの、積極的に買い進むまでには投資家心理は改善しておらず、 市場参加者が少ないなか、午前の日経平均の値幅は約57円にとどまりました。   ◆戻り売り対押し目買いの戦いはまったく盛り上がらず、前場は値動きに乏しいままでしたが 後場もそう多くは期待しづらい感じですね。 高値はボリンジャーバンドの-1σ(前場試算値:19819円)の手前で止まり、 安値は-2σ(前場試算値:19665円)の手前で止まるという珍しいパターンですが 市場参加者が少ないこともあるので仕方がないというところでしょうか。 きのう大きくリバウンドした後だけに、きょうも無理して頑張ってそのあとに反動が出るよりは これくらいでちょうどいいのかもしれません。 とりあえずは後場も様子見になりそうですので、無理に参加する必要はないと思います。   ◆後場にシグナルが点灯した日経225&JPX400銘柄です◆ ☆半日足分析 〔売りシグナル〕 1928:... 続きを読む

8月16日 前場【日経225 & JPX400】シグナル点灯銘柄

15日の米国株市場は NYダウが+5.28ドル高の21998.99ドルと3日続伸、 ナスダックが-7.219ポイント安の6333.013ポイントと3日ぶりに反落しました。 米7月小売売上高は、前月比0.6%増と市場予想平均の0.3%増を上回り、 8月NY連銀製造業景況指数はプラス25.2で、市場予想平均のプラス10.0を大きく超えました。 北朝鮮情勢を巡る警戒感の後退や、米経済指標の改善を受けて買いがやや優勢でしたが、 小売り関連株の下げが相場の重しとなり、最高値圏にあるため利益確定売りも出やすい展開でした。 北朝鮮が米領グアム近海へのミサイル発射計画を見合わせるとの報道を受けて軍事衝突への懸念が和らぎました。 ナスダックはアルファベット(グーグル)など主力株の一角が売られて3営業日ぶりに反落しました。   ◆欧州株は高かったものの、米国株市場は高安まちまちで、ドル円が円安に振れたわりには 19820 +80円高まであった先物夜間取引は失速して帰ってきました。 これを受けてけさは小動きで始まりましたが、きのう大幅反発したあとだけに動きが鈍くなると 戻り売り圧力は高まるかもしれません。 テクニカル指標はかなり冷え込んでいる状況ですが、まだ北朝鮮問題も解決に至ったわけではないだけに 不安定な相場展開も想定しておいた方が良いでしょう。 大きく下げる場面では買っていいとは思いますが、戻りがあれば確実に利益確定していくのが 無難だと思います。   ◆前場にシグナルが点灯した日経225&JPX400銘柄です◆ ☆日足分析 〔売りシグナル〕 2681:... 続きを読む