2017年7月25日

メルマガ配信銘柄 7月4日分の実績です

日経平均は-20円安の19955円と小幅に3営業日続落しました。 朝方は、円安を好感して主力株に買いが入り、高値では+60円高の20036円まで上昇しましたが、 その後は次第に上値が重くなり、前引けにかけて円高に押し返されたのに連れて小安い水準に下落しました。 後場は、前日終値近辺でのもみ合いに終始し、きょうから明日まで開催のFOMC(米連邦公開市場委員会)や 国内主要企業の4-6月期決算発表を控えて、様子見気分から方向感の乏しい展開となりました。 後場の日経平均はわずか約26円幅の動きで、東証1部の売買代金は1兆8865億円と3日連続で 活況の目安とされる2兆円を割り込みました。   ◆きょうは日銀のETF買い期待もあった割には誰も積極的には買わなかった印象です。 とりあえずまだ安値ではボリンジャーバンドの-2σ(今日現在:19926円)が意識されて 踏みとどまってはいますが、きのうに続いて現物が引けたあとの先物日中取引終値は 少し下がった位置で引けています。 どうせなら先物夜間取引で安いところを買わせてもらった方が、リバウンドを取れそうですね。 そのためにも夜間取引の寄り付きから下値を試してほしいと思います。   【7月4日にメルマガ配信した騰落率が大きい銘柄の実績です】 ☆売りシグナル点灯後14日目までの実績一覧はこちら ☆買いシグナル点灯後14日目までの実績一覧はこちら   ↓↓ 有料メルマガのお申し込みはこちらから ↓↓ ココから買う株、ココから売る株 ~騰落率の大きい個別銘柄~ http://foomii.com/00113(有料メルマガ配信サービス... 続きを読む

7月25日後場のシグナル点灯銘柄です

前場の日経平均は-25円安の19950円とわずかに3営業日続落しました。 朝方は、円安が進んだことで輸出採算の改善が見込めるとして主力株に買いが入りました。 寄り付き直後にいったん小安くなりましたが、その後はジリジリと上げ幅を拡げて高値では+60円高の 20036円を付ける場面もありました。 前引けにかけてはドル円が111円近辺まで円高に振れたため、薄商いのなか下落に転じました。 25-26日にFOMC(米連邦公開市場委員会)を控え、本格的な4-6月期の決算発表を前に 積極的な売買を手控える動きとなっています。   ◆朝方は少し頑張りすぎた感じでしたので、前引けまではもちませんでしたね。 きょうの前場もボリンジャーバンドの-2σ(前引け試算値:19925円)の下値サポートは 効いていましたが、日本時間に入っての円高が少し気になります。 米国時間外取引は小高いですし、午後から参戦してくる欧州勢の動き次第では、 まだ終値の2万円台回復の目はあるとは思います。 前引けのTOPIXは-0.25%安かったので、後場は日銀のETF買いも意識されますからね。 いずれにしても三角持ち合いの下抜けがないかぎりは、引き続き押し目買いで小すくいを 繰り返す感じでしょうか。   ◆後場にシグナルが点灯した日経225&JPX400銘柄です◆ ☆半日足分析 〔売りシグナル〕 9449:... 続きを読む

7月25日前場のシグナル点灯銘柄です

24日の米国株市場は NYダウが-66.90ドル安の21513.17ドルと3日続落、 ナスダックが+23.054ポイント高の6410.808ポイントと2日ぶりに史上最高値を更新しました。 25日、26日に開催されるFOMC(米連邦公開市場委員会)を前に、模様眺めムードが広がりました。 ナスダックは、アップルやアルファベット(グーグルの持株会社)、アマゾン・ドット・コム、 フェイスブックなど大型株が業績期待を背景に買われて上昇しました。 ただ、通常取引終了後に4-6月期決算を発表したアルファベットは、EU(欧州連合)から制裁金を 課されたことが重しとなって減益となり、時間外取引では下落しています。   ◆欧州時間に110円台半ばまで円高が進んだため、先物夜間取引では19850 -90円安まで 売られるところもありましたが、けっきょく111円台を回復しているため今朝は小幅高で始まりました。 きのうの調整のあとだけに、一日ですぐに終値での2万円台回復やボリンジャーバンドの-1σ (24日現在:20017円)を上回れるか注目ですね。 三角持ち合いを維持しているので、基本的にはツッコミ買いでのリバウンド狙いというスタンスは 継続だと思いますが、戻りの材料に乏しい現状では小すくいが無難だと思います。   ◆前場にシグナルが点灯した日経225&JPX400銘柄です◆ ☆日足分析 〔売りシグナル〕 2181:... 続きを読む