2017年7月14日

メルマガ配信銘柄 6月26日分の実績です

日経平均は+19円高の20118円とわずかながら反発しました。 朝方は、13日の米国株市場でNYダウが連日で過去最高値を更新したことや円安を支えに高く始まり、寄り付き直後には高値で+63円高の20163円まで上昇しました。 その後は3連休を控えて買い手控えられ、上値の重い展開になりました。 ファーストリテが1銘柄で日経平均を約62円押し下げたことも重しとなり、現地14日の米6月小売売上高、消費者物価指数や、米大手銀行の決算発表などを見極めたいとの雰囲気から積極的な売買はありませんでした。 東証1部の売買代金は1兆9863億円と3日連続の2兆円割れとなりましたが、3日連続で活況の目安となる2兆円を下回ったのは3月15日以来4カ月ぶりです。 ただ低位株物色の影響で出来高は20億4329万株と6月16日以来の20億株台乗せとなっています。   ◆きょうも高値はボリンジャーバンドの+1σ(今日現在:20174円)に抑えられる格好になりましたが、下値では25日線(今日現在:20063円)が意識されました。 売る材料にも買う材料にも乏しいという感じで、後場はわずか約32円幅の動きでした。 7月限SQ値の20151.83円を下回って引けましたが、これは大勢に影響はなさそうです。 今週は大きな動きが無かったことから、ボリンジャーバンドの各ラインは徐々に25日線に収束しています。 これだけを見るとそろそろ大きく動き出す前兆に感じられ、テクニカル指標の一部には引き続き高値警戒感が継続していますので、週明けに高いところがあったら利益確定するのが無難だと思います。   【6月26日にメルマガ配信した騰落率が大きい銘柄の実績です】 ☆売りシグナル点灯後14日目までの実績一覧はこちら ☆買いシグナル点灯後14日目までの実績一覧はこちら   ↓↓ 有料メルマガのお申し込みはこちらから ↓↓ ココから買う株、ココから売る株 ~騰落率の大きい個別銘柄~ http://foomii.com/00113(有料メルマガ配信サービス... 続きを読む

7月14日後場のシグナル点灯銘柄です

前場の日経平均は+45円高の20144円と小幅に続伸しました。 朝方は、13日の米国株市場でNYダウが連日で過去最高値を更新したことや円安を支えに高く始まり、寄り付き直後には高値で+63円高の20163円まで上昇しました。 買い一巡後は伸び悩んだ格好ですが、一部の外資系証券が株価レーティングを引き下げたファーストリテが、1銘柄で日経平均を約61円押し下げていることが重しとなりました。 3連休前の週末なため、持ち高調整の売りも上値を抑える要因となっています。 きょう算出の日経平均ミニ先物・オプション7月限のSQ試算値は20151.83円で、SQ値としては2015年8月以来1年11カ月ぶりに2万円を上回りました。   ◆きょうも前場高値はボリンジャーバンドの+1σ(前引け試算値:20175円)が意識されて跳ね返されました。 ただ決算発表を受けて外資系証券がレーティングを引き下げたファーストリテが約61円、日経平均を下げていることを考えれば強いと言えば強いですね。 9か月連続で前月のSQ値を次の月のSQ値が上回る状態も継続しましたし、1年11か月ぶりのSQ値2万円乗せというのも象徴的だと思います。 それでもまだ一段高となるほどの環境には見えませんし、一部で過熱感が出始めているテクニカル指標も気になりますので、ココからの上昇があった場合には利益確定売りのイメージだと思います。   ◆後場にシグナルが点灯した日経225&JPX400銘柄です◆ ☆半日足分析 〔売りシグナル〕 2371:... 続きを読む

7月14日前場のシグナル点灯銘柄です

13日の米国株市場は NYダウが+20.95ドル高の21553.09ドルと3日続伸、 ナスダックが+13.266ポイント高の6274.437ポイントと5日続伸しました。 NYダウは連日で史上最高値を更新しています。 決算発表シーズンを控えて業績期待が相場を支え、利上げペースが緩やかになるとの観測も買いを誘いましたが、14日から本格化する17年1-6月期の決算発表シーズンを前に模様眺めムードも広がり、前日ほど勢いはありませんでした。 週間の新規失業保険申請件数は、季節調整済みで24万7000件と市場予想の24万5000件を下回りましたが、市場の反応は限定的でした。 イエレンFRB議長の上院での議会証言では、さらに株高を誘発するような発言はありませんでした。 アップルやマイクロソフトが上昇し、フェイスブックは最高値を更新するなど、大型ハイテク株中心の戻りが続きました。   ◆7月限ミニ先物・オプションのSQ概算値は20151.83円でした。 6月限SQ値の19997.63円を上回ったことで、これで9か月連続で前月のSQ値よりも高かったことになります。 ひとまず市場に安心感が広がるとは思いますが、徐々に高まってきているテクニカル指標も気になるところです。 きょうもボリンジャーバンドの+1σ(13日現在:20169円)や、上昇に勢いがついた場合には+2σ(13日現在:20279円)を意識しながら利益確定というのが無難だと思います。   ◆前場にシグナルが点灯した日経225&JPX400銘柄です◆ ☆日足分析 〔売りシグナル〕 1801:... 続きを読む