2017年7月4日

メルマガ配信銘柄 6月14日分の実績です

日経平均は-23円安の20032円と反落しました。 朝方は、3日の欧米株高や円安進行を好感して買い先行で始まり、高値では+141円高の20197円をつける場面がありました。 午前10時前に北朝鮮がミサイルを発射したと伝わりましたが、影響は限定的で前引けにかけてはやや値を戻しました。 後場は上げ幅を縮小する動きのなか、安値では-84円安の19971円まで下落しましたが、売り一巡後は下げ渋りました。 4日の米国市場が独立記念日のため休場で海外の参加者が少ないなか、北朝鮮が日本時間の午後3時半から特別重大報道を行うと予告したと報じられたことで警戒感につながりました。   ◆きょうも引け値だけは力づくで25日線を死守しましたね。 ここまであからさまでも、結果としてその買いがここまではすべて結果につながっているのもすごいと思います。 ただきのうも書きましたが、いずれ反動は出ると思いますのでご注意ください。 この時間もドル円は112円台後半で推移していますが、きょうは米国市場が休場なうえに明日は注目されるFOMCの議事要旨が公表されますし、それが終わると金曜日には米雇用統計がありますので、あしたは動きが取りづらい一日となりそうです。   【6月14日にメルマガ配信した騰落率が大きい銘柄の実績です】 ☆売りシグナル点灯後14日目までの実績はこちら ☆買いシグナル点灯後14日目までの実績はこちら   ↓↓ 有料メルマガのお申し込みはこちらから ↓↓ ココから買う株、ココから売る株 ~騰落率の大きい個別銘柄~ http://foomii.com/00113(有料メルマガ配信サービス... 続きを読む

7月4日後場のシグナル点灯銘柄です

前場の日経平均は+85円高の20141円と続伸しました。 朝方は、3日の欧米株高や円安進行を好感して高く始まり、寄り付き直後には高値で+141円高の20197円を付ける場面がありましたが、その後はゆるやかに円高方向に動いたことや北朝鮮がミサイルを発射したと伝わったことでいったん伸び悩みました。 ただ影響は限定的で、前引けにかけてはやや持ち直しました。 堅調な米経済指標を背景に3日のNYダウが過去最高値を一時上回ったことで、投資家心理が強気に傾きました。 米ISM製造業景況指数は2014年8月以来2年10カ月ぶりの高水準となり、米金融緩和が縮小に向かうとの見方が強まったことから米金利上昇で進んだ円安により、自動車や金融など主力株に買いが入りました。 ただ4日の米国市場は独立記念日の祝日で休場のため、海外の取引参加者は少なくなっています。   ◆北朝鮮のミサイルを市場はすっかり気にしなくなりましたが、感じ悪いですね。 ゆるやかに円高に動き出しているので、為替市場はいちおう反応しているのかもしれません。 きょうは米国市場は休場ですが、休場明けも強いと見る向きは高寄りでも買ったようですが、ここまではほぼ寄り付き天井になっていますので、買い方はみんな回転が利かなくなっています。 為替が少しでも反転すれば再度買い方が仕掛けるのかもしれませんが、高値を追うのは難しい気がします。   ◆後場にシグナルが点灯した日経225&JPX400銘柄です◆ ☆半日足分析 〔売りシグナル〕 9433:... 続きを読む

7月4日前場のシグナル点灯銘柄です

3日の米国株市場は NYダウが+129.64ドル高の21479.27ドルと続伸、 ナスダックが-30.360ポイント安の6110.060ポイントと3日続落しました。 6月ISM製造業景況指数が57.8と市場予想平均の55.2を上回ったこと、NY原油先物WTI価格が7年半ぶりに8日続伸したことを好感しました。 NYダウの上げ幅は一時+210ドルを上回り、6月20日に付けた取引時間中の史上最高値21535.03ドルを更新する場面もありました。 世界的に金融緩和が縮小に向かうとの見方から米金利の上昇が続いていることで金融株が買われて指数を押し上げました。 6月ISM製造業景況指数は、生産や新規受注が目立って回復したことで2014年8月以来2年10カ月ぶりの高水準となりました。 4日の独立記念日の祝日を控えた短縮取引だったため、市場参加者が少ないことから値動きが大きくなった部分もあり、引けにかけては伸び悩みました。 ナスダックは3日続落で、5月19日以来およそ1カ月半ぶりの安値で終えました。   ◆けさの東京市場は、欧米株高、円安を好感して高く始まりました。 ただきょうの米国市場の休場や今週はFOMC議事要旨や米雇用統計の発表を控えていることもあって、寄り後は積極的な売買は期待薄かもしれません。 売り方の買い戻しが一巡すると、その後は伸び悩む可能性もありますね。 ボリンジャーバンドの+1σ(3日現在:20173円)を上回っている水準は、一度利益確定しておくのが無難かもしれません。   ◆前場にシグナルが点灯した日経225&JPX400銘柄です◆ ☆日足分析 〔売りシグナル〕 1881:... 続きを読む