7月3日後場のシグナル点灯銘柄です

前場の日経平均は+26円高の20060円と反発しました。

朝方は、市場予想を上回って日銀短観で大企業・製造業の景況感が3四半期連続で改善したことや円安を支えに買いが先行し、高値では+53円高の20086円まで上昇しましたが、買い一巡後は2日投開票の東京都議選で自民党が歴史的惨敗となったことが重しとなって、マイナス圏に転じる場面もありました。

その後は持ち直していますが、戻りは限定的で小高い水準でのもみ合いとなっています。

都議選結果については以前からある程度予想されていましたのでサプライズはありませんでしたが、自民党の支持率急低下には懸念が残ります。

今週はFOMC(米連邦公開市場委員会)議事録や重要な米経済指標発表を控えていることから、買い手控えムードもありました。

 

◆予想以上に自民党が大敗した都議選の結果を、円安と日銀短観がカバーした格好で、相場はなんとか小幅高で推移していますが、逆にこれできょうは日銀のETF買いは入りませんので、後場の方がコワイかもしれません。

ただあすは米国株市場が休場なため、ココからあすにかけては大きな動きにならない可能性もあります。

みんなが油断しているなかで、売り仕掛けがあるのかどうかにかかっていますね。

もし大きく下落するところがあれば、打診買いというイメージになると思いますが、きょうはそこまでは無い感じでしょうか。

 

◆後場にシグナルが点灯した日経225&JPX400銘柄です◆

☆半日足分析
売りシグナル
5411: JFE
7230: 日信工業
8001: 伊藤忠商事
8570: イオンFS
8586: 日立キャピ
9201: 日本航空

買いシグナル
2002: 日清粉G
2181: パーソルHD
2206: 江崎グリコ
3391: ツルハHD
3436: SUMCO
4043: トクヤマ
4063: 信越化学工業
4755: 楽 天
6256: ニューフレア
6412: 平 和
6594: 日本電産
6770: アルプス電気
6857: アドテスト
7733: オリンパス
7747: 朝日インテク
7912: 大日本印刷
8113: ユニチャーム
8233: 高島屋
8273: イズミ
8306: 三菱UFJ
8801: 三井不動産
8830: 住友不動産
9022: JR東海
9502: 中部電力
9513: Jパワー
9602: 東 宝
9681: 東京ドーム

でした☆

 

【6月19日に配信したメルマガ銘柄の実績です】

☆売りシグナル点灯後10日目までの実績一覧はこちら
☆買いシグナル点灯後10日目までの実績一覧はこちら

 

↓↓ 有料メルマガのお申し込みはこちらから ↓↓

ココから買う株、ココから売る株 ~騰落率の大きい個別銘柄~

http://foomii.com/00113(有料メルマガ配信サービス フーミー)

月額 :10,800円(税込)

配信毎:   300円(税込)※こちらからご希望の配信のみをご購入いただけます

 

ココから買う株、ココから売る株 ~日経平均株価指数~

http://foomii.com/00114(有料メルマガ配信サービス フーミー)

月額: 21,600円(税込)

 

 

ランキングの応援にクリックをお願いします♪
    ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ
   にほんブログ村