2017年6月19日

今日で10日間経過した個別銘柄のシグナル点灯後の結果です

日経平均は+124円高の20067円と続伸しました。 終値での2万円台回復は9日以来6営業日ぶりです。 朝方は、前週末のNYダウの最高値更新を受けて買いが先行しました。 その後も、足元で売りが続いていたハイテク関連株に買い戻しが入ったことや、円相場が朝方の1ドル110円台後半から111円台前半と円安基調になったことも投資家心理を支えた格好です。 後場は、約45円幅のもみ合いとなりましたが、高値では+144円高の20087円まで上昇する場面もありました。 後場寄り後に高値を付けた後は、やや伸び悩む場面もありましたが、大引けにかけては高値圏を維持しました。   ◆これで2日連続で5日移動平均線(今日現在:19925円)を上回って引けましたし、5日線自体が上昇に転じましたので5日線が25日線を下回ってデッドクロスになる可能性が後退しました。 目先の三角持ち合いも上に放れたようにも見えますし、買い方はホっとひと息ついていると思いますが、ジワジワとテクニカル指標は上昇してきています。 特に騰落レシオ6日は明日、水曜日、木曜日と応当日の関係で上昇しやすくなっています。 NYダウの上昇以外に相場の上昇を後押しするような材料も見当たらないだけに、ココからの上値は重くなってくると思います。   【6月6日にメルマガ配信した騰落率が大きい銘柄の実績です】 ☆売りシグナル点灯後10日目までの実績一覧はこちら ... 続きを読む

6月19日後場のシグナル点灯銘柄です

前場の日経平均は+118円高の20062円と続伸しました。 取引時間中に2万円台に乗せるのは2営業日連続です。 朝方は、前週末のNYダウの最高値更新を受けて買いが先行しました。その後も円高が一服していることから上げ幅を拡げると、高値では+143円高の20086円を付ける場面もありました。 足元で売りが続いていたハイテク関連株に買い戻しが入ったことや、円相場が朝方の1ドル110円台後半から111円台前半と円安基調にあることも投資家心理を下支えした格好です。 前週末まで売っていた海外ヘッジファンドなど短期売買中心の投資家による買い戻しが入ったとの見方もありました。   ◆前引けは、直近ではいつも引け値では押し返されているボリンジャーバンドの+1σ(前引け試算値:20011円)を上回り、同じく上値抵抗になっていた5日線(前引け試算値:19923円)が逆に下値抵抗になっていました。 5日線自体が上向いたことで、5日線が25日線を下に抜けるデッドクロスは避けられる可能性も出てきました。 目先の下落懸念がやや遠のいた印象で、買い方としてはホっとしているかもしれませんが、すでに騰落レシオ6日は125.65まで上昇してきていますし(もう少しで高値警戒です)、ほかのテクニカル指標もジワジワと上昇してきています。 日経平均の買いシグナル点灯後(こちらは有料メルマガでお送りしました)の安値からきょうの高値まではこの時点で+350円上昇していますので、利益確定し始めていいところかもしれません。   ◆後場にシグナルが点灯した銘柄です◆ ☆半日足分析 〔売りシグナル〕 1878:... 続きを読む

6月19日前場のシグナル点灯銘柄です

16日の米国株市場は NYダウが+24.38ドル高の21384.28と2日ぶりに過去最高値を更新、 ナスダックが-13.743ポイント安の6151.758でした。 原油安の一服で石油株が上昇して指数を下支えした一方で、ネット通販大手のアマゾンが米高級スーパーのホールフーズ・マーケットを137億ドル(約1兆5000億円)で買収すると発表したことから、競争激化が懸念された小売株などが軒並み下落しました。 前日に約1カ月ぶりの安値を付けた原油価格が下げ止まったことで石油株が買われ、シェブロンとエクソンモービルの2社でダウを20ドル強押し上げました。 ナスダックは3日続落で、アップルやアルファベット(グーグル)など主力ハイテク株に売りが続きました。 この日発表された5月の住宅着工件数は年率換算で前月比-5.5%減の109万2000戸と、昨年9月以来8カ月ぶりの低水準に落ち込みました。 日経225先物夜間取引9月限の終値は19920 -20円安(大証日中取引終値比)となっています。   【来週の主な注目イベント】 ◇米国 19日:NY連銀総裁講演、シカゴ連銀総裁講演 20日:ボストン連銀総裁講演、ダラス連銀総裁講演、 22日:パウエルFRB理事が上院銀行委で証言、米銀のストレステスト結果発表(第1部) 23日:クリーブランド連銀総裁講演、セントルイス連銀総裁講演、パウエルFRB理事講演 ◇欧州 22−23日:欧州連合(EU)サミット(英国のEU離脱、安全保障、防衛、移民、雇用が議題) ◇日本 21日:日銀金融政策決定会合議事録を公表(4月26−27開催分) 22日:黒田日本銀行総裁講演   ◆けさは円安と米国時間外取引が小幅高なので、すなおに買い先行ですね。 2万円台を回復していますが、上値はどこまで買えるのか、注目です。 これで明確に三角持ち合いを上に放れられるのか、チャート的にも重要だと思います。     ◆前場にシグナルが点灯した銘柄です◆ ☆日足分析 〔売りシグナル〕 4091:... 続きを読む