2017年6月14日

今日で10日間経過した個別銘柄のシグナル点灯後の結果です

日経平均は-15円安の19883円と小幅ながら3日続落しました。 朝方は、米国株高を受けて買いが先行すると先物買いも入って高値では+111円高の20009円まで上昇しましたが、買い一巡後は、ドル円相場が109円台とやや円高に推移したこともあって利益確定売りに押されました。 後場も上値は重く、現地14日のFOMC(米連邦公開市場委員会)の結果発表を前に、手控え気分が強まったことから引けにかけて再びマイナス圏での動きになりました。 15-16日開催の日銀金融政策決定会合はとくに何も出ないと考えられるだけに、FOMC後のイエレン議長の発言に注目が集まります。   ◆きょうも5日移動平均線(今日現在:19922円)に引け値は押さえられましたが、25日移動平均線(今日現在:19837円)が下値サポートになっています。 チャートではまた三角持ち合いが煮詰まりつつありますが、前回は同じような状況下で今月1日に上に放れましたが、今回の方向性は今晩のイエレン議長にかかっているかもしれません。 もし5日線が25日線を下回ってデッドクロスとなると、現在はボリンジャーバンドの-1σ(今日現在:19672円)や-2σ(今日現在:19508円)が遠くないところにあるだけに、試しに行く可能性も考える必要が出てきますね。 (ボリンジャーバンドについてはこちら)   【実際にメルマガ配信した騰落率が大きい銘柄の実績です】 ☆売りシグナル点灯後10日目までの実績一覧はこちら ... 続きを読む

6月14日後場のシグナル点灯銘柄です

前場の日経平均は+20円高の19919円と3日ぶりに反発しました。 朝方は、13日の米国株高を受けて買いが先行すると、先物買いも入って高値では+111円高の20009円まで上昇しました。 買い一巡後は、円相場が1ドル109円台と円高ドル安に推移したこともあって、利益確定売りに押されて終盤には急速に伸び悩み、小幅ながら下げに転じる場面もありました。 現地14日のFOMC(米連邦公開市場委員会)の結果発表を前に手控え気分が強まった格好です。 利上げは確実視されていますが、インフレ率は減速気味なことから短期的には米金利が低下して円高に向かう可能性がある一方で、米景気は底堅いとも見られていることから米国株には強気な見方もあります。 TOPIXは続伸しましたが、JPX日経400は反落しました。     ◆小高く始まったものの、前引けはけっきょく5日線に押し返されました。 円高に振れても底堅い動きをしていた日本株も、さすがにFOMCの発表を前にしたきょうは多少の円高でも利益確定売りの材料になるようです。 25日線が下値をサポートしている間は市場に安心感があると思いますが、割り込んでくると勢いがつきやすいだけにボリンジャーバンドの-1σ(前引け試算値:19673円)くらいまで下げてくれた方が買いやすいのですが・・・ (ボリンジャーバンドについてはこちらをどうぞ)   ◆後場にシグナルが点灯した銘柄です◆ ☆半日足分析 〔売りシグナル〕 1605:... 続きを読む

6月14日前場のシグナル点灯銘柄です

13日の米国株市場は NYダウが+92.80ドル高の21328.47ドルと2営業日ぶりに史上最高値を更新、 ナスダックが+44.904ポイント高の6220.369ポイントでした。 「FAANG」と呼ばれる、フェイスブックやアマゾン・ドット・コム、アップル、ネットフリックス、アルファベット(グーグル)といった時価総額の大きい主力IT株に買い戻しの動きがみられ、指数の上昇を支えました。 14日まで開催されるFOMC(米連邦公開市場委員会)での利上げを見込んで、金利上昇による利ザヤ拡大や規制緩和への期待から金融株も物色されました。 米財務省はドッド・フランク法(金融規制改革法)刷新に向けた報告書を公表し、一定以下の資産規模の金融機関を資産査定(ストレステスト)や自己勘定取引を制限するボルカー・ルールの対象から外すことなどを提案しました。 立法措置が不要な案が多いことから規制緩和の実現を期待した買いが金融株に入りました。 セッションズ米司法長官は米議会公聴会に出席し、コミー前FBI長官の更迭を推奨したのはロシア疑惑捜査の回避にはあたらないとの見方を示しました。 ナスダック、S&P500種株価指数ともに3営業日ぶりに反発しています。   ◆きょうまで開催のFOMCを控えて、一方通行の上昇にはなりづらいでしょうがとりあえずは米国株高、円安を受けて買い先行ですね。 米国時間外取引は小安くなっていますので、やや不安定な動きになると思いますが、25日線(13日現在:19837円)から下を意識して買うならとくに怖くは無さそうです。 前3回までの米利上げ局面ではその後円高株安につながったと、多くの投資家が先に意識して動いていただけに今回は同じような動きにはならないかもしれないですね。   ◆前場にシグナルが点灯した銘柄です◆ ☆日足分析 〔売りシグナル〕 4004:... 続きを読む