2017年5月30日

今日で10日間経過した個別銘柄のシグナル点灯後の結果です

日経平均は-4円安の19677円とわずかながら3営業日続落しました。 朝方は、米国株市場などが休場だったため方向感が出にくいなか、やや売り優勢で始まりました。 その後、イタリアの政治情勢やギリシャの債務問題など欧州情勢への不透明感や、ECBドラギ総裁の金融緩和継続示唆で円高が進むとともに先物売りで下げ幅を拡大し、安値では-112円安の19570円まで下落しました。 後場に入ると、昼休みの時間帯に円高が一服したことから下げ幅を縮めて始まり、日銀のETF買い期待を支えに持ち直すとプラス圏に転じ、高値では+8円高の19691円まで切り返しましたが、大引けにかけては再度小安い水準に押し返されました。 東証1部の売買代金は概算で1兆8768億円と、活況の目安となる2兆円を連日で下回っています。   ◆予定通りに25日線まで下げてきましたね~ 先物も金曜日夜間取引安値の19590円を割って19560円までつけました。 依然として騰落レシオは141.01と高値警戒水準にあり、今日も5日移動平均線(今日現在:19720円)を下回っていますが、25日線が下値抵抗ラインとして意識されていくのかどうか、明日が重要になってきます。 また買いシグナルが点灯する可能性も出てきていますので、きょうの米国株市場と経済指標が気になります。 基本的にはプットは売り上がりで利益確定しつつ、もし買いシグナルが点灯したら今度はコールの買い下がりも考えるつもりです。 (売り上がりについてはこちらをどうぞ) (買い下がりについてはこちらをどうぞ) ・21:30 米個人所得・個人支出 ・22:00 米3月住宅価格指数 ・23:00 米5月消費者信頼感指数   ■テクニカル指標■(テクニカル指標についてはこちらをどうぞ) 騰落レシオ25日が【141.01】(騰落レシオについてはこちらをどうぞ) 騰落レシオ6日が99.75 6日は中立水準です。 25日は依然として高値警戒感水準です。6日、25日ともに当面は応当日の関係で上昇しづらくなります。 (騰落レシオの計算方法についてはこちらをどうぞ) RSIが39.84 RCIが78.33 ストキャスティクスが51.66 全体的に中立圏です ボリンジャーバンドでは(ボリンジャーバンドについてはこちらをどうぞ)  ... 続きを読む

5月30日後場のシグナル点灯銘柄です

前場の日経平均は-106円安の19576円と3営業日続落しました。 取引時間中に19600円を割り込むのは23日の安値19585円以来、1週間ぶりです。 29日の米国、英国市場などが休場だったことで手掛かり材料難のなか、朝方はほぼ横ばいで始まりました。 その後、1ドル110円台後半へ円高が進むと、先物売りから下げ幅を広げて安値では-112円安の19570円まで下げ、売り一巡後の戻りも限定的でした。 ECB(欧州中央銀行)のドラギ総裁が金融緩和継続を示唆し、ユーロ安が円高を招いて株安につながった格好です。 総選挙を今秋にも前倒しすると伝わったイタリアの政治情勢やギリシャの債務問題の交渉に対する不透明感も出てきたことから、海外投資家の参加が少なく薄商いのなか、売りに押されました。 ただ前場の安値19570円はほぼ25日移動平均線(前引け試算値:19563円)に接近したことや、日本株は依然割安との見方もあって下値は限定的でした。   ◆前場の先物安値は-120円安の19560円と、金曜日の夜間取引の先物安値19590円を切ってきましたね~♪ 予定通り、ほぼ25日線まで下がりましたが、今度は逆に買いシグナルが出る可能性も出てきました。 判断が難しいところですが、今晩のNY次第では25日線を通過して-1σも視野に入ってくるかもしれません☆ 基本的にプットは売り上がりスタンスですが、もし買いシグナルが点灯してから大きく下げる局面があれば、今度はコールの買い下がりも考えます☆ (売り上がりについてはこちらをどうぞ) (買い下がりについてはこちらをどうぞ)   ■前引け試算でのテクニカル指標■ (テクニカル指標についてはこちらをどうぞ) 騰落レシオ25日が【133.50】(騰落レシオについてはこちらをどうぞ) 騰落レシオ6日が79.67 となっています。 6日の方はやや割安圏に入ってきました。応当日の関係で明後日までは下がりやすくなります。 25日はまだ高値圏にあります。応当日の関係でこれから2週間程度は下がりやすくなります。 (騰落レシオの計算方法についてはこちらをどうぞ) RSIが36.45 RCIが68.33 ストキャスティクスが44.14 中立圏からやや割安圏に入りつつあるものもあります ボリンジャーバンドでは (ボリンジャーバンドについてはこちらをどうぞ)  +2σが20253円   +1σが19908円 ... 続きを読む

5月30日前場のシグナル点灯銘柄です

29日は米国、英国市場が休場だったため、先物の夜間取引もわずか20円幅しか動きませんでした(^^; 昨日の東京市場も材料難から取引しづらい展開でしたが、中小型株物色は続いていることから日経ジャスダック平均が終値ベースで年初来高値を更新し、マザーズ指数も取引時間中の年初来高値を更新しました。 今晩から米国では続々と重要な経済指標が出てくるなか、トランプ大統領に絡む疑惑問題がどこまで報道されてくるのか注目です。 【日本時間での経済指標発表スケジュール】 ・21:30 米4月個人所得・個人支出 ・22:00 米3月S&PコアロジックCS住宅価格指数 ・23:00 米5月CB(コンファレンス・ボード)消費者信頼感指数   ◆昨晩のもみ合いは想定内でしたが、オプションにもみ合いはツライですね~(^^; 来週はいよいよ荒れるSQ週になりますが、そこまで我慢しきれない場合には小幅な利益でも一度利益確定してもいいのかもしれません(>_<) もう一度ダメ押しで上がって前回の高値を抜けない二番天井を付けてから下落に転じる可能性も出てきましたからね・・・   ◆前場にシグナルが点灯した銘柄です◆ ☆日足分析 〔売りシグナル〕 2193:... 続きを読む