2017年5月11日

☆今日で10日間経過した個別銘柄のシグナル点灯後の結果です☆

  日経平均は、前日比+61円高の19961円と続伸し、連日で終値ベース、取引時間中ともに年初来高値を更新しています。   10日のナスダックが4日連続で史上最高値を更新したこと、米10年国債利回りが上昇したことによる円安が好感されて輸出関連株が買われました。好決算を発表した銘柄にも買いが入り、高値では+89円高の19989円まで上昇しました。   明日、5月限日経ミニ先物とオプション取引のSQを控えていることから、午後にはSQ値が2万円を越えてくることに期待した思惑的な買いも入り、日経平均先物6月限は日中取引時間中として1年5カ月ぶりに一時2万円を回復しました。   ただ一方で日経平均は4月17日に付けた直近安値の18224円から今日の高値まで1765円強上昇していることもあり、高値警戒も出ています。 ストキャスティクスやRSIなどのテクニカル指標は過熱圏にあります。       ◆昨日も書きました、日経リンク債の早期償還に絡んだ先物売りが20000円から20200円の間に約5万枚あるという件ですが、例えば今日の日中取引の先物出来高は28,240枚、昨日で37,965枚ですから、どれくらいインパクトが大きいか分かります(^^; 普通に考えればココを簡単には抜けきれないと思います。   ここまではSQ要因で先物への買い需要もありましたが、明日の寄り付きでSQは通過します。   最後にSQ値を2万円超にしたい投資家と2万円以下にしたい投資家が明日の寄り付きで戦いますが、超えたい派が勝って瞬間的に2万円を超えてきたときにはプットの絶好の買い場のような気がしますが、追加の売りシグナル点灯が後押ししてくれれば勝負に出たいところです(>_<)   とりあえずこの夜間取引から明日の寄り付きまで、ほどほどにプットを買い下がるつもりです♪ (買い下がりについてはこちらをどうぞ)       テクニカル指標は(テクニカル指標についてはこちらをどうぞ) 騰落レシオ25日が126.29 (騰落レシオについてはこちらをどうぞ) 騰落レシオ6日が203.90 25日の方は応当日の関係で来週の火曜日までは毎日上がりやすい状況です。 120~130を超えてくると高値警戒感が意識されますが、その水準まで来ています。 6日の方はピークの321.27からだいぶ下がってきましたが、まだ通常の過熱感水準です。 (騰落レシオの計算方法についてはこちらをどうぞ)   RSIが91.99 RCIが95.83 ストキャスティクスが94.90 と高値警戒感が出ています   ボリンジャーバンドでは(ボリンジャーバンドについてはこちらをどうぞ) +3σが20513円  +2σが19996円 ← +1σが19480円  25日線が18964円 -1σが18447円  -2σが17931円  -3σが17414円 バンドは上下ともに拡がっているなかで、今日の高値19989円は+2σに抑えられた格好です。 上昇が続けば各バンドは拡がりますが、基本的な考えとして株価が+3σの下にある確率は99.7%、+2σの下にある確率は95.5%です。 つまり高値警戒感が出ています       【日経225、JPX400採用銘柄のシグナル点灯後の結果です】   【騰落率が大きい銘柄群のシグナル点灯後の途中経過です】   騰落率が大きい銘柄群にシグナル点灯があったときには このブログランキングのバナーをクリックした先に書いておきます  ↓   ↓   ↓ 応援よろしくお願いします♪  ↑   ↑   ↑ このバナーをクリックした先の矢印のあたりに書いています   ※騰落率が大きい銘柄群のシグナル更新は前場と後場の1日2回です     【騰落率が大きい銘柄群の一部の検証結果と実際の結果です】 ・騰落率が大きい銘柄群のシグナル点灯後10日間の結果です☆ ・メタップス・アカツキ・マイネット・ソフトバンク・東芝・ブランジスタの検証結果です☆ ・FVC、アクセルマーク、アスカネット、トレイダーズHDの検証結果です☆... 続きを読む

5月11日後場のシグナル点灯銘柄です♪

  前場の日経平均は、前日比+29円高の19929円と続伸しました。 高値では+48円高の19948円をつける場面もあり、取引時間中の年初来高値を連日で更新しました。   10日の米国株市場でナスダックが4日連続で史上最高値を更新したことや、米10年国債利回りが上昇したことで円安が進んだことから、一部の値がさ株やハイテク株に買いが入りました。   ただ、短期的な過熱感が高まる中、上値では利益確定売りに押され、指数は伸び悩みました。 ソフトバンク、東京エレクの2銘柄だけで日経平均を30円以上押し上げていますが、東証1部全体では値上がり銘柄数よりも値下がり銘柄数の方が多くなっています。 またJPX400とTOPIXはともに反落しました。   明日の5月限ミニ先物・オプションSQ値の算出を控えて様子見ムードが広がり、前場の日経平均の値幅はわずか42円にとどまりました。       ◆今日は膠着感が強い相場ですね~ 2万円台回復はSQを迎える明日の朝までおあずけになるかもしれません。 先物はまた夜間取引でつけるかもしれないですが。   売りシグナルですが・・・すっきりとした形で出ませんでしたので、なかなか勝負度合いを上げられません(>_<)   それでも個人的にはSQまでの高いところでは6月限プットを買い下がりたいのですが、シグナルが背中を押してくれないので困っています(^^; (買い下がりについてはこちらをどうぞ)   ※昨日、騰落レシオ25日は月曜日まで上昇しやすいと書きましたが、火曜日の間違いでした。 ココから連日もみ合ったとしても火曜日までは上昇しやすいですが、今日は応当日の関係で上昇しづらいです。 (騰落レシオの計算方法についてはこちらをどうぞ)       前引け試算でのテクニカル指標は (テクニカル指標についてはこちらをどうぞ) 騰落レシオ25日が124.82(騰落レシオについてはこちらをどうぞ) 騰落レシオ6日が193.22 となっています。 25日は120~130を超えてくると高値警戒感が意識されますので、すでに警戒水準になってきました。 6日の方はピークの321.27からだいぶ下がりましたが、まだ通常の過熱感水準です。   RSIが91.85 RCIが95.83 ストキャスティクスが95.13 となっていますので引き続き高値警戒感が出ています   ボリンジャーバンドでは (ボリンジャーバンドについてはこちらをどうぞ) +3σが20504円 +2σが19990円 ← +1σが19476円  25日線が18962円 -1σが18448円  -2σが17934円  -3σが17420円 各バンドが引き続き急速に拡大しているので、前場は+2σの下で推移していました。       ◆後場にシグナルが点灯した銘柄です◆ ☆半日足分析 〔売りシグナル〕 1720:... 続きを読む

5月11日前場のシグナル点灯銘柄です♪

  10日の米国株市場は、NYダウが前日比-32.67ドル安の20943.11ドルと続落し、ナスダックは+8.556ポイント高の6129.143ポイントと、5日続伸して4日連続で史上最高値を更新しました。  NYダウは、9日の通常取引終了後に1-3月期の決算を発表したウォルト・ディズニーが下げたほか、エンジンの不具合で新型機のテスト飛行を回避したと報じられたボーイングが下落して重しとなった一方、ナスダックはマイクロソフトやコムキャスト、クラフト・ハインツなどが上昇して寄与しました。   トランプ米大統領が連邦捜査局(FBI)のコミー長官を更迭しました。 昨年の大統領選での民主党候補クリントン氏の私用メール問題への対応が理由としていますが、実際には大統領選でのロシアの介入疑惑に絡む自身への捜査を嫌ったものだとの思惑が市場ではくすぶっています。   自身に対する疑惑に関係した人物の解任ということで、民主党内からの反発を受けて今後の減税やインフラ投資実施などの政策に遅れが出かねないとの連想から売りが先行しました。   市場心理を測る指標の変動性指数(VIX)は10日も節目の10をわずかに上回る程度と低水準が続いていますが、偶然にも前回FBI長官更迭のあった1993年以来の低水準にあり、楽観的すぎる投資家心理に対する懸念も出始めています。       ◆昨日書いた通り、日経平均が2万円を回復すると日経リンク債に絡んで先物への売り圧力が発生します。 (昨日のブログです)   一方でSQ要因での先物への買い需要は今日の夜間取引で終わります。 つまり今日まではまだ上がりやすい状況は続きますので、2万円に乗せるとすれば今日か、明日のSQ値が算出される寄り付きまでだと思います。     引き続き2万円に向けて6月限プットを買い下がるつもりですので、今日の夜間取引までに相場が高いところがあれば仕込み場と考えています。 今日は相場状況によっては売りシグナルが点灯する可能性があります。 その結果を見て勝負度合いを決めたいと思います♪ (買い下がりについて)   売りシグナルが点灯したときにはまたこちらに書きますね~       ◆前場にシグナルが点灯した銘柄です◆☆日足分析 〔売りシグナル〕 1605:... 続きを読む