5月9日前場のシグナル点灯銘柄です♪

 

8日の米国株市場は、小幅に続伸しました。

NYダウが前週末比+5.34ドル高の201012.28ドルと3月1日以来ほぼ2カ月ぶりの高値ナスダック+1.902ポイント高の6102.660ポイントと連日で史上最高値を更新、多くの機関投資家が運用指標にしているS&P500種株価指数も連日で最高値を付けました

フランス大統領選挙で事前の予想通りマクロン氏が勝利したことから、利益確定売りが先行して小安い場面が続きましたが、引けにかけプラスに転じました。

 

個別銘柄では、米著名投資家のウォーレン・バフェット氏が率いるバークシャー・ハザウェイが、アップル株を買い増したことが明らかとなって続伸しました。

アップルは米企業として時価総額が初めて8000億ドルを超えました。米著名投資家ウォーレン・バフェット氏が保有株式を積み増したのが判明したほか、一部で発売が遅れると懸念されていた新型「iPhone」が予定通り10月に発売される見通しだと伝わったことで買いを集めました。アップル1銘柄でNYダウを27ドルあまり押し上げました

 

一部の商品市況の悪化も相場の重荷になっています。中国経済の先行きに対する警戒感などから8日の米市場では銅やパラジウムの先物相場が軟調に推移しています。

 

 

◇市場心理を測る指標で通称「恐怖指数」と呼ばれるVIX指数が8日、前週末に比べ0.80ポイント低い9.77で取引を終了しました。終値では1993年12月27日以来、23年4カ月ぶりの低さです

 

VIX指数は米S&P500種株価指数のオプション価格を基に算出されますが、20を上回ると投資家の不安心理が高まっているとされます。

VIX指数は相場下落への警戒だけでなく、相場上昇を見込む投資家が少ない場合も低下しやすい側面があります。S&P500は連日で史上最高値を更新しており、PER(株価収益率)など株価指標面の割高感を指摘する声もあり、警戒水域に入っています。

 

 

SQまでのこの流れで一度は日経平均を20000円に乗せたいんですかね~

再三書いているように今週はSQ要因があるので、その最大のチャンスですから(^^;

 

となるといかに20000円に向けて6月限プットを買い下がれるかだと思いますので、引き続き木曜日の夜間取引までコツコツと仕込んでいきたいと思います。

特にSQ値だけが高いところで決まると、その後の反動安は大きくなりやすいですからね☆

(買い下がりについて)

 

 

 

◆前場にシグナルが点灯した銘柄です◆
☆日足分析

売りシグナル

1719: 安藤・間

2651: ローソン

2784: アルフレッサ

4613: 関西ペイント

4768: 大塚商会

7202: いすゞ自動車

9719: SCSK

買いシグナル

2801: キッコーマン

3632: グリー

7453: 良品計画

9104: 商船三井

9435: 光通信

 

 

☆半日足分析

売りシグナル〕 

3148: クリエイトS

4751: サイバー

6750: エレコム

6807: 航空電子

9301: 三菱倉庫

 

買いシグナル

なし

でした☆

&nbs
p;

 

 

騰落率が大きい銘柄群シグナル点灯があったときには

このブログランキングのバナーをクリックした先に書いておきます

 ↓   ↓   ↓

応援よろしくお願いします♪

人気ブログランキング

 ↑   ↑   ↑

このバナーをクリックした先の矢印のあたりに書いています

 

※騰落率が大きい銘柄群のシグナル更新は前場と後場の1日2回です

 

騰落率が大きい銘柄群の一部の検証結果と実際の結果です】

・騰落率が大きい銘柄群のシグナル点灯後の途中経過です☆

・騰落率が大きい銘柄群のシグナル点灯後10日間の結果です☆

・メタップス・アカツキ・マイネット・ソフトバンク・東芝・ブランジスタの検証結果です☆

・FVC、アクセルマーク、アスカネット、トレイダーズHDの検証結果です☆

 

 

日経225JPX400採用銘柄のシグナル点灯後の結果です】

☆4月第2週にシグナル点灯した個別銘柄の結果です☆

☆4月第1週にシグナル点灯した個別銘柄の結果です☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。