2017年5月3日

2日の米国株市場

  2日の米国株市場はNYダウが+36.43ドル高の20949ドル89セントと3営業日ぶりに小反発、ナスダックは+3.765ポイント高の6095.367と連日で最高値を更新しました。   取引終了後に決算発表を予定していたアップルが上場来高値を更新したことで指数の上昇をけん引しましたが、引け後に発表した第2・四半期(4月1日まで)決算で、「iPhone(アイフォーン)」販売台数が予想外に減少したことで、時間外取引では1%超の下落となっています。   これまで発表された主要企業の四半期決算が総じて良好で、米株の買い安心感が広がりましたが、3日には米連邦公開市場委員会(FOMC)の結果発表など重要日程を控えることから勢いは弱く、上値は限定的でした。   投資家心理を測る指標の変動性指数(VIX)はこの日も約10年ぶりの低水準で推移したことで、買い安心感が広がった一方で、原油先物相場が大幅に下げたことが石油株などの重しになりました。   今回のFOMCでは金融政策の現状維持を決めるとみられていますが、会合後に出る声明を巡っては、米連邦準備理事会(FRB)の保有資産の縮小に関して市場の想定よりも引き締めに積極的になる可能性も指摘され、結果を見極めたいとの雰囲気が強まったことも上値を限定的にしました。   日経225先物夜間取引は日中取引終値比-30円安の19450円で終わっています。       騰落率が大きい銘柄群にシグナル点灯があったときには このブログランキングのバナーをクリックした先に書いておきます  ↓   ↓   ↓ 応援よろしくお願いします♪  ↑   ↑   ↑ このバナーをクリックした先の矢印のあたりに書いています   ※騰落率が大きい銘柄群のシグナル更新は前場と後場の1日2回です   【騰落率が大きい銘柄群の一部の検証結果と実際の結果です】 ・騰落率が大きい銘柄群のシグナル点灯後の途中経過です☆ ・騰落率が大きい銘柄群のシグナル点灯後10日間の結果です☆ ・メタップス・アカツキ・マイネット・ソフトバンク・東芝・ブランジスタの検証結果です☆ ・FVC、アクセルマーク、アスカネット、トレイダーズHDの検証結果です☆... 続きを読む