2017年5月2日

日経平均に売りシグナルが点灯しました~♪

  今回出た売りシグナルと同じ形のシグナルが出たときの検証結果をまとめましたが、今回と一番似ているのは4月13日、次が6月24日です。   オプション戦略としては、 ・一番無難に行くなら週明けの8日~9日に6月限のプットの買い下がり ・一番攻めるなら今日中に5月限のプットの買い下がり ←リスク大 ・中道なら今日から9日にかけて6月限のプットを買い下がりです。    つまり相場が高くなったときに、安くなったプットの買い下がりです。 (買い下がりについてはこちらをどうぞ)   すでに5月限プットをかなり買っているので、週明けに6月限プット18250~19000円あたりを買い下がり、5月限はなかばバクチになるかもしれませんがこのまま売らずに持ちにするつもりです(^^;   米雇用統計や仏大統領選挙の結果に波乱が無ければ、5月限のプットは大きめに下がりますのでおススメはできない取引です(>_<)       グレーにした9回目のシグナル時や、12回目のシグナル時は物足りなかったですが、それ以外は十分に利益のチャンスがありました。   今回も相場はテクニカル的に高値圏にあり、米国株市場も「セル・イン・メイ」で5月は天井を打ちやすいので期待しています♪     騰落率が大きい銘柄群にシグナル点灯があったときには このブログランキングのバナーをクリックした先に書いておきます  ↓   ↓   ↓ 応援よろしくお願いします♪  ↑   ↑   ↑ このバナーをクリックした先の矢印のあたりに書いています   ※騰落率が大きい銘柄群のシグナル更新は前場と後場の1日2回です   【騰落率が大きい銘柄群の一部の検証結果と実際の結果です】 ・騰落率が大きい銘柄群のシグナル点灯後の途中経過です☆ ・騰落率が大きい銘柄群のシグナル点灯後10日間の結果です☆ ・メタップス・アカツキ・マイネット・ソフトバンク・東芝・ブランジスタの検証結果です☆ ・FVC、アクセルマーク、アスカネット、トレイダーズHDの検証結果です☆... 続きを読む

5月2日前場のシグナル点灯銘柄です♪

  1日の米国株市場は、NYダウが前週末比-27.05ドル安の20913.46ドルと続落した一方で、ナスダックは+43.996ポイント高の6091.602ポイントと反発して2日ぶりに史上最高値を更新しました。 注目されていた4月ISM(米サプライマネジメント協会)製造業景況指数が54.8と市場予想の56.5を下回ったことや、4月個人支出が前月比変わらずと市場予想の+0.2%増に届かなかったことからNYダウは小幅安となりましたが、ハイテク株比率の高いナスダックは、アップルやアルファベット(グーグルの持株会社)、アマゾン・ドット・コムなどが買われたことで大幅高となりました。   5日には4月分の雇用統計が控え、企業決算では今日はアップルが、3日にはフェイスブックという主力どころが発表を控えています。 2~3日には米連邦公開市場委員会(FOMC)が開かれます。   4月の雇用統計では、雇用者数や賃金上昇率がどうなっているか注目です。 雇用者数の増加幅は、低調だった3月の前月比+9万8000人から18万~19万人に加速するとの予想が多いのですが、期待外れに終わるようだと4月以降の景気回復シナリオに懐疑的になります。 ドル円は円高に振れやすくなりますので、日本株にとってはマイナス要因です。   4月以降も指標の停滞が続き、FRBが6月利上げを見送った場合、市場のメインシナリオである9月までに今年計3回の利上げをすませ、その後は年内の資産縮小への準備に専念するという流れが大きく変わってくる可能性がでてきます。   このところの経済指標は、2017年に入ってから米経済の勢いが鈍っていることを示唆するものが多く出ていることから注意が必要でしょう。       ◆売りシグナルが連日点灯しています◆ (日経平均に売りシグナルが点灯しました~4/25) (日経平均に売りシグナルが点灯しました~4/26) ドル建て日経平均にも売りシグナルが点灯 4月27日にも新たな売りシグナルが重なって出現しました。   連休の谷間でも引き続き強い動きなので、いま持っているプットはロスカットして仕切りなおすか、GW明けの荒れるSQ週まで持ち越すかで迷っています(^^;   そのためにも今日、さらに売りシグナルが重なって出るかどうかが重要になってきました。 もし出た場合にはまた後ほどこちらに書きますね~   【日経平均のシグナル点灯を書き始めてからの結果です】       ◆前場にシグナルが点灯した銘柄です◆ ☆日足分析 〔売りシグナル〕 1878:... 続きを読む