2017年4月27日

☆今日で10日間経過した個別銘柄のシグナル点灯後の結果です☆

  日経平均は、前日比-37円安の19251円と5日ぶりに反落しました~   朝方から売りが先行して寄り付き直後に-89円安の19199円を付けましたが、押し目を拾う動きや好業績を発表した銘柄を買う動きから下げ渋りました。  (押し目についてはこちらをどうぞ)   ただゴールデンウィークを控えていることや、前日までの4日間で+858円超上昇したこともあって、戻り待ちの売りも出て上値を追う展開にはなりませんでした。   日銀の政策決定会合のあとに発表された金融政策も現状維持で、想定通りの内容となりましたが相場への影響は限定的でした。   トランプ米政権は昨晩、大型税制改革の基本方針を発表しましたが、財源確保が不十分で実現性や効果に不透明感が残るとして米国株式は下落し、これも心理的に買い手控えさせました。   一方で東証株価指数(TOPIX)の算出に使われる浮動株比率の定期見直しに伴う機関投資家の売買が大引けにかけて集中したことで下げ渋るという特殊要因がありました。       ◆売りシグナルが連日点灯しています◆ (日経平均に売りシグナルが点灯しました~4/25) (日経平均に売りシグナルが点灯しました~4/26)   ドル建て日経平均にも売りシグナルが点灯していますし、今日もさらに違う形の売りシグナルが一部追加点灯しました。   そろそろ100%勝負に近づいてきたのでもう下がってくれてもいいのですが・・・(^^;   ちなみに今日の日経平均の日足の形は「陽の陽はらみ」と言って、天井圏で出ると相場の下落が始まりやすい形になっています。(簡単に言うと陽線のなかに次の陽線がすっぽり入っている形です) 陽線になったので相場は強いように見えますが、高値を抜けていないので買いのエネルギーがしぼんできている状態です。   明日、高寄りしてから下がってくるとか(かぶせ線)、始値と終値がほぼ同値になるとか(十字足)、最初から下がっていく展開(下っ放れ)になるとより天井打ちの可能性が高まります♪   ■今日発表された4月第3週の投資主体別売買動向で 海外投資家は東証1部株式を+2883億円買い越した一方で日経225先物を-2242億円売り越し、日経ミニ先物を+113億円買い越し、TOPIX先物を-1413億円売り越していました。 トータルすると先週外国人投資家は-659億円の売り越しだったということになります。       テクニカル指標は(テクニカル指標についてはこちらをどうぞ) 騰落レシオ25日が103.57 (騰落レシオについてはこちらをどうぞ)(騰落レシオの計算方法についてはこちらをどうぞ) 騰落レシオ6日が【321.27】 となっています。 最近300を超えているのは 2013年07月04日の323.36 2013年04月10日の308.70 2012年11月22日の300.98 2008年11月05日の385.37 くらいしかあり ません。つまりまれにしかない高水準にあります。 ・2012年から2013年までの3回はアベノミクスという幻に酔いしれていた時期でした。 ・2008年のときはリーマンショックで急落したあとに6日連続で戻したときですが、その後日経平均は翌日から-20%以上下落しました(>_<)   明日は応当日の関係で、値上がり1091銘柄、値下がり792銘柄の日が消えますので、それ以上の結果だとさらに騰落レシオ6日は上昇します(^^;   RSIが68.46 RCIが98.33 ストキャスティクスが97.74 となっていて、短期的な高値警戒感が出ています   ボリンジャーバンドでは(ボリンジャーバンドについてはこちらをどうぞ) +2σが19420円 ← +1σが19113円 ← 25日線が18806円 -1σが18499円  -2σが18192円  -3σが17886円 と今日の動きは-1σ~-2σの間で推移していました。 25日線は昨日から上昇し始めました。       騰落率が大きい銘柄群にシグナル点灯があったときには このブログランキングのバナーをクリックした先に書いておきます  ↓   ↓   ↓ 応援よろしくお願いします♪  ↑   ↑   ↑ このバナーをクリックした先の矢印のあたりに書いています   ※騰落率が大きい銘柄群のシグナル更新は前場と後場の1日2回です   【騰落率が大きい銘柄群のシグナル点灯後の途中経過です】   【騰落率が大きい銘柄群の一部の検証結果はこちら】 ・メタップス・アカツキ・マイネット・ソフトバンク・東芝・ブランジスタの検証結果です☆ ・FVC、アクセルマーク、アスカネット、トレイダーズHDの検証結果です☆... 続きを読む

4月27日後場のシグナル点灯銘柄です♪

  前場の日経平均は、前日比-45円安の19243円と5日ぶりに反落しました~   昨晩トランプ米政権による税制改革案の内容が公表されましたが、財源が不透明で実現性や効果に疑問を残し、内容は予想通りということで米国株は小幅安となりました。 日経平均は昨日までの4日間で858円強の上昇をしていることから、戻り待ちの売りで上値が重い展開となりました。   ただ根強い押し目買い意欲に下値も堅く、円高進行のわりにしっかりしていました。   業種別では証券、電力ガスが下落し、情報通信、石油石炭、鉱業、保険も軟調でした。 東証業種別株価指数は33業種のうち20業種が下落して13業種が上昇していますが、値下がり銘柄数よりも値上がり銘柄数の方が上回っています。   海外ヘッジファンドなど短期投資家の売りが出たとの見方もありましたが、日銀の金融政策決定会合の結果発表を控えていたことから積極的な売買は見送られた感じです。   その後おおかたの予想通り、日銀金融政策決定会合ではマイナス金利政策を含む今の大規模な金融緩和策を維持することを決めました。       ◆売りシグナルが連日点灯しています◆ (日経平均に売りシグナルが点灯しました~4/25) (日経平均に売りシグナルが点灯しました~4/26)   ドル建て日経平均にも売りシグナルが点灯していますが、今日もさらに違う形の売りシグナルが追加点灯するかもしれません♪   引き続き5月限プット18500~19125を全力で買い下がり継続中ですが、夜間取引では相場が高いところでプットを安く買い下がりました♪ (買い下がりについてはこちらをどうぞ) だいぶお腹がいっぱいになってきたので、そろそろ下げてくれてもいいですね(^^;     前引け試算でのテクニカル指標は (テクニカル指標についてはこちらをどうぞ) 騰落レシオ25日が102.86 (騰落レシオについてはこちらをどうぞ) 騰落レシオ6日が【309.96】 となっています。とうとう6日の値上がり銘柄総数が値下がり銘柄総数の3倍を超えてしまいました(^^; (騰落レシオの計算方法についてはこちらをどうぞ)   最近の300超は 2013年07月04日の323.36 2013年04月10日の308.70 2012年11月22日の300.98 2008年11月05日の385.37 しかありません。 2012年から2013年までの3回はアベノミクスという幻に酔いしれていた時期でした。 2008年のときはリーマンショックで急落したあとに6日連続で戻したときですが、その後日経平均は翌日から-20%以上下落しました(>_<)   RSIが68.12 RCIが98.33 ストキャスティクスが97.48 となっていますので短期的な高値警戒感が出ています   ボリンジャーバンドでは (ボリンジャーバンドについてはこちらをどうぞ) +2σが19419円 ← +1σが19113円 ← 25日線が18806円 -1σが18500円  -2σが18193円  -3σが17887円 前場の動きは+1σ~+2σの間で推移していました。 25日線が上昇に転じ、-σも+σも多少広がっています。       ◆後場にシグナルが点灯した銘柄です◆ ☆半日足分析 〔売りシグナル〕 1721:... 続きを読む

4月27日前場のシグナル点灯銘柄です♪

  米国株市場は、NYダウが前日比-21.03ドル安の20975.09ドル、ナスダックが-0.266ポイント安の6025.226ポイントで取引を終了しました。 朝方は税制改革案の発表を控えて小動きでした。複数の主要企業決算が堅調な内容でしたが、連日の株価上昇を受けた利益確定の動きから上値の重い展開でした。   注目の税制改革案は、個人の税率区分を3段階として、最高税率を35%に引き下げたほか、法人税率も15%に引き下げましたが、おおむね予想通りの内容ということで相場への影響は限定的で、引けにかけては下落しました。   30年ぶりの税制改革案の発表中に上げ幅を広げていたNYダウが伸び悩んだきっかけはムニューシン財務長官の「非常に競争的にする」という発言でした。 米国に還流する海外資金の税率引き下げについて、その税率には言及しませんでした。市場では還流資金の税率引き下げは設備投資の増加や自社株買いにつながるとの期待が根強いことから具体性がないことに失望した感があります。   小売業などの収益圧迫要因になると懸念されていた国境調整税は改革案から無くなり、医療保険制度改革法(オバマケア)の改革案に反対していた下院共和党の「フリーダム・コーカス(自由議員連盟)」が新たな改革案を支持するなどトランプ氏の就任100日に向けて進展もみられました。       ◆売りシグナルが連日点灯しています◆ (日経平均に売りシグナルが点灯しました~4/25) (日経平均に売りシグナルが点灯しました~4/26)   さらにドル建て日経平均にも売りシグナルが点灯しました♪ 昨日は日足分析、半日足分析合わせると 売りシグナル点灯が151銘柄と過去最高数の点灯になり、買いシグナルは2銘柄でした。 おとといも売りシグナル点灯が37銘柄、買いシグナル点灯が6銘柄 3日前も売りシグナル点灯が38銘柄、買いシグナル点灯が4銘柄でした。   こちらに朝と昼の2回書いている個別銘柄のシグナル点灯は日経225もしくはJPX400採用銘柄です。   ■つまり日経平均自体にも売りシグナルが点灯していますが、それを構成する個別銘柄にも多くの売りシグナル点灯が出てきているので、相場はかなり天井が近づいていると期待しています。 できれば最後にボリンジャーバンドの+2σにタッチするくらい上がってから跳ね返されてほしいです♪ (ボリンジャーバンドについてはこちらをどうぞ) なんといっても+2σの下に株価がある確率は95.5%ですからね(o^o^o)   5月限プット18500~19125を全力で買い下がり継続中ですが、昨晩も相場が高いところではプットを安く買い下がりました♪ (買い下がりについてはこちらをどうぞ)       ◆前場にシグナルが点灯した銘柄です◆☆日足分析 〔売りシグナル〕 3865:... 続きを読む