4月13日後場のシグナル点灯銘柄です♪

 

前場の日経平均は、前日比-212円安の18340円と3日続落しました。

 

安値では-247円安の18304円まで下げ幅を拡大して、連日で取引時間中の年初来安値を更新しています。

 

地政学リスクトランプ米大統領が米紙ウォール・ストリート・ジャーナルとのインタビューで「ドルは強すぎる」などと発言して、ドル高をけん制したことを受けて円高に振れ、5カ月ぶりに1ドル108円台に入っていることが重しとなっています。

 

ただ前場の出来高や売買代金を見る限り、引き続き大口の売りで下げているという感じではありません

様子見になるのであれば、昨日やおとといのように引けにかけては日銀のETF買い効果が出やすくなる可能性があります。

 

また取引所が発表しているカラ売り比率は11営業日連続で40%を超えています。これだけを見ても、リバウンド局面入りすれば潜在的な買い戻し需要が高まっていることがわかります。

カラ売り比率とは、株式の信用取引でカラ売り(信用売り)をしたまま買い戻しをされていない株数の比率のことです。下げ局面で積みあがる傾向にありますが、将来的に買い戻されることから相場が上昇に転じると上げに勢いがつきやすくなります)

 

そして今回の下げの影の主役である4月限SQ明日の朝には通過します。

 

テクニカル指標も冷え込んだ状態ですし、北朝鮮動向が落ち着きを見せればそれなりのリバウンドは期待できますが、万が一核実験を強行するなどすれば、さらに緊張が高まってしまいます(>_<)

 

本来はこういう局面でこそ、損失が限定されているオプション取引の買いが有効な投資手段なのですが・・・

 

 

前引け試算でのテクニカル指標は(テクニカル指標についてはこちらをどうぞ

騰落レシオ25日73.27騰落レシオについてはこちらをどうぞ

騰落レシオ6日53.26

と25日は今年最低を更新しています。

RSI27.37

RCI8.33

ストキャスティクス16.17

となっています。

 

ボリンジャーバンドでは(ボリンジャーバンドについてはこちらをどうぞ

25日線19097円と下がってきていることから

-1σ18727円

-2σ18358円 ←

-3σ17988円

下方に拡大しています。

前場安値18304円、前引け18340円-2σを下回っていました。

 

 

◆後場にシグナルが点灯した銘柄です◆

☆半日足分析

売りシグナル

3863: 日本製紙

7649: スギHD

7752: リコー

7832: バンナムHD

8273: イズミ

9513: Jパワー

 

買いシグナル

4307: 野村総研

4739: CTC

4901: 富士フイルム

7735: スクリン

9020: JR東日本

9437: NTTドコモ

9766: コナミHD

でした☆

 

騰落率が大きい銘柄群にシグナル点灯があったときにはこのブログランキングのバナーをクリックした先に書いておきます

 ↓   ↓   ↓

応援よろしくお願いします♪

人気ブログランキング

 

騰落率が大きい銘柄群としてウォッチしている銘柄の一部の検証結果はこちらです

・メタップス・アカツキ・マイネット・ソフトバンク・東芝・ブランジスタ

・アスカネット・トレイダーズHD

・フューチャーベンチャーキャピタル・アクセルマーク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。