2017年4月13日

☆今日で10日間経過した個別銘柄のシグナル点灯後の結果です☆

  日経平均は前日比-125円安の18426円と3日続落で年初来安値を連日で更新して、昨年12月6日以来の安値で終わりました。 朝方から、地政学リスクに対する警戒感や、トランプ米大統領が昨晩「ドルが強すぎる」と発言したことから、およそ5カ月ぶりの円高ドル安となったことで、輸出企業の採算改善期待が後退して、主力株が売られました(^^; 前場には、-247円安の18304円まで下げ幅を広げる場面もありましたが、売り一巡後は短期的な売られ過ぎ感や、日銀によるETF買い期待などから、下げ幅を縮小しました。 北朝鮮が国内の外国人記者に対し大きな出来事に備えるよう通知したと伝わったことなどから、ドル円は午前中に一時108円72円まで下げましたが、午後2時以降はリスクオフの流れが弱まって反転して109円台を回復しています。   欧米は週末にイースター(復活祭)休暇に入ることから、中長期投資の海外投資家は積極的な売買を見送っているようでした。   今晩は、午後9時半に3月の米生産者物価指数、午後11時に4月の米ミシガン大学消費者信頼感指数速報値が発表されます。 3月の米生産者物価指数は、予想が前年比2.4%上昇、コアの予想が前年比1.8%上昇となっています。 4月の米ミシガン大学消費者信頼感指数速報値については、予想が96.5となっていて、前月の96.9を下回って2カ月ぶりに低下するとみられています。 このふたつの経済指標が予想を下回る結果になれば、ドルが売られて円高になる可能性があるので要注意です。     やっと明日、4月限のSQが通過します。 15(土)には北朝鮮の故・金日成主席の生誕105周年も通過します。 どうせならSQ値が大きく下がったところで決まり、その後はその値段を割り込まない展開になると来週のリバウンドに期待が高まりますが、北朝鮮がどこまで足を引っ張ってくるのか・・・   ちなみに今日も韓国株指数は+0.93%も上昇しています(^^;     今日のテクニカル指標は(テクニカル指標についてはこちらをどうぞ) 騰落レシオ25日が74.59(騰落レシオについてはこちらをどうぞ) 騰落レシオ6日が57.56 RSIが28.58 RCIが8.33 ストキャスティクスが20.07 騰落レシオ25日は今日も年初来最低を更新しています。   ボリンジャーバンドでは(ボリンジャーバンドについてはこちらをどうぞ) 25日線が19100円と下がってきていることから -1σが18738円 -2σが18375円 ← -3σが18012円 と下方に拡大しています。今日はザラ場では-2σを割り込みましたが、引け値では超えています。     騰落率が大きい銘柄群にシグナル点灯があったときにはこのブログランキングのバナーをクリックした先に書いておきます  ↓   ↓   ↓ 応援よろしくお願いします♪ ※騰落率が大きい銘柄群のシグナル更新は前場と後場の1日2回です   【過去のシグナル点灯後の結果です】 ☆3月30日にシグナル点灯した個別銘柄の結果です☆ ☆3月29日にシグナル点灯した個別銘柄の結果です☆ ☆3月28日にシグナル点灯した個別銘柄の結果です☆ ☆3月27日にシグナル点灯した個別銘柄の結果です☆ ☆3月第4週にシグナル点灯した個別銘柄の結果です☆ ☆3月第3週にシグナル点灯した個別銘柄の結果です☆ ☆3月第2週にシグナル点灯した個別銘柄の結果です☆ ☆3月第1週にシグナル点灯した個別銘柄の結果です☆ ☆2月第4週にシグナル点灯した個別銘柄の結果です☆ ☆2月第3週にシグナル点灯した個別銘柄の結果です☆ ☆2月第2週にシグナル点灯した個別銘柄の結果です☆   ◆騰落率が大きい銘柄群としてウォッチしている銘柄の一部の検証結果はこちらです ・メタップス・アカツキ・マイネット・ソフトバンク・東芝・ブランジスタ ・アスカネット・トレイダーズHD ・フューチャーベンチャーキャピタル・アクセルマーク     ◆こちらで書いている個別銘柄は、日経225採用銘柄、JPX400採用銘柄だけを対象にしています。 ◆個別銘柄を日足と半日足(前場と後場をそれぞれ1本のローソク足として)で分析しています。 ◆売りシグナルが出た場合、翌営業日までの高値から、点灯から10日目までの最安値で計算しています。買いシグナルが出た場合、翌営業日までの安値から、点灯から10日目までの最高値で計算しています。 ◆騰落率が2.5%~5.0%未満のものはオレンジ色に5.0%~10.0%未満のものは黄色に10.0%以上のものは赤色に色付けしています。 ◆小数点以下第3位を四捨五入しています。 ... 続きを読む

4月13日後場のシグナル点灯銘柄です♪

  前場の日経平均は、前日比-212円安の18340円と3日続落しました。   安値では-247円安の18304円まで下げ幅を拡大して、連日で取引時間中の年初来安値を更新しています。   地政学リスクやトランプ米大統領が米紙ウォール・ストリート・ジャーナルとのインタビューで「ドルは強すぎる」などと発言して、ドル高をけん制したことを受けて円高に振れ、5カ月ぶりに1ドル108円台に入っていることが重しとなっています。   ただ前場の出来高や売買代金を見る限り、引き続き大口の売りで下げているという感じではありません。 様子見になるのであれば、昨日やおとといのように引けにかけては日銀のETF買い効果が出やすくなる可能性があります。   また取引所が発表しているカラ売り比率は11営業日連続で40%を超えています。これだけを見ても、リバウンド局面入りすれば潜在的な買い戻し需要が高まっていることがわかります。 (カラ売り比率とは、株式の信用取引でカラ売り(信用売り)をしたまま買い戻しをされていない株数の比率のことです。下げ局面で積みあがる傾向にありますが、将来的に買い戻されることから相場が上昇に転じると上げに勢いがつきやすくなります)   そして今回の下げの影の主役である4月限SQも明日の朝には通過します。   テクニカル指標も冷え込んだ状態ですし、北朝鮮動向が落ち着きを見せればそれなりのリバウンドは期待できますが、万が一核実験を強行するなどすれば、さらに緊張が高まってしまいます(>_<)   本来はこういう局面でこそ、損失が限定されているオプション取引の買いが有効な投資手段なのですが・・・     前引け試算でのテクニカル指標は(テクニカル指標についてはこちらをどうぞ) 騰落レシオ25日が73.27騰落レシオについてはこちらをどうぞ) 騰落レシオ6日が53.26 と25日は今年最低を更新しています。 RSIが27.37 RCIが8.33 ストキャスティクスが16.17 となっています。   ボリンジャーバンドでは(ボリンジャーバンドについてはこちらをどうぞ) 25日線が19097円と下がってきていることから -1σが18727円 -2σが18358円 ← -3σが17988円 と下方に拡大しています。 前場安値18304円、前引け18340円は-2σを下回っていました。     ◆後場にシグナルが点灯した銘柄です◆ ☆半日足分析 〔売りシグナル〕 3863:... 続きを読む

4月13日前場のシグナル点灯銘柄です♪

  今日も頼みの綱は日銀のETF買いくらいな感じですね~(^^;   トランプ米大統領の「ドルが強すぎる」との発言を受けて円高が進行して、108円台後半まで下落しています。 これで昨年の、99.02円から118.66円までの上昇幅の半値押しである108.84円に到達しました。 (半値押しについてはこちらをどうぞ)   朝鮮半島情勢では、北朝鮮が本日重大発表をするとして、60万人の平壌市民に対して市外退去を指示したこと、中国が北朝鮮国境に兵力を集結させつつ、北朝鮮の核開発施設への攻撃を警告していること、米国の第一空母攻撃隊が朝鮮半島に向けて進撃中であることなど、地政学リスクが高まって円高圧力があるなか、トランプ大統領のドル高けん制発言ですからね・・・   北朝鮮が「大きな出来事へ備えよ」と外国メディアに伝達したと報道されていますし、押し目買い意欲がわかない展開でしょう(>_<)   昨日も書いたとおり、明日は4月限のSQを控えていますが、これに伴う先物売りが、相場が下がるとどんどん出てきますので、勢いがつきやすくなるんですよね・・・   ただし、相場が戻りだして18500円を超えてくると昨日の大引け間際のように今度は戻りにも勢いをつけます(^^; さらに明日のSQ通過までしか売っておく必要がありません。 ちなみにこの売りは相場観によるものではなく、機械的に売っているものです☆     ◆今回のコールに関しては、 ・無難にいくならロスカットで次のシグナルに備える ・来週以降のリバウンド期待で買い下がりを継続する という選択肢を迫られています。   これ以上の下げがあったときに、次の取引に支障が出る可能性がある場合には無難にロスカットという方を選ぶのがいいのかもしれません。 投資の余力を残しておけば、挽回のチャンスはありますからね♪     ◆前場にシグナルが点灯した銘柄です◆ ☆日足分析 〔売りシグナル〕 2782:... 続きを読む