2017年4月12日

☆今日で10日間経過した個別銘柄のシグナル点灯後の結果です☆

  日経平均株価は-195円安の18552円と大幅続落して4月6日の18597円を割り込み、4営業日ぶりに年初来安値を更新して、昨年12月7日以来約4カ月ぶりの安値をつけました。   前場は、北朝鮮情勢など地政学リスクへの警戒が根強く、円高ドル安などが嫌気されて、売り優勢で始まりました。円高進行とともに先物にまとまった売り物が出て下げ幅を拡大し、安値では-287円安の18460円まで下落しました。   その後は円高一服や日銀のETF買い期待もあって下げ渋りましたが、地政学リスクへの警戒が続き戻りは限定的でした。   こちらにも書きましたが、大きかったのは4月限のSQ週であるということです。これに伴う先物売りが想定以上に相場を押し下げました(^^;   地政学的リスクが一番のように言われていますが、当の韓国株指数はプラスで終わり、この時間の欧州株市場は小高く、米国株時間外取引も小高く推移しています(>_<)   さらっと書きましたが、大事なのでぜひ読んでみてください。   ちなみにこの先物売りは金曜日の寄り付きまで出る可能性がある一方で、相場が戻り始めた際には必要のない売りなので一気に買い戻してくる可能性もあります。   いずれにせよ遅くとも週明け相場では、15日の北朝鮮の故・金日成主席の生誕105周年も通過していますし、4月限のSQも通過していますので、落ち着きを取り戻しやすいと思っています。   唯一気になるのは、ドル建て日経平均です。 今日も昨日に続いて後場の高値で大引けを迎えているように、日銀のETF買いの影響は大きいです。 それでも円建てでは年初来安値を更新した日経平均も、ドル建てでは7日の安値からは2%近く上昇しています。 つまり海外投資家から見れば日経平均は上がっているわけです。 この点だけが気になっています(^^;   でも引き続きコールは買い下がっていますけどね~♪     今日のテクニカル指標は(テクニカル指標についてはこちらをどうぞ) 騰落レシオ25日が76.27(騰落レシオについてはこちらをどうぞ) 騰落レシオ6日が61.97 RSIが36.70 RCIが9.17 ストキャスティクスが27.60 となっています。   ボリンジャーバンドでは(ボリンジャーバンドについてはこちらをどうぞ) 25日線が19133円と下がってきていることから -1σが18797円 -2σが18460円 ← -3σが18124円 と下方に拡大しています。   今日の日経平均の安値18460円はピッタリ-2σで止まっていました☆       騰落率が大きい銘柄群にシグナル点灯があったときにはこのブログランキングのバナーをクリックした先に書いておきます  ↓   ↓   ↓ 応援よろしくお願いします♪ ※騰落率が大きい銘柄群のシグナル更新は前場と後場の1日2回です   【過去のシグナル点灯後の結果です】 ☆3月29日にシグナル点灯した個別銘柄の結果です☆ ☆3月28日にシグナル点灯した個別銘柄の結果です☆ ☆3月27日にシグナル点灯した個別銘柄の結果です☆ ☆3月第4週にシグナル点灯した個別銘柄の結果です☆ ☆3月第3週にシグナル点灯した個別銘柄の結果です☆ ☆3月第2週にシグナル点灯した個別銘柄の結果です☆ ☆3月第1週にシグナル点灯した個別銘柄の結果です☆ ☆2月第4週にシグナル点灯した個別銘柄の結果です☆ ☆2月第3週にシグナル点灯した個別銘柄の結果です☆ ☆2月第2週にシグナル点灯した個別銘柄の結果です☆   ◆騰落率が大きい銘柄群としてウォッチしている銘柄の一部の検証結果はこちらです ・メタップス・アカツキ・マイネット・ソフトバンク・東芝・ブランジスタ ・アスカネット・トレイダーズHD ・フューチャーベンチャーキャピタル・アクセルマーク     ◆こちらで書いている個別銘柄は、日経225採用銘柄、JPX400採用銘柄だけを対象にしています。 ◆個別銘柄を日足と半日足(前場と後場をそれぞれ1本のローソク足として)で分析しています。 ◆売りシグナルが出た場合、翌営業日までの高値から、点灯から10日目までの最安値で計算しています。買いシグナルが出た場合、翌営業日までの安値から、点灯から10日目までの最高値で計算しています。 ◆騰落率が2.5%~5.0%未満のものはオレンジ色に5.0%~10.0%未満のものは黄色に10.0%以上のものは赤色に色付けしています。 ◆小数点以下第3位を四捨五入しています。 ... 続きを読む

4月12日後場のシグナル点灯銘柄です♪

  前場の日経平均は前日比-231円安の18516円と大幅続落に続落でした(^^;   取引時間中の年初来安値である4月7日安値18517円を更新して、昨年12月7日以来約4カ月ぶりに心理的節目の18500円を割り込みました。   朝方は、シリアや北朝鮮に対する地政学リスクへの警戒から売りが先行し、円高ドル安や米国株安も嫌気されました(>_<)   円高が進んだ局面では先物にまとまった売り物が出て下げ幅を拡大したことから、安値では-287円安の18460円まで下落しました。   その後は円高一服や日銀のETF買い期待もあって下げ渋っています。 ただ東証1部の売買代金は1兆571億円と特に多いわけではなく、総悲観で売り物が出ているという感じではありませんでした。   米空母「カール・ビンソン」は朝鮮半島近海に向けて移動している中、15日には北朝鮮の故・金日成主席の生誕105周年を控えており、5年ごとの周期などに行動を起こす傾向があることから緊張感が高まっています。   また仏大統領選を巡る世論調査では、極右政党・国民戦線(FN)のルペン氏と急進左派のメランション氏による一騎打ちとなる可能性が示唆され、ルペン氏勝利の可能性は低いと見られてはいますが、投資家心理を一段と冷やしました。   今日の下げは今週末に控えている4月限のSQ要因が大きかったですね~ 7日の安値18517円を割り込んで18500円を下回ったことで、4月限のオプションで18500円は下回らないだろうというポジションを取っていた投資家は損失の拡大を避けるために先物をあらたに売る必要性が発生しました。   やっかいなのはこの投資家たちは下がれば下がっただけ先物を売らなければなりません。 つまり下がりだすと、より下げ幅を拡げやすくなってしまうのです(^^; 逆に予想以上に上げ始めたときには、より上がりやすくなるんですけどね~   これがSQ週の相場は荒れるというジンクスのゆえんです。 いずれもっと詳しく説明しますね☆   ◆さて、コールですが前場に書いたように18517円を割ったところから買い下がりの指値を並べ、それなりに買えました。(買い下がりの重要性についてはこちら)   反転上昇は来週になるかもしれないと覚悟のうえでの5月限コールの買いです♪ 後場は売り物がそう多くなければ、昨日の後場のように日銀のETF買い効果が意外と期待できるかもしれないですけどね☆ 今日も725億円で買いまくれ~(^^;     前引け試算でのテクニカル指標は(テクニカル指標についてはこちらをどうぞ) 騰落レシオ25日が75.74(騰落レシオについてはこちらをどうぞ) 騰落レシオ6日が60.18 と25日は4月6日の78.41を下回って今年最低水準です。 RSIが36.04 RCIが9.17 ストキャスティクスが25.92 となっています。   ボリンジャーバンドでは(ボリンジャーバンドについてはこちらをどうぞ) 25日線が19132円と下がってきていることから -1σが18793円 -2σが18454円 ← -3σが18115円 と下方に拡大しています。 前場安値18460円はほぼ-2σに跳ね返されていることがわかります。     ◆後場にシグナルが点灯した銘柄です◆ ☆半日足分析 〔売りシグナル〕 2331:... 続きを読む

4月12日前場のシグナル点灯銘柄です♪

  今朝は一段と安く始まりましたね~(^^;   終値だけで見ると欧米株式市場は小幅安程度ですが、NYダウは一時-145ドル安まで売られましたし、原油高、金価格上昇、円高と、世界的に一気に地政学的リスクが高まっています(>_<)   外務省が昨晩、韓国滞在者や渡航予定者に注意喚起をしたことから、日本でものんびり気分が吹き飛びましたね~   シリアのバックにはロシア、北朝鮮のバックには中国がいるだけに、事態がこじれたときにはイヤな感じです。   ただG7外相会合でシリアおよびロシア包囲網は再確認されていますし、北朝鮮も後ろ盾の中国がこれから世界の盟主になろうとしているときに足を引っ張る真似はできない気がするんですよね~ ここで顔に泥を塗ったらいざというときに金正恩氏も中国に亡命できなくなるので(^^;   ◆今日の安寄りで、金曜日の日経平均安値18517円が再度見えてきましたが、このあたりをメドに引き続きコールを買い下がる予定です♪(買い下がりの重要性)   今回は5月限で買っているので、反転上昇まで少し時間が掛かったとしてもSQが遠いので良かったです(^-^) これが4月限だったら今週金曜日のSQで時間切れになっていたかもしれないので(^^;     ◆前場にシグナルが点灯した銘柄です◆ ☆日足分析 〔売りシグナル〕 1878:... 続きを読む