3月23日前場のシグナル点灯銘柄です♪

昨晩の為替は勢いがつきましたね~(^^;

 

米10年債の利回り低下に加え、ロンドンで起きたテロ行為が円高を加速させたようですが、それを受けて先物の夜間取引では日中比-150円安まで売られるところがありました。

 

先物の方は3月の配当落ちを先に織り込んでいる価格なので、約130円の配当落ちを勘案すると日経平均では約18900円まであったことになります。

 

この水準って昨日現在のボリンジャーバンド-3σのあたりなんですよ☆

→下にボリンジャーバンドの説明を加筆しました

 

昨日の朝に書いた-2σですら標準偏差では95.5%の確率で止まりやすいとこなのに、

-3σ99.7%の確率ですから・・・喜んでコール買い増ししました(o^o^o)

 

まだ相場は不安定なので、下がって買い場はあるかもしれませんが、下値では確実にコールを買っていきたいです♪

 

 

◆前場のこの時点で確定しているシグナルです◆

☆日足分析

売りシグナル

2127: 日本M&A

8174: 日本瓦斯

買いシグナル

7988: ニフコ

☆半日足分析

売りシグナル

無し

買いシグナル

1803: 清水建設

1911: 住友林業

1925: 大和ハウス

3064: モノタロウ

3088: マツキヨHD

3254: プレサンス

3738: ティーガイア

4661: OLC

4681: リゾートトラ

7280: ミツバ

9009: 京成電鉄

9627: アインHD

でした☆

 

------------------------------------------------------------–

 

ボリンジャーバンドというのは、移動平均線と、その上下に値動きの幅を示す線を加えた指標のことです。

 

意味合いとしては価格の大半がこの帯(バンド)の中に収まるという統計学を応用したテクニカル指標です。

 

ボリンジャーバンドの中心となっているのが移動平均線です。

一般的には25日移動平均線を真ん中にします。

株価は上昇と下降を繰り返しますが、移動平均線あたりで株価が推移していることが多く、移動平均線から極端に離れることは逆に少ないので、行き過ぎた時には売りや買いという逆張りに使います

 

ボリンジャーバンドの中央には移動平均線がありますが、統計学的にその移動平均線の上下の線の間で株価が動く確率が、それぞれ想定されています。

移動平均線を中心に
+1σ(シグマ)から-1σの間で株価が動く確率が約68.3%
+2σから-2σの間で株価が動く確率が約95.5%
+3σから-3σの間で株価が動く確率が約99.7%

となっています☆

 

ちなみに3月23日前引け時点での日経平均のボリンジャーバンド概算値は

+3σ  19888.40円

+2σ  19716.29円

+1σ  19544.18円

25日線 19372.07円

-1σ  19199.97円

-2σ  19027.86円

-3σ  18855.75円

となっています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。