株の世界でオプションと言うと、一般的に「日経225オプション取引」を指します。

 

簡単に言うと「日経平均がこれから上がるのか下がるのか」を予想して投資するものなんですが、いざ勉強してみようかな~なんて本を読むと、とにかく小難しくて途中で投げ出してしまいがちですよね。

 

そこでぜひみなさんにオプション取引は難しくないし、ある意味わかりやすいし、個人投資家も増えている取引なんですよ~ってことを知ってほしいと考え、不定期ながら少しずつオプション取引を知ってもらうコーナーを作ります

 

難しい話は置いておいて、実際に個人投資家が儲けるために必要なことだけを書いていこうと思っていますので、ぜひお時間があるときに読んでみてください。

 

 

◆オプション取引の良いところ

 

1.儲かるときはどの投資商品よりも効率がいい

半日で買値の1.5倍になったり、数日で5倍になるなんでザラです☆もちろん予想が当たったときの話ですが。

 

2.損失限定で投資できる

最悪でも投資金額以上の損金は出ない投資方法や、より勝つ確率をあげる方法、自分の相場観が当たらなくても儲ける方法などいろんな投資スタイルが選べます。

でも最初は「損失限定で投資する方法」がおススメですので、最初はこの投資方法について書いていこうと思っています。

 

3.投資金額は数千円から始められる

オプションの値段は「1円」が最低なので、これを最低単位の1枚(単位は枚です)買うと投資金額は1,000円です。ただこれだと儲かっても知れているので、一応おススメは10万円くらいから始める感じです。

 

4.投資対象は日経平均株価

ということは個別銘柄のよう倒産リスクがありません。現在東京証券取引所だけでも3500社以上の企業が上場していますが、その中からどの会社に投資しようかと考える手間がありません。

「日経平均がこれから上がるのか下がるのか」だけを考えて投資すればいいんです

 

5.寝ている間に勝手に儲かることも

よく夜に起きたニュースなどを見て、「明日の相場は上がるなぁ~」とかその逆もありますよね。日本の株式市場は朝9時から15時までしか開いていないので、そう思っても次の日の9時まで待たなくてはいけません。

でもオプション取引は朝9時から15時15分まで取引したあと、16時半から「夜間取引」が始まって翌朝の5時半まで大阪証券取引所で売買できるんです☆

つまり夜中でも投資したくなったらすぐに取引できるんです♪

 

だからといってずっと相場を見ている必要はなく、例えば買ったものを念のために売り指値しておくと朝起きたときにはもう売れていたりします。

 

つまり寝ている間に勝手に儲かっていることもあるんです♪

 

もちろん「相場が上がると思って買ったのに、夜中に大暴落!」なんてリスクが無いわけではありませんが、最初に書いたように「損失限定」で投資しているなら「一夜にして全財産を失う・・・」なんてことは起こりません

 

6.税率は株と同じ、利益の20%が分離課税

ただし、株との通算はできません。

例えば、オプションでは儲かったけど、株で損をしているので税金を負けて~というのはできません。オプションで通算できるのは株式先物などに限定されます。

 

大昔はオプション取引の利益は「本業と合算される雑所得」として扱われていたんです。だから年収500万円、オプション利益が200万円だとすると合計の700万円に所得税だの住民税が掛かっていたんです。

でもいまは「分離課税」になっていますので、オプションでいくら儲けても、利益の20%を税金として納めればそれでおしまい。この税制改革で個人投資家がどんどんオプション取引をやるようになりました。

 

万が一、年間トータルで損した場合には、申告しておけば来年以降に利益が出たときに相殺してもらえるので、今年100万円損して来年100万円儲かったときには税金は0です♪

 

まだまだ書きたいことがありますが、長くなるので今日はこの辺にしておきます。

ねっ?オプション取引って良さそうでしょ?

 

実際良いんです♪

だからこれから少しずつオプション取引のことを書いていこうと思います☆

 

ランキングの応援にクリックをお願いします♪
    ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ
   にほんブログ村