代表的はテクニカル指標のひとつで、一定期間のなかで終値に上昇順位をつけて、

その期間の日数との相関関係を指数化したもので、日本語では順位相関指数と言います。

 

計算方法は、ただややこしいだけでまったく覚える必要はないと思います。

重要なことは

 

・算出には、日足では9日間、週足では9週間13週間で集計するのが一般的です。

・-100 ~ +100で表示されることが一般的ですが、当社ではほかの指標と比較しやすいように
0~100の間で推移するようにしていました。

しかしまだ-100 ~ +100で表示されることが一般的ですので、TOP画面の日経平均の

テクニカル指標も通常の表示に変えます。

・通常0%以上で相場の過熱感が意識され、-80%以下で割安感が意識されます。

・ほかのテクニカル指標とあわせて判断します。

 

ということです。

 

 

 

ランキングの応援にクリックをお願いします♪
    ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ
   にほんブログ村