ボリンジャーバンドというのは、移動平均線と、その上下に値動きの幅を示す線を加えた指標のことです。

意味合いとしては価格の大半がこの帯(バンド)の中に収まるという統計学を応用したテクニカル指標です。

ボリンジャーバンドの中心となっているのが移動平均線です。

一般的には25日移動平均線を真ん中にします。
株価は上昇と下降を繰り返しますが、移動平均線あたりで株価が推移していることが多く、移動平均線から極端に離れることは逆に少ないので、行き過ぎた時には売りや買いという逆張りに使います。

ボリンジャーバンドの中央には移動平均線がありますが、統計学的にその移動平均線の上下の線の間で株価が動く確率が、それぞれ想定されています。

移動平均線を中心に
+1σ(シグマ)から-1σの間で株価が動く確率が約68.3%
+2σから-2σの間で株価が動く確率が約95.5%
+3σから-3σの間で株価が動く確率が約99.7%

となっています☆

 

ちなみに3月23日前引け時点での日経平均のボリンジャーバンド概算値は

+3σ  19888.40円
+2σ  19716.29円
+1σ  19544.18円
25日線 19372.07円
-1σ  19199.97円
-2σ  19027.86円
-3σ  18855.75円

となっています。

 

ランキングの応援にクリックをお願いします♪
    ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ
   にほんブログ村