サイコロジカルラインとは

テクニカル指標の一つで、一般的には過去12営業日の中の勝率を表したものです。 前日の終値よりもプラスで終わると「勝ち」、マイナスで終わると「負け」としてカウントします。 ...

詳しくはこちら

ヒンデンブルグ・オーメン

ヒンデンブルグ・オーメンとは、簡単に言うと「株価の暴落の予兆」と言われ、一般的には出現すると約77%の確率で株価が5%以上下落するとされています。 [ヒンデンブルグ・オーメン...

詳しくはこちら

テクニカル指標とは

株価が今後上がりそうか、下がりそうか、いろいろな数字を駆使して計る指標の総称です。 大きく分けると順張り系と逆張り系に分かれます。   順張り系のものは...

詳しくはこちら

騰落レシオとは 計算方法

騰落レシオとはではおおまかな仕組みを書きましたが、今回は具体的な計算方法の補足をしたいと思います。 これは直近2週間の東証1部の毎日の値上がり銘柄数と値下がり銘柄数の...

詳しくはこちら

三角持ち合いとは

株価チャートは上昇や下降を繰り返していますが、株価の変動が上下一定の範囲でおさまっている状態を「持ち合い」といいます。 その「持ち合い」の中でも、株価の上昇と下落の値幅が徐々...

詳しくはこちら

半値戻しと半値押し

相場は下落した後、下落幅に対して、3分の1、2分の1、3分の2あたりまで反発するという経験法則がありますが、半値戻しとは、その2分の1戻しのことを指します。 半値戻しは、相場...

詳しくはこちら

騰落レシオとは

東証1部全体の、期間内の値上がり銘柄数と値下がり銘柄数の比率から相場に過熱感があるか、割安感があるかを計る指標です。 一般的には25日間のものが使われ、120%を超えると買わ...

詳しくはこちら

ボリンジャーバンドとは

ボリンジャーバンドというのは、移動平均線と、その上下に値動きの幅を示す線を加えた指標のことです。 意味合いとしては価格の大半がこの帯(バンド)の中に収まるという統計学を応用し...

詳しくはこちら

RSIとは

代表的なテクニカル指標のひとつで、一定期間のなかの終値ベースでの上昇変動、下落変動のどちらの勢いが 強いのか計測しようとする指標で、日本語では相対力指数と言います。 &...

詳しくはこちら

RCIとは

代表的はテクニカル指標のひとつで、一定期間のなかで終値に上昇順位をつけて、 その期間の日数との相関関係を指数化したもので、日本語では順位相関指数と言います。 &nbsp...

詳しくはこちら

三空(さんくう)とは

酒田五法(さかた・ごほう)という、株価チャートの見方から来ているものですが その中でもとくに有名なチャート判断のひとつです。   株価が空(または窓とも...

詳しくはこちら

ストキャスティクスとは

今の株価が、過去の株価と比べて売られ過ぎなのか、買われ過ぎなのかを数値化して判断するものです。   ややこしくなりますが、動きの速いファーストと呼ばれる「%K...

詳しくはこちら

移動平均乖離率とは

移動平均線からどれくらい「かい離」しているかを計って逆張りのメドに使います。 日足の場合だと5日線、25日線、75日線、週足の場合だと13週線、26週線が一般的に使われます。...

詳しくはこちら