シグナル配信銘柄の14日間の結果

【メルマガ配信銘柄】9月11日分の実績です

日経平均は+44円高の20400円と反発しました。 9月25日の終値ベースの年初来高値20397円を更新し、15年8月18日以来約2年1カ月ぶりの 高値水準となりました。 朝方は、前週末の米国株高に加えて円安基調が続いたことを好感して高く始まりました。 その後は伸び悩む場面もありましたが、円安を支えに上げ幅を広げると、高値では+55円高の 20411円を付ける場面もありました。 後場は上値も重く小幅なもみ合いに終始しましたが、大引けにかけて買いが入ると後場の高値での引けと なりましたが、後場の値幅自体はわずか32円、一日を通しても約48円幅のもみ合いでした。 TOPIX、JPX日経インデックス400はともに続落しています。   ◆けっきょく「月初の第一営業日は高い」の法則は16か月連続で継続となりました。 寄り付き前に発表された日銀短観の大企業製造業DIが市場予想を上回ったことで安心感も 広がったようです。 ただ中身を見ると、ファナック、ファーストリテ、ソフトバンク、 東京エレク、アステラス製薬の5銘柄だけで日経平均を約45円ほど 押し上げていることから、それ以外の銘柄はほぼ小動きであったことになります。 いまの投資家心理は、テクニカル指標の過熱感は気になるものの、下がらないので買おうかどうか 迷っているように見えますが、さすがにココから9月21日の取引時間中の年初来高値20481円を 試しに行くような流れになったときには上値は一段と重くなると思います。 スピード調整が必要なときに無理をして上がると、その反動が出やすくなります。 このまま高値トライをするなら、そこが売り場になる可能性が高いと思っています。 きょうはほとんど話題にのぼりませんでしたが、北朝鮮が多数のミサイルを発射準備のために 移動させていることも気になります。 今回も、今までと同じ程度の挑発行為で終わる保証は無いからです。   ◆10月2日配信分から「騰落率が大きい銘柄」の大幅な銘柄入れ替えを行いました◆ 上場全銘柄を対象にシグナル点灯後の動きを検証したうえで 買いシグナルが出たときに実際に大きく上がっていた銘柄、 売りシグナルが出たときに実際に大きく下がっていた銘柄を抽出して Xynasシグナルが出たときに反応の良い銘柄のシグナル点灯状況を配信しています。 これにより検証結果では ・シグナル点灯銘柄数は以前より減って銘柄選びがしやすくなります ・シグナル点灯後にあまり上がらない確率、あまり下がらない確率が減ることになります   【9月11日にメルマガ配信した騰落率が大きい銘柄の実績です】 ☆売りシグナル点灯後14日目までの実績一覧はこちら ☆買いシグナル点灯後14日目までの実績一覧はこちら   ↓↓ 有料メルマガのお申し込みはこちらから ↓↓ ココから買う株、ココから売る株 ~騰落率の大きい個別銘柄~ http://foomii.com/00113(有料メルマガ配信サービス... 続きを読む

【メルマガ配信銘柄】9月8日分の実績です

日経平均は-6円安の20356円と小反落しました。 朝方は、円安進行が一服したことを受けて大型外需株を中心に利益確定売りが出て安く始まりました。 安値では-78円安の20285円まで下げましたが、後場に入ると日銀のETF買い期待を支えに 徐々に下げ渋るなか、先物に断続的な買いが入ったことで上げに転じる場面もありました。 2017年4-9月期の最終営業日にあたることから機関投資家の持ち高調整の売りも重しとなって その後は上値が重く、大引けにかけて小安い水準で推移しました。 日経平均採用銘柄の入れ替えに伴い、指数に連動して運用する投資家の売買が膨らんだため、 東証1部の売買代金は概算で2兆9564億円と高水準でした。 また、新規採用される日本郵政は、取引終了直前に大口の買いが入って上昇に転じて終わりました。   ◆週末、月末、9月中間期末の割には小安い水準まで戻して引けましたが、日銀のETF買いと 週明けの2日の、15か月連続で続いている「月初の第一営業日は高い」の法則継続期待の買いも 少なからずあったと思います。 ただ大引け直後から多少円高に振れていますし、米国株時間外取引もやや下げていますので 夜間取引は小安く始まるかもしれません。 騰落レシオ25日は130超えまで上昇していますし、テクニカル指標のなかでも 特に注目度の高いRSIが80超えまで来ていますので、まだ上がるようなら売りたい気がしますが とにかくいまは買い方のペースで相場が動いているのでそこだけがコワイですね。 最後の踏み上げ相場(売り方が損失確定のために買い戻すことによってさらに相場が上昇する) があってもおかしくはないと思います。 ただし、これは北朝鮮がおとなしくしていた場合の想定です。 衆院選挙の方は当初の自民圧勝という雰囲気でもなくなってきていますので よほど自民党が有利との見方が再燃しない限りはココからは中立要因かもしれません。   【9月8日にメルマガ配信した騰落率が大きい銘柄の実績です】 ☆売りシグナル点灯後14日目までの実績一覧はこちら ☆買いシグナル点灯後14日目までの実績一覧はこちら   ↓↓ 有料メルマガのお申し込みはこちらから ↓↓ ココから買う株、ココから売る株 ~騰落率の大きい個別銘柄~ http://foomii.com/00113(有料メルマガ配信サービス... 続きを読む

【メルマガ配信銘柄】9月7日分の実績です

日経平均は+96円高の20363円と3日ぶりに反発しました。 朝方は、税制改革案を好感した米国株高やドル円がやや円安に振れたことから高く始まると、 寄り付き直後には+132円高の20399円まで上昇し、25日につけた終値ベースの 年初来高値20397円を上回りました。 買い一巡後は戻り売りに上値をおさえられて上げ幅を縮小しましたが、後場に入って米国時間外取引で 長期金利が上昇したことからドル円が113円台へと円安に振れ、これにつれて再度20399円まで 上昇しました。 TOPIXは、25日に付けた年初来高値を3日ぶりに更新しています。   ◆前場の失速も意外でしたが、それを受けての後場の切り返しも意外でした。 確かにテクニカル指標で見ると、どの指標も高値警戒感を示唆していますし、北朝鮮リスクも まったく収束していないのですが、こうなってくるともう一段の上昇があることも考えておいた方が 良いのかもしれません。 あさにも書きましたように、いま売り方は評価損を抱えて苦しんでいる一方で買い方はどこを買っても 含み益が出ている状態で、買い方が圧倒的に有利な展開です。 またきのうの配当落ち分ですら日銀のETF買いで持ち上げようとするくらい、必死に株価を上げようと 政府が動き、それを日銀まで応援していることが見えてきます。 もちろん株価が下がると選挙で与党が不利になるからです。 実際に景気が良くなっている実感は全くありませんが、株価の上昇を選挙の材料にするのでしょう。 だからといって10月22日まで株が上がり続けると言っているわけではありませんが、 目先はまだ踏み上げ相場(売り方が損失確定のために買い戻しを入れてさらに株価が上昇する相場)が 続く可能性が高くなったかもしれません。 北朝鮮が暴挙に出るなどした場合には急落するかもしれませんが、そこも必死に日銀が買い支えるでしょうし、 週明けの2日は、9月まで15か月連続で続いている「月初の第一営業日は高い」の法則が待っています。 まったく買いたいとは思えませんが、少なくとも段階的に売り上がる場合には意外高に備えて 相当余裕をもった売り上がりがいいのかもしれません。   【9月7日にメルマガ配信した騰落率が大きい銘柄の実績です】 ☆売りシグナル点灯後14日目までの実績一覧はこちら ☆買いシグナル点灯後14日目までの実績一覧はこちら   ↓↓ 有料メルマガのお申し込みはこちらから ↓↓ ココから買う株、ココから売る株 ~騰落率の大きい個別銘柄~ http://foomii.com/00113(有料メルマガ配信サービス... 続きを読む

【メルマガ配信銘柄】9月6日分の実績です

日経平均は-63円安の20267円と続落しました。 9月末配当落ち分が130~140円程度あることから下落して始まり、安値では-116円安の 20213円まで下落しました。 売り一巡後は円安ドル高や、機関投資家による配当の再投資に伴う先物買い期待に加え、日銀のETF買い期待も あり、高値では-52円安の20278円まで下げ幅を縮小する場面もありましたが、戻りは限定的でした。 130~140円程度の配当落ち分を考慮すれば実質プラス圏ですが、年初来高値圏にあることから 利益確定売りも出て、配当落ち分を即日埋めることはできませんでした。   ◆これで日経平均は5日連続で陰線となり、5日線(今日現在:20327円)を下回って終わりました。 ただ一方で、過去3年間は9月の権利落ち日に配当落ち分以上に日経平均が下落していたことを考えれば、 きょうはしっかりしていた方だと思います。 それでも東証1部の売買代金は2兆円をわずかに上回った程度と2週間ぶりの少なさでしたが、 ジャスダック市場の売買代金は858億円と8日ぶりの多さとなり、日経ジャスダック平均株価は 配当落ちを埋めてさらに25日に付けた27年ぶりの高値を上回りました。 東証マザーズ指数も2%近く上昇していることからも個人投資家を中心に物色のほこさきは 新興市場に向いているようです。 先物夜間取引の開始前にドル円がさらに円安に振れていますし、米国株時間外取引も小じっかりですので とりあえずは21日の高値20370円を試す展開になるかもしれません。 もし同値近辺で高値が止められるようだと、その後はいったん売りが優勢となりそうです。 逆に20円超上回れば(20390円をつけられれば)最後の踏み上げ相場に入るかもしれません。 結果として上に抜けても止められても、反動から下げる場面は近そうに思います。   【9月6日にメルマガ配信した騰落率が大きい銘柄の実績です】 ☆売りシグナル点灯後14日目までの実績一覧はこちら ☆買いシグナル点灯後14日目までの実績一覧はこちら   ↓↓ 有料メルマガのお申し込みはこちらから ↓↓ ココから買う株、ココから売る株 ~騰落率の大きい個別銘柄~ http://foomii.com/00113(有料メルマガ配信サービス... 続きを読む

【メルマガ配信銘柄】9月5日分の実績です

日経平均は-67円安の20330円と反落しました。 朝方は、北朝鮮リスクが高まったことを受けての米国株安や円高が重しとなって安く始まりました。 売り一巡後は、9月末の配当・優待権利取りの買いなどを支えに下げ幅を縮小する場面もありましたが、 円高が進むと再度売られ、安値では-93円安の20303円まで下げ幅を広げました。 ドル円が1ドル111円台半ばで高止まりしたため、電機株などに採算悪化を懸念した売りが膨らみました。 9月期末の配当権利取りの買いや、機関投資家による「配当再投資」に伴う先物買いを意識した買いが入って 日経平均は一時-12円安まで下げ幅を縮めましたが、後場は寄り付きが高値となって再度弱含みました。   ◆これで日経平均は4日連続で陰線となり、11営業日ぶりに5日線(今日現在:20336円)を 下回って終わりました。 日経平均の配当落ちは130~140円程度となることから、心理的な節目の20000円と、 上にある5日線に挟まれてあしたは始まり、どちらを先にブレークするのかがポイントになりそうです。 テクニカル指標は総じて短期的な過熱感を示唆した状態が続いていますので、スピード調整を したいところですし、配当取りイベントが通過しただけに上値が重くなりそうです。 トランプ大統領の娘ムコのクシュナー氏の私用メール問題や北朝鮮リスクがどの程度米国株市場で 売り材料になるのか注目されますが、その一方でイランのミサイル発射が思ったほど 騒がれていないのが気になります。 国内では野田聖子総務相の夫が元暴力団幹部であったとする文春砲も意外と騒がれていません。 一般人のことならば「元」だからと問題視しないというのは分かりますが、野田聖子総務相は 来秋の総裁選に立候補するとしていたわけですから、日本のトップになる可能性があったわけです。 その夫が元暴力団幹部で前科二犯ですからもう少し話題になっても不思議はないのですが もしかするとすでに選挙に向けてメディア操作が始まっているのかもしれません。 そうだとすると市場が楽観視しているほど、安倍首相に余裕はないのかもしれません。   【9月5日にメルマガ配信した騰落率が大きい銘柄の実績です】 ☆売りシグナル点灯後14日目までの実績一覧はこちら ☆買いシグナル点灯後14日目までの実績一覧はこちら   ↓↓ 有料メルマガのお申し込みはこちらから ↓↓ ココから買う株、ココから売る株 ~騰落率の大きい個別銘柄~ http://foomii.com/00113(有料メルマガ配信サービス... 続きを読む

【メルマガ配信銘柄】9月4日分の実績です

日経平均は+101円高の20397円と反発しました。 21日に付けた終値ベースの年初来高値を更新して、2015年8月18日の20554円以来 約2年1カ月ぶりの高値をつけました。 朝方は、24日投開票のドイツ連邦議会選挙の結果を受けて円安ドル高が進行したことを好感して 高く始まると、高値では+157円高の20454円まで上昇しました。 25日付の読売新聞が、安倍首相は2兆円規模の新たな経済対策を年内に策定するよう指示する方針と 報じたことから政策期待も支えとなりましたが、買い一巡後は利益確定売りから上値の重い展開でした。 衆議院解散・総選挙への期待が高まっているものの、中長期志向の海外機関投資家が日本株に 本格的な買いを入れるのは政策の中身を見極めてからになりそうだとの声も聞かれました。   ◆過去の選挙期間中に相場が上がっていたことや、新たな経済対策期待、配当取りの買いに支えられて 大きな失速もなく終わりましたが、昼にも書きましたように寄り付きの値段を下回って引けましたので 日経平均は3日連続で陰線となりました。 あしたまでは配当取りの買いが入りますが、それでも毎日高く始まっては売りに押されている展開ですので 終値ベースの年初来高値を更新した割には盛り上がりに欠ける展開でした。 21日につけた取引時間中の年初来高値20481円も更新できませんでした。 その一方でテクニカル指標は総じて短期的な過熱感を示唆しています。 サイコロジカルラインが75%に乗せてきたのは5月11日以来で、このときは11日高値から 5営業日後の安値までは約540円下落しました。 もちろん75%を超えて83.3%まで上昇することもありますし、2015年6月1日のように 100%、つまり12勝0敗まで行くこともありますが、ほかのものとあわせて見ても かなり短期的な過熱感はあると思います。 ちなみに日経平均は、あすあさってと連騰すると10勝2敗の83.3%まで上昇します。 先物夜間取引はほぼ日中取引の終値20270円近辺で推移していますが 米国株時間外取引は少し安くなっていますので、北朝鮮・イランに対する地政学リスクの 高まりをきょうの米国株市場がどの程度反応するか注目ですね。   【9月4日にメルマガ配信した騰落率が大きい銘柄の実績です】 ☆売りシグナル点灯後14日目までの実績一覧はこちら ☆買いシグナル点灯後14日目までの実績一覧はこちら   ↓↓ 有料メルマガのお申し込みはこちらから ↓↓ ココから買う株、ココから売る株 ~騰落率の大きい個別銘柄~ http://foomii.com/00113(有料メルマガ配信サービス... 続きを読む

【メルマガ配信銘柄】9月1日分の実績です

日経平均は-51円安の20296円と5営業日ぶりに反落しました。 朝方は、円安基調が維持されたことを好感して小高く始まると、高値では+69円高の20417円まで 上昇しましたが、買い一巡後は上値が重く下落に転じました。 韓国の聯合ニュースによると、北朝鮮の李容浩外相が米国への対抗措置として太平洋上での水爆実験を行うとの 考えを示したため、円高が進むとともに利益確定売りが広がり、安値では-98円安の20249円まで 下落する場面がありました。 その後は大引けにかけて下げ渋ったものの、戻りは限定的でした。   ◆国内の機関投資家は中間決算を控えて売り場を探していたタイミングでしたが、 高値警戒感もあったので、北朝鮮の挑発がいい利食い売りのきっかけになった感じですね。 週末要因もあるなか、そう下げなかったのは一方で中間配当取りの買いも入ったということでしょう。 ただ小野寺五典防衛相も運搬手段がミサイルなら、日本上空を通過することも否定できないと コメントしていますように、水爆が日本上空を通過する可能性があるのに 本当に買っていてもいいのかという気もしますが。 もちろんそんなことはできないと思えば、安くなったところは買い場なのでしょうけれど さほど下げたわけでもないですし、個人投資家にとっては配当をもらってもそれ以上に 株価が下がってしまったら意味が無いと思います。 ましてや配当が出た分はきっちりと株価は下がるわけですから。 とりあえず週初は国内機関投資家の利益確定売りと中間配当取りの買いがぶつかりますが、 そのあとは中間配当の権利を取った個人投資家から利益確定売りが出る可能性もあります。 いずれにせよきょうの引け値がボリンジャーバンドの+2σ(今日現在:20317円)も 割り込んだことがどう影響してくるのか注目です。 基本的にはもう一度きのうの高値20481円にトライする可能性も残されているとは思っていますが、 あれば段階的に売り向かっていいと思います。   【9月1日にメルマガ配信した騰落率が大きい銘柄の実績です】 ☆売りシグナル点灯後14日目までの実績一覧はこちら ☆買いシグナル点灯後14日目までの実績一覧はこちら   ↓↓ 有料メルマガのお申し込みはこちらから ↓↓ ココから買う株、ココから売る株 ~騰落率の大きい個別銘柄~ http://foomii.com/00113(有料メルマガ配信サービス... 続きを読む

【メルマガ配信銘柄】8月31日分の実績です

日経平均は+37円高の20347円と4日続伸して、3日連続で年初来高値を更新しました。 朝方は、NYダウが7日連続で史上最高値を更新したことや、FOMC(米連邦公開市場委員会)で 米金利の先高観が示されたことを受けて円安ドル高が進行したため高く始まりました。 高値では+169円高の20481円まで上昇しましたが、その後は戻り売りからもみ合いとなりました。 日銀の金融政策決定会合は事前の予想通り現状維持でしたが、今回から審議委員として加わった 片岡剛士氏が現状の緩和策は不十分として金融政策の現状維持に反対票を投じたことから 今後は追加金融緩和圧力が強まるとの見方から、利ざや改善期待が後退する銀行株に売りが出て 相場全体の重しとなりました。 その後は+22円高の20332円まで上げ幅を縮小する場面もありましたが、2015年8月18日以来 2年1ヶ月ぶりの高値を付けました。   ◆いちおう高値からは約150円失速して終わりましたが、引け値はプラスでした。 戻り売りに上値を止められた部分もありますが、日銀の金融政策決定会合での反対票が少し流れを 変えましたね。 FOMCでの資産縮小開始は本来は株の売り要因となる話ですが、米金利が当初の予定通りに 年内1回、来年3回のペースで利上げされていくとの見方から円安ドル高が進行しました。 といっても米経済指標はだいぶまだら模様になってきていますので、予定通りに進められるかは 不透明な部分もあります。 夜間取引は小高く始まっていますが、米国株時間外取引は小安いので、円安だけに反応しています。 けさは窓をあけて高寄りしたあとに約150円失速していますので、早々に今日の高値20481円を 上に抜かないと、さすがに勢いで買われ過ぎたかもしれないとの認識になりやすいでしょう。 買い戻しに追い込まれた売り方も、次はこの値段さえ上抜けなければ調整が入りやすいと考えて、 戻りがあった場合でも売り直して再参戦してくると思います。 戻りは重くなりそうですので引き続き余裕を持った売り上がりの継続でいいと思っています。   【8月31日にメルマガ配信した騰落率が大きい銘柄の実績です】 ☆売りシグナル点灯後14日目までの実績一覧はこちら ☆買いシグナル点灯後14日目までの実績一覧はこちら   ↓↓ 有料メルマガのお申し込みはこちらから ↓↓ ココから買う株、ココから売る株 ~騰落率の大きい個別銘柄~ http://foomii.com/00113(有料メルマガ配信サービス... 続きを読む