シグナル配信銘柄の14日間の結果

【メルマガ配信銘柄】7月13日分の実績です

日経平均は-50円安の20029円と3日ぶりに反落しました。 朝方は、米国株市場でNYダウが6日連続で史上最高値を更新したものの、ナスダックが反落したことから ハイテク関連株への利益確定売りが優勢になりました。 その後は先物に断続的な売りが出たことから下げ幅を拡大すると、安値では-94円安の19985円をつけ、 取引時間中としては2日ぶりに2万円を割り込む場面がありました。 後場は、日銀のETF買い期待から下げ幅を縮小しましたが、円高が重しとなって戻りは限定的でした。 13時30分ごろに閣僚名簿が公表された改造内閣は事前の報道通りだったため、特に反応はありませんでした。   ◆裁定取引の解消売りから、値がさ株を中心に軟調な展開でしたが、下値では5日線(3日現在:19996円)や ボリンジャーバンドの-1σ(今日現在:19975円)が下支えになって大きくは崩れませんでした。 6月21日以降、5日線からのかい離率が1%未満の動きが続いています。 昨年の1月以降で見ても、かい離が1か月以上1%未満でおさまっていたことはありませんでしたので、 まれな動きと言っても良いでしょう。 三角持ち合いも煮詰まってきていますので、米雇用統計発表後の来週は「荒れるSQ週」になる可能性が あるので注意したいですね。 とくに今回は金曜日が祝日なため、SQが木曜日になり、SQ週の立ち合いが1日少なくなっている点も 荒れる要素の一つになります。   【7月13日にメルマガ配信した騰落率が大きい銘柄の実績です】 ☆売りシグナル点灯後14日目までの実績一覧はこちら ☆買いシグナル点灯後14日目までの実績一覧はこちら   ↓↓ 有料メルマガのお申し込みはこちらから ↓↓ ココから買う株、ココから売る株 ~騰落率の大きい個別銘柄~ http://foomii.com/00113(有料メルマガ配信サービス... 続きを読む

【メルマガ配信銘柄】7月12日分の実績です

日経平均は+94円高の20080円と続伸して、4営業日ぶりに2万円台を回復しました。 朝方は、1日の米国株高や、取引終了後に増収増益を発表したアップルが時間外取引で上昇したことで 関連株が買われて高く始まりました。 直近まで上昇していた銘柄や中小型株に利益確定売りが出て伸び悩む場面もありましたが、 円安を受けて再び上げ幅を広げると、高値では+127円高の20113円を付けました。 大引けにかけては上昇一服となりましたが、前日に下落が目立った中小型株は売りが一巡すると 買いが優勢になったことなどから高値圏で推移しました。     ◆結局きょうも上ヒゲでは抜けかけた三角持ち合いのなかにおさまって引けました。 下値は徐々に切り上がっているものの、上値も切り下がっている状況なので どちらかに大きく動きそうには見えますが、なかな勝負度合いをあげるという 雰囲気でもないですよね。 とりあえずココまでは、常に押し目買いと決め込んで下がったところを買ってきたプレイヤーが コツコツ利益を積み重ねていると思いますが、逆に振らされることも考えながらなので 大きくは取れていないでしょう。 やはり目先はボリンジャーバンドの+1σ(今日現在:20130円)を抜けたとしても 7月27日の高値20176円を抜けきれなかった場合には利益確定でしょうか。 うまく抜けても+2σ(今日現在:20206円)や+3σ(今日現在:20282円)が すぐ上で待っているだけに、大きくは期待しづらい面も否めません。   【7月12日にメルマガ配信した騰落率が大きい銘柄の実績です】 ☆売りシグナル点灯後14日目までの実績一覧はこちら ☆買いシグナル点灯後14日目までの実績一覧はこちら   ↓↓ 有料メルマガのお申し込みはこちらから ↓↓ ココから買う株、ココから売る株 ~騰落率の大きい個別銘柄~ http://foomii.com/00113(有料メルマガ配信サービス... 続きを読む

【メルマガ配信銘柄】7月11日分の実績です

日経平均は+60円高の19985円と3営業日ぶりに反発しました。 朝方は、円高が重しとなって小安く始まると、安値では-20円安の19904円まで下落しました。 売り一巡後は、決算発表を受けて好業績株物色する買いから上昇に転じました。 米国時間外取引が高く推移したこともあって、高値では+75円高の20000円まで上昇し、 取引時間中としては2営業日ぶりに2万円の大台を回復する場面もありました。 2017年4-6月期の決算発表が続くなか、好業績銘柄への買いが相場上昇を支え、 前日の米国株市場で金融株が上昇したことで投資家心理が改善しました。   ◆きょうもボリンジャーバンドの-2σ(今日現在:19893円)が下値を支えながら -1σ(今日現在:19976円)抜けをチャレンジする格好になりましたが、 まだ上抜けたと言い切れるほどの上昇にはなりませんでしたね。 きょうで2016年7月から続いている、「月初の第一営業日は高い」という法則は 14か月連続になりました。 きょうは法則が継続することを見越した買いも多かった気がしますのでまだ安心はできませんが、 テクニカル指標も割安圏を示唆するものが増えていることからも、引き続き先物夜間取引から明日にかけて 安いところがあった場合には-3σ(今日現在:19810円)を意識しながら買い下がってもいいと思います。   【7月11日にメルマガ配信した騰落率が大きい銘柄の実績です】 ☆売りシグナル点灯後14日目までの実績一覧はこちら ☆買いシグナル点灯後14日目までの実績一覧はこちら   ↓↓ 有料メルマガのお申し込みはこちらから ↓↓ ココから買う株、ココから売る株 ~騰落率の大きい個別銘柄~ http://foomii.com/00113(有料メルマガ配信サービス... 続きを読む

【メルマガ配信銘柄】7月10日分の実績です

日経平均は-34円安の19925円と小幅に続落しました。 朝方は、円高が重しとなって安く始まると、安値では-67円安の19891円まで下落しました。 売り一巡後は、企業決算発表を手掛かりにした個別銘柄の売買は活発でしたが、円高などを背景に 日経平均の上値は重く、小安い水準での方向感に乏しいもみ合いに終始しました。 東芝が8月1日付で東証2部に指定変更となるため、225銘柄に新規採用のエプソン の指数連動型ファンドへの組み入れなどに伴い、東証1部の売買代金は2兆9067億円と 6月16日以来の高水準でした。   ◆きょうは結局、ボリンジャーバンドの-2σ(今日現在:19899円)が下値を支えましたが -1σ(今日現在:19982円)が上値を抑える展開でした。 後場は値動きは小さいながらも、後場の安値引けとなっています。 この時間のドル円は落ち着いていますし、米国時間外取引もプラス転換しています。 WTIも50ドル台を回復している場面もありますし、テクニカル指標もだいぶ割安圏に近づいています。 先物夜間取引から明日にかけて安いところがあった場合には-3σ(今日現在:19815円)を 意識しながら買い下がってもいいような気がします。   【7月10日にメルマガ配信した騰落率が大きい銘柄の実績です】 ☆売りシグナル点灯後14日目までの実績一覧はこちら ☆買いシグナル点灯後14日目までの実績一覧はこちら   ↓↓ 有料メルマガのお申し込みはこちらから ↓↓ ココから買う株、ココから売る株 ~騰落率の大きい個別銘柄~ http://foomii.com/00113(有料メルマガ配信サービス... 続きを読む

【メルマガ配信銘柄】7月7日分の実績です

日経平均は-119円安の19959円と3日ぶりに反落しました。 朝方は、新規の手掛かり材料が乏しいなか利益確定売りから小安く始まると、その後は円高が進むとともに 下げ幅を広げる展開となりました。 後場はアジア株式相場の下落が投資家心理を冷やし、週末要因で手じまい売りが加速して安値では-153円安の 19926円をつける場面もありました。 27日の米国株市場でハイテク株が下落したことを受けて、きょうの東京市場でも半導体関連銘柄などが売られ、 さらに米国株時間外取引が安く推移していたことも重しとなりました。   ◆きょうもボリンジャーバンドは機能して、-2σ(今日現在:19915円)が下値を支えましたが その後は週末要因や国内政治のゴタゴタ、米国時間外取引の下落もあって戻りは鈍くなりました。 今晩には米GDP速報値の発表もありますので、週をまたいで買いポジションを持ち越すのは 手控えられた感じですね。 米GDP速報値自体は市場予想の前期比年率+2.7%を上回った場合、年内追加利上げの可能性が高まり、 ドル買いから円安に振れる可能性があります。 この時間のドル円は112円をはさんで落ち着いた動きとなっていますので、先物夜間取引で安いところが あった場合には-3σ(今日現在:19836円)までを意識しながら買い下がっても面白いかもしれません。   【7月7日にメルマガ配信した騰落率が大きい銘柄の実績です】 ☆売りシグナル点灯後14日目までの実績一覧はこちら ☆買いシグナル点灯後14日目までの実績一覧はこちら   ↓↓ 有料メルマガのお申し込みはこちらから ↓↓ ココから買う株、ココから売る株 ~騰落率の大きい個別銘柄~ http://foomii.com/00113(有料メルマガ配信サービス... 続きを読む

【メルマガ配信銘柄】7月6日分の実績です

日経平均は+29円高の20079円と続伸しました。 朝方は、米国株市場でNYダウとナスダックが史上最高値を更新した一方でドル円が円高になったことで 小安く始まりました。 その後は企業の2017年4-6月期決算に期待する買いからプラス転換しました。 後場に入ると先物にまとまった買いが入り、高値では+126円高の20176円を付ける場面もあり、 6月20日の終値ベースの年初来高値20230円に近づきました。 ただ上値では利益確定の売りが出て、取引終了にかけては急速に伸び悩みました。 民進党の蓮舫代表が辞意を固めたと伝わったことで、国内政治への一段の不透明感が強まり、 投資家心理を冷やした面もありました。 TOPIXは20日に付けた取引時間中の高値1634.96を更新する場面がありました。   ◆きょうはまさにボリンジャーバンドに沿った動きとなりましたね。 前場には安値が-1σ(今日現在:20004円)で下支えられて反発し、 後場には高値が+1σ(今日現在:20156円)を抜いたところから失速して 終値は25日線(今日現在:20080円)の水準でした。 上ヒゲが長めなので格好は良くはないのですが、引けまで無理してしまうと 戻りが短命に終わる可能性もあったので、ある意味これで良かったかもしれません。 後場の先物買いに慌てて買い戻しが入った流れを見ると、また今後も買い仕掛けが 入りやすいかもしれません。   【7月6日にメルマガ配信した騰落率が大きい銘柄の実績です】 ☆売りシグナル点灯後14日目までの実績一覧はこちら ☆買いシグナル点灯後14日目までの実績一覧はこちら   ↓↓ 有料メルマガのお申し込みはこちらから ↓↓ ココから買う株、ココから売る株 ~騰落率の大きい個別銘柄~ http://foomii.com/00113(有料メルマガ配信サービス... 続きを読む

【メルマガ配信銘柄】7月5日分の実績です

日経平均は+94円高の20050円と4営業日ぶりに反発しました。 朝方は、25日の米国株高や円安を好感して、輸出関連株を中心に幅広く買いが入りました。 先物買いも入ると高値では+160円高の20116円をつける場面もありましたが、 買い一巡後は利益確定売りに押されて伸び悩みました。 今晩まで開催のFOMC(米連邦公開市場委員会)の結果発表を前に、手控えられた格好です。 日経平均の2万円台回復は3営業日ぶりで、東証1部の売買代金は概算で2兆1965億円と、 4営業日ぶりに活況の目安となる2兆円を上回りました。   ◆朝方に高値を付けてしまった状況からすると朝の買いは買い戻しが中心だったようですが、 その後もボリンジャーバンドの-1σ(今日現在:20006円)が下支えとなりました。 終値での25日線回復はできませんでしたが、あす以降に期待させる動きでしたね。 FOMCは大方の予想では無風になりそうですが、そうなったことを確認したうえで 新たに戦いが始まるのかもしれません。 きのうの夜間取引ではあまり安いところがありませんでしたが、もし安いところがあれば 買ってみてもいいのかもしれませんね。   【7月5日にメルマガ配信した騰落率が大きい銘柄の実績です】 ☆売りシグナル点灯後14日目までの実績一覧はこちら ☆買いシグナル点灯後14日目までの実績一覧はこちら   ↓↓ 有料メルマガのお申し込みはこちらから ↓↓ ココから買う株、ココから売る株 ~騰落率の大きい個別銘柄~ http://foomii.com/00113(有料メルマガ配信サービス... 続きを読む

メルマガ配信銘柄 7月4日分の実績です

日経平均は-20円安の19955円と小幅に3営業日続落しました。 朝方は、円安を好感して主力株に買いが入り、高値では+60円高の20036円まで上昇しましたが、 その後は次第に上値が重くなり、前引けにかけて円高に押し返されたのに連れて小安い水準に下落しました。 後場は、前日終値近辺でのもみ合いに終始し、きょうから明日まで開催のFOMC(米連邦公開市場委員会)や 国内主要企業の4-6月期決算発表を控えて、様子見気分から方向感の乏しい展開となりました。 後場の日経平均はわずか約26円幅の動きで、東証1部の売買代金は1兆8865億円と3日連続で 活況の目安とされる2兆円を割り込みました。   ◆きょうは日銀のETF買い期待もあった割には誰も積極的には買わなかった印象です。 とりあえずまだ安値ではボリンジャーバンドの-2σ(今日現在:19926円)が意識されて 踏みとどまってはいますが、きのうに続いて現物が引けたあとの先物日中取引終値は 少し下がった位置で引けています。 どうせなら先物夜間取引で安いところを買わせてもらった方が、リバウンドを取れそうですね。 そのためにも夜間取引の寄り付きから下値を試してほしいと思います。   【7月4日にメルマガ配信した騰落率が大きい銘柄の実績です】 ☆売りシグナル点灯後14日目までの実績一覧はこちら ☆買いシグナル点灯後14日目までの実績一覧はこちら   ↓↓ 有料メルマガのお申し込みはこちらから ↓↓ ココから買う株、ココから売る株 ~騰落率の大きい個別銘柄~ http://foomii.com/00113(有料メルマガ配信サービス... 続きを読む

メルマガ配信銘柄 7月3日分の実績です

日経平均は-124円安の19975円と続落しました。 終値で2万円を割り込んだのは18日以来4営業日ぶりです。 朝方は、1ドル110円台後半への円高進行や21日の欧米株安などを嫌気して安く始まりました。 先物に売りが出ると下げ幅を拡大し、安値では-197円安の19901円をつける場面もありました。 後場に入ると日銀のETF買い期待を背景に、短期の値幅取りを狙った投資家による買い戻しなどから 一時2万円を回復する場面もありました。 東証1部の売買代金は概算で1兆9163億円と、活況の目安である2兆円を連日で下回っています。   ◆きょうは騰落レシオ6日が143.42と高値圏水準まで上昇してきましたが、応当日の関係で明日以降は 下がりやすくなります。 後場にも書きました三角持ち合いのなかからは下抜けせずに踏みとどまった格好ですね。 安値ではやはりボリンジャーバンドの-2σ(今日現在:19940円)が意識され、 こちらも踏みとどまった感じですが、さらに相場が大きく下がったときには各ラインは 下に拡がるということはいちおう含んでおいた方が良いでしょう。 ただ企業決算への期待感が後退しないままであれば、引き続き-2σを下回るようなところでは 小すくいの買いも有効だと思いますが、あくまでもリバウンドしたらすぐに利益確定するくらいの イメージでいたほうが無難だと思います。 [きょうまでの日経平均と三角持ち合い]   【7月3日にメルマガ配信した騰落率が大きい銘柄の実績です】 ☆売りシグナル点灯後14日目までの実績一覧はこちら ☆買いシグナル点灯後14日目までの実績一覧はこちら   ↓↓ 有料メルマガのお申し込みはこちらから ↓↓ ココから買う株、ココから売る株 ~騰落率の大きい個別銘柄~ http://foomii.com/00113(有料メルマガ配信サービス... 続きを読む