シグナル配信銘柄の14日間の結果

【シグナル配信銘柄】6月26日分の実績です

日経平均は+100円高の22697円と3営業日続伸しました。 朝方は、手掛かり材料難のなか小動きで始まりましたが、その後は3連休中の米国株が底堅く 推移したことや、円安ドル高が進行したことから堅調に推移しました。 後場に入ると、先物にまとまった買いが入ったことから上げ幅を広げ、高値では+234円高の 22832円まで上昇しましたが、買い一巡後は戻り売りに押されて伸び悩みました。 日経平均の終値は、6月15日以来約1ヶ月ぶりの高値となっています。   ◆けさは、手掛かり難から小動きで始まりましたが、その後は112円台半ばまで円安ドル高が 進んだことから、自動車など輸出関連株に海外投資家の押し目買いや買い戻しが入りました。 堅調な米国株市場の影響で、海外投資家による先物への買い戻しなども入ったようです。 一方で中国景気減速への警戒感から中国関連銘柄の機械株などが売られて相場の重しとなりました。 東証1部の売買代金は2兆5651億円、騰落銘柄数は値上がり1566銘柄、値下がり464銘柄、 日経225採用銘柄では値上がり175銘柄、値下がり47銘柄となっています。 ファナックが約33円、ソフトバンクが約13円など日経平均を押し下げました。 日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数はともに3営業日ぶりに反落しました。 日経平均は、今年1月23日に付けた年初来高値の24129円から3月26日に付けた年初来安値の 20347円までの下落に対する61.8%戻しの水準である22684円をきょうの終値で 上回っており、やや達成感が出やすい状況です。 後場につけたきょうの高値22832円からは約135円失速して、後場の安値で終わっていることも 戻り売り圧力が強いように見えます。 また高値ではボリンジャーバンドの+1σ(今日現在:22710円)を上回りましたが、 終値ではこれに押し返される格好となり、テクニカル指標はおおかたのもが高値圏にあることから、 短期的な過熱感は意識されていると思います。 きょうは米国株時間外取引が小動きで上海株が下落、ドル円も途中からは円高方向に押し返されるなか、 東証1部だけが上昇する展開でしたが、もし日経平均をどうしても23000円回復まで一度は 持っていきたいという買いの力が働いているのだとしても、そこは段階的な利益確定売りでいいと 思いますし、無理をして上昇を続ける方が反動安につながりやすくなると思います。 買うのであれば、水準訂正が進んでいる新興市場の押し目買いだと思いますし、大型株を買うのは 調整があった後で間に合うと思います。   ◆6月26日にシグナル配信した騰落率が大きい銘柄の実績です◆ ☆売りシグナル点灯後14日目までの実績一覧はこちら ☆買いシグナル点灯後14日目までの実績一覧はこちら   ↓↓ 有料メルマガのお申し込みはこちらから ↓↓ ココから買う株、ココから売る株 ~騰落率の大きい個別銘柄~ http://foomii.com/00113(有料メルマガ配信サービス... 続きを読む

【シグナル配信銘柄】6月25日分の実績です

日経平均は+409円高の22597円と大幅続伸しました。 朝方は、米中貿易摩擦の過度な警戒感が後退したことで米国株が上昇した流れを好感して 大きく上昇して始まると円安ドル高の進行も後押しとなって上値を伸ばす展開となりました。 後場に入ると米国株時間外取引の上昇から一段高となり、高値では+504円高の22692円まで 上げ幅を広げましたが、買い一巡後は大引けにかけて上値が重くなりました。 日経平均の終値は6月21日の終値22693円以来ほぼ3週間ぶりの高値となっています。 きょう算出の日経平均ミニ先物・オプション7月限のSQ値は22452円35銭でした。   ◆けさは、米中通商問題を巡って新たな悪材料が出なかったことから米中貿易摩擦への懸念がやや後退して 米国株高になった流れから幅広い銘柄が買われて大幅高で始まりました。 中国関連銘柄が上昇したほか、12日の取引終了後に好決算を発表したファーストリテやソフトバンクなど 主力の値がさ株が買われました。 ドル円が112円台後半まで半年ぶりの円安水準となったことから輸出関連株にも買いが入りました。 東証1部の売買代金は2兆5472億円とSQ算出日にもかかわらず低水準で、騰落銘柄数は 値上がり1547銘柄、値下がり473銘柄、日経225採用銘柄では値上がり193銘柄、 値下がり28銘柄となっています。 好決算を発表したファーストリテが約127円、ソフトバンクが約39円など日経平均を押し上げました。 日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数はともに続伸しましたが、マザーズの売買代金は 6月14日以来約1ヶ月ぶりの低水準でした。 日経平均をTOPIXで割ったNT倍率は13.06倍と98年12月9日の13.08倍以来となる 約20年ぶりの高水準まで上昇し、日経平均の割高感が顕著になりました。 日経平均は25日線(今日現在:22324円)を3週ぶりに上回って終わりましたが、 高値ではボリンジャーバンドの+1σ(今日現在:22719円)に接近する22692円までありました。 テクニカル指標はおおかたのもが高値圏を示唆しており、過去の傾向としてSQ前後に相場が転換点を 迎えることが多いことからも、目先は確実に利益確定売りを進めて次の押し目を待つ方がいいと思います。 新興市場はまだ力強さがありませんが、水準としては安い位置ですので押し目買いスタンスの 継続でいいと思います。   ◆6月25日にシグナル配信した騰落率が大きい銘柄の実績です◆ ☆売りシグナル点灯後14日目までの実績一覧はこちら ☆買いシグナル点灯後14日目までの実績一覧はこちら   ↓↓ 有料メルマガのお申し込みはこちらから ↓↓ ココから買う株、ココから売る株 ~騰落率の大きい個別銘柄~ http://foomii.com/00113(有料メルマガ配信サービス... 続きを読む

【シグナル配信銘柄】6月22日分の実績です

日経平均は+255円高の22187円と大幅反発しました。 朝方は、円安ドル高の流れを好感して高く始まると、米国株時間外取引や上海株市場も上昇したことから、 堅調に推移しました。 後場も、昼休みの時間帯に上海株の上昇幅が広がったことなどから上値を試す展開となり、 高値では+301円高の22233円まで上昇しましたが、大引けにかけては利益確定売りから 上げ幅をやや縮小しました。   ◆けさは、米国時間に一時112円台前半まで円安ドル高が進行したことを好感して高く始まりました。 その後も半年ぶりの円安水準となるなか、上海株市場の上昇を受けて投資家心理が改善すると 自動車など輸出関連株の一部に買いが入ったほか、米中貿易摩擦の悪影響を受けにくい内需株や ディフェンシブ銘柄が買われて相場の後押しとなりました。 ソフトバンクが10連騰するなど主力の値がさ株が買われて相場をけん引しましたが、 先物への買い戻しとそれに伴う裁定買いの影響も大きく寄与しました。 東証1部の売買代金は2兆3081億円、騰落銘柄数は値上がり1181銘柄、値下がり820銘柄、 日経225採用銘柄では値上がり117銘柄、値下がり103銘柄となっています。 裁定買いの影響でファーストリテが約67円、ソフトバンクが約63円など日経平均を押し上げました。 日経ジャスダック平均は反発、東証マザーズ指数は3日ぶりに反発しています。 日経平均は75日線(今日現在:22234円)に迫る22233円で高値が押さえられ、 終値では200日線(今日現在:22191円)を下回る22187円まで押し戻されましたが、 あすの7月限SQ値算出に絡んできょうも売り方の買い戻しが進んだことから、連日で 5日線(今日現在:22031円)は上回って終わりました。 荒れるSQ週はあすのSQを通過することで終わりますが、あしたの注目点は朝方に決まるSQ値を 取引時間中に上回り、これを割り込まないと安心感から株価は堅調に推移する一方で、 SQ値だけが高い位置で決まり、取引時間中にこれを上回れないと幻のSQ値となって 投資家心理が悪化して上値が急速に重くなることです。 日経平均のテクニカル指標はジワジワと上昇を続けており、すでに一部のものは高値圏を示唆し始め、 おおかたのものは高値圏に近い中立圏にあります。 傾向としてSQ前後に相場が転換点を迎えることが多いことからも、やはり上昇があった場合には 確実に利益確定売りを進めて次の押し目を待つ方がいいと思います。 新興市場はまだ力強さがありませんが、水準としては安い位置ですので押し目買いスタンスの 継続でいいと思います。   ◆6月22日にシグナル配信した騰落率が大きい銘柄の実績です◆ ☆売りシグナル点灯後14日目までの実績一覧はこちら ☆買いシグナル点灯後14日目までの実績一覧はこちら   ↓↓ 有料メルマガのお申し込みはこちらから ↓↓ ココから買う株、ココから売る株 ~騰落率の大きい個別銘柄~ http://foomii.com/00113(有料メルマガ配信サービス... 続きを読む

【シグナル配信銘柄】6月21日分の実績です

日経平均は-264円安の21932円と4営業日ぶりに大幅反落しました。 朝方は、トランプ米政権が今朝、2000億ドル(約22兆円)に相当する中国製品に10%の 追加関税を課す措置の原案を公表したことから、米中貿易摩擦が再燃して米国株時間外取引が大幅に 下落したことなどを受けて大きく下げて始まりました。 先物売りで下げ幅を広げると、安値では-452円安の21744円まで下落しましたが、 売り一巡後は後場にかけて下げ幅を縮小しました。 後場は、今晩の米国株の動きを見極めたいとの雰囲気もあり、小幅なもみ合いとなりました。   ◆けさは、米国株は上昇しましたがトランプ米政権が今朝になって2000億ドル(約22兆円)に 相当する中国製品に10%の追加関税を課す措置の原案を公表したことから米国株時間外取引が 大幅に下落し、幅広い銘柄に売りが出て大きく下げて始まりました。 日経平均は前場に-452円安まで売られる場面もありましたが、後場は日銀のETF買いも意識されて 下げ幅を縮小する動きとなりました。 米国による追加関税の対象拡大に対して中国商務省は声明で報復を示唆しており、米中貿易摩擦が 激化するとの警戒感から積極的な買いは見送られて戻りは限定的でした。... 続きを読む

【シグナル配信銘柄】6月20日分の実績です

日経平均は+144円高の22196円と3営業日続伸しました。 朝方は、9日の米国株高や円安ドル高の進行を受けて高く始まると、先物買いで上げ幅を拡大しました。 前場中ごろから後場中ごろに掛けては上値の重い動きが続きましたが、その後は円安ドル高が進んだことに あわせて再度上値を追う展開となり、高値では+269円高の22321円まで上昇する場面もありました。 買い一巡後は戻り売りに押され、大引けにかけて失速するときょうの安値で終わりましたが、 日経平均は終値で6月29日以来7営業日ぶりに200日移動平均線を回復しています。   ◆けさは、米国株高、円安ドル高を好感して高く始まると、引き続き先物を中心とした売り方の 買い戻しが相場をけん引しました。 ドル円が111円台前半と約1ヶ月半ぶりの円安水準になったことから、自動車や機械、電気機器といった 輸出関連株が幅広く買われました。 このところ下落が目立っていた非鉄金属株や銀行などにも買いが入って相場の後押しとなりましたが、 大引け間際には決算日を迎えた主なETFの運用会社が分配金支払いに必要な現金を捻出するために 先物に売りを出したことで指数を下押しし、日経平均、TOPIX、JPX400の主要3指数は そろってきょうの安値で終わりました。 東証1部の売買代金は2兆6087億円、騰落銘柄数は値上がり932銘柄、値下がり1094銘柄、 日経225採用銘柄では値上がり150銘柄、値下がり71銘柄となっています。 裁定買いの影響でファーストリテが約30円、ソフトバンクが約20円など日経平均を押し上げています。 日経ジャスダック平均は3日続伸しましたが、東証マザーズ指数は3営業日ぶりに反落しました。 日経平均は終値で6月29日以来7営業日ぶりに200日線(今日現在:22171円)を回復しましたが、 75日線(今日現在:22197円)は上回れず、25日線(今日現在:22381円)に近づいたところから 上値が重くなりました。 投資家の不安心理を計る日経平均ボラティリティー指数は前場に一時15.47ポイントまで下落して 取引時間中としては6月15日以来、約1ヶ月ぶりの低水準を付ける場面がありましたが、 その後16ポイント台前半まで下げ幅を縮小しました。 日経平均の上昇率+0.66%に対してTOPIXの上昇率は+0.25%にとどまりましたので、 NT倍率は終値ベースで12.93、一時12.95まで上昇してザラ場ベースでは半月ぶりの 高水準を付け、TOPIXに比べて日経平均の戻りが大きくなっていることを示しています。 テクニカル指標は中立圏まで回復しており、水準的な割安感は無くなりました。 金曜日の7月限SQに向けて売り方の買い戻しが続いていることから、ココまでは上に荒れるSQ週に なっていますが、米中貿易摩擦などまだ不安要因は残っています。 もしSQ前後までリバウンドが続くようであれば利益確定売りを進める場面と考え、 再度大きく下がるところがあれば段階的に余裕を持って買い下がるくらいのスタンスで いくのが無難だと思います。   ◆6月20日にシグナル配信した騰落率が大きい銘柄の実績です◆ ☆売りシグナル点灯後14日目までの実績一覧はこちら ☆買いシグナル点灯後14日目までの実績一覧はこちら   ↓↓ 有料メルマガのお申し込みはこちらから ↓↓ ココから買う株、ココから売る株 ~騰落率の大きい個別銘柄~ http://foomii.com/00113(有料メルマガ配信サービス... 続きを読む

【シグナル配信銘柄】6月19日分の実績です

日経平均は+264円高の22052円と大幅続伸しました。 朝方は、堅調な米雇用統計を背景に週末の米国株が上昇した流れを好感して高く始まりました。 その後も先物にまとまった買いが断続的に入って堅調に推移し、米国株時間外取引や中国・上海総合指数の 上昇も支えとなって、後場には高値で+317円高の22105円まで上昇する場面もありました。 その後は戻り売りでやや上値が重くなりましたが、6月29日以来約1週間ぶりに 22000円台を回復して終わっています。   ◆けさは、6月の米雇用統計で平均時給の上昇率が予想に届かず利上げ懸念がやや後退し、 好景気と低金利が併存する適温経済への期待が高まったことで、週末の米国株が上昇した流れを受けて 電子部品など好業績銘柄を中心に幅広く買いが入りました。 その後も米国株時間外取引に加えて中国などアジアの株式市場も堅調に推移するなか、 先物を中心に買い戻しが入って上げ幅を広げました。 西日本を中心とした水害の悪影響はひとまず限定的ととらえられましたが、米中貿易摩擦拡大への懸念は 根強く、積極的な取引は限られるなか東証業種別株価指数は全33業種中30業種が値上がりしました。 東証1部の売買代金は2兆415億円ときょうも少なく、騰落銘柄数は値上がり1649銘柄、 値下がり390銘柄、日経225採用銘柄では値上がり183銘柄、値下がり38銘柄となっています。 きょうもストップ高で終わったエーザイが1銘柄で日経平均を約56円押し上げたほか、裁定買いの影響で ソフトバンクが約32円、TDKが約17円、東京エレクが約13円など、押し上げています。 短期的な戻り期待で、日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数はともに大幅続伸しました。 日経平均は6月29日以来約1週間ぶりに22000円台を回復して終わっていますが、 テクニカル指標は底値圏にあるものが無くなり、おおかたが底値圏に近い中立圏になりました。 売買代金の盛り上げりに欠ける戻しでしたので、先物を中心とした買い戻しとそれに伴う 裁定買いの影響が大きく、7月限SQを週末に控えて荒れるSQ週になることにも警戒感が 残りますのでまだ注意は必要です。 統計開始以来最高水準まで上昇している空売り比率からも、将来的な空売りの買い戻しが 入りやすい状態ではありますが、米中貿易摩擦に関するニュースに振り回される可能性と、 SQ週特有の値幅が大きく動きやすいことが重なると、意外なところまで振幅があることは 含んでおいた方がいいと思います。 基本スタンスとしては、もし再度大きく下がるところがあれば段階的に余裕を持って買い下がり、 SQに向けて売り方の買い戻しでリバウンドに勢いがつくようならそこは利益確定売りを進める イメージだと思います。 新興市場も東証マザーズ指数、日経ジャスダック平均ともに大幅続伸となるなど好業績銘柄への 見直し買いが入っており、全体としての流れはいい状況ですが油断は禁物だと思います。   ◆6月19日にシグナル配信した騰落率が大きい銘柄の実績です◆ ☆売りシグナル点灯後14日目までの実績一覧はこちら ☆買いシグナル点灯後14日目までの実績一覧はこちら   ↓↓ 有料メルマガのお申し込みはこちらから ↓↓ ココから買う株、ココから売る株 ~騰落率の大きい個別銘柄~ http://foomii.com/00113(有料メルマガ配信サービス... 続きを読む

【シグナル配信銘柄】6月18日分の実績です

日経平均は+241円高の21788円と5日ぶりに大幅反発しました。 朝方は、欧米株高を受けて高く始まると、4日続落の反動から買い戻しも入って堅調に推移しました。 その後、中国・上海総合指数が朝高後に下落に転じたことなどから前引けにかけては上げ幅を縮小しました。 後場に入ると、米国が日本時間午後1時過ぎに対中制裁関税を発動したことを受けていったん売られましたが、 下値が限定的だったことから先物買いで再び上昇幅を広げる展開となり、高値では+319円高の 21866円まで上昇しました。 中国も米国に対して報復関税の発動方針を決めましたが、米国株時間外取引や中国株のプラス転換が 相場の後押しとなりました。   ◆けさは、米国株時間外取引が安くドル円はほぼ横ばいでしたが、昨晩の欧米株高を好感して 高く始まりました。 その後も堅調に推移しましたが、高く始まった上海株が下落に転じると、前引けにかけて 上昇幅を縮小しました。 後場に入ると、米国株時間外取引がプラス転換したことや、予定通り日本時間13時1分に 米国による対中追加課税が発動されたことをアク抜けととらえて先物に買い戻しが進み、 このところ売られていた景気敏感株にも買い戻しが入って上昇幅を広げる展開となりました。 上海株や香港株が上昇したことも投資家心理を後押ししましたが、今晩発表の6月の米雇用統計を 前に買い持ち高を減らす動きもあって、大引けにかけてはやや伸び悩みました。 投資家の不安心理を計るとされる日経平均ボラティリティー指数は、前日まで20ポイントを上回る 水準にありましたが、追加関税発動後には18ポイント台前半に急低下し、取引時間中としては 6月27日以来、約1週間ぶりの低水準を付けました。 東証1部の売買代金は2兆4273億円、騰落銘柄数は値上がり1684銘柄、値下がり362銘柄、 日経225採用銘柄では値上がり164銘柄、値下がり55銘柄となっています。 ストップ高となったエーザイが1銘柄で日経平均を約56円押し上げたほか、裁定買いの影響で TDKが約20円、ファナックが約15円、ソフトバンクが約12円など押し上げています。 短期的な戻り期待で、日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数はともに5日ぶりに反発しました。 日経平均は、きのうまで4日連続で下回っていたボリンジャーバンドの-2σ(今日現在:21619円)が きょうは下値サポートとなって安値は21642円で止まり、終値では5日線(今日現在:21729円)を 上回りました。 日経平均のテクニカル指標はまだ底値圏を示唆するものが多い状態ですので上振れ余地はありますが、 その一方できょうの戻しは直近の下落で大きく利益が出ていた売り方が、米雇用統計を前にして 利益確定のために買い戻しを進めた結果とも見えます。 いつリバウンドしてもおかしくない水準まで下落していたことに変わりはありませんでしたが、 来週は7月限SQを週末に控えており、荒れるSQ週になることにも警戒感が必要です。 まだ株価水準的にはかなり下がった位置ですので、今回は上に荒れる期待もありますが、 下がったところがあれば段階的に余裕を持って買い下がるスタンスは継続でいいと思います。 新興市場では東証マザーズ指数、日経ジャスダック平均ともに連日で年初来安値を更新したところから、 好業績銘柄を中心に押し目買いが入り始めています。 全体の流れに押されて下げていた好業績銘柄には引き続き投資妙味がありそうです。   ◆6月18日にシグナル配信した騰落率が大きい銘柄の実績です◆ ☆売りシグナル点灯後14日目までの実績一覧はこちら ☆買いシグナル点灯後14日目までの実績一覧はこちら   ↓↓ 有料メルマガのお申し込みはこちらから ↓↓ ココから買う株、ココから売る株 ~騰落率の大きい個別銘柄~ http://foomii.com/00113(有料メルマガ配信サービス... 続きを読む

【シグナル配信銘柄】6月15日分の実績です

日経平均は-170円安の21546円と4日続落しました。 朝方は、米国株市場が休場で手掛かり難のなか、小安く始まったあとは小幅高となる場面も ありましたが、模様眺めムードが広がって閑散となり、買いは続きませんでした。 後場は、米国株時間外取引が下落に転じたことや、中国上海総合指数が下落して午前中の取引を 終えたことなどから、先物売りで下げ幅を広げると安値では-254円安の21462円まで 下落する場面もありました。 その後は安値圏でのもみ合いが続きましたが、大引けにかけては買い戻しから下げ幅を縮小しました。   ◆けさは、米国株市場が休場で手掛かり難のなか、やや円高ドル安に振れたことなどもあって 小安く始まりましたが、その後は買い戻しからプラス転換する場面もありました。 米中両国による追加関税の発動が6日に迫るなか、機関投資家などの積極的な買いは乏しく、 主力の消費関連株に加え、株価が高値圏を保っていた銘柄にも利益確定売りが出て相場の重しとなりました。 また中国・上海株市場の下げが続き、中国景気の先行き不透明感が改めて意識されました。 日経平均の終値は4月4日以来、約3ヶ月ぶりの安値となりましたが、4日続落するのは 2月28日から3月5日まで以来約4ヶ月ぶりです。 米中の貿易摩擦に対する警戒や、米雇用統計の発表を前に様子見姿勢の投資家が多いことから 売買は引き続き低調で、東証業種別株価指数では全33業種が下落しました。 東証1部の売買代金は2兆2564億円、騰落銘柄数は値上がり185銘柄、値下がり1883銘柄、 日経225採用銘柄では値上がり42銘柄、値下がり180銘柄となっています。 日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数はともに4日続落して連日で年初来安値を更新しました。 日経平均は、4日連続でボリンジャーバンドの-2σ(今日現在:21669円)を下回っており、 終値では下値サポートして意識されていた52週線(今日現在:21726円)を割り込みました。 日経平均のテクニカル指標はほとんどのものが底値圏を示唆する状態が続いていますので、 いつリバウンドしてもおかしくない位置まで下落していることになります。 あとはあすの6月米雇用統計発表や、米中の追加関税の行方がどうなるかによって週明けから リバウンドできるかどうかが決まりそうです。 来週は7月限SQを週末に控えており、荒れるSQ週になることにも警戒感が必要ですが、 現在の株価水準がかなり下がった位置ですので、今回は上に荒れる期待もあると思います。 下がったところでは段階的に余裕を持って買い下がるスタンスは継続でいいと思います。 新興市場では東証マザーズ指数が2017年4月以来、フシ目の1000ポイントを割り込み、 日経ジャスダック平均も連日で年初来安値を更新しています。 売られ過ぎ水準まで下落している銘柄に関しては、投資妙味が意識され始めるのも近いかもしれません。   ◆6月15日にシグナル配信した騰落率が大きい銘柄の実績です◆ ☆売りシグナル点灯後14日目までの実績一覧はこちら ☆買いシグナル点灯後14日目までの実績一覧はこちら   ↓↓ 有料メルマガのお申し込みはこちらから ↓↓ ココから買う株、ココから売る株 ~騰落率の大きい個別銘柄~ http://foomii.com/00113(有料メルマガ配信サービス... 続きを読む