シグナル配信銘柄の14日間の結果

【シグナル配信銘柄】12月25日分の実績です

日経平均は-104円安の23763円と続落しました。 朝方は、米国株の大幅高や111円台前半への円安ドル高を受けて大幅高で始まると、高値では+216円高の 24084円まで上昇し、取引時間中としては約26年2ヶ月ぶりに24000円台を回復しました。 買い一巡後は利益確定売りから上げ幅を縮小するなか、午後2時過ぎに先物にまとまった売りが出たことを きっかけに下落転換しました。 米国株時間外取引で米株価指数が下落したことも重しとなって、安値では-168円安の23699円を つける場面もあり、TOPIX、JPX400も続落しています。   ◆朝方は大幅高で始まりましたが、その後は心理的なフシ目の24000円台を回復したこともあって、 達成感から利益確定売りに押される展開となりました。 東証1部の売買代金は3兆5901億円と最近のなかでは多くなり、騰落銘柄数は値上がり371銘柄、 値下がり1625銘柄、日経225採用銘柄では値上がり38銘柄、値下がり181銘柄でした。 前引けの段階で東証1部全体も日経225採用銘柄もすでに値下がり銘柄数の方が多くなっていましたが、 後場の下落転換で一気に値下がり銘柄数が増えました。 繰り返し書いていましたテクニカル指標の過熱感が意識されるなか、きのうの段階で東証1部の 予想PER(株価収益率)が17倍台半ばまで上昇していたことから、国内年金が持ち高調整の売りを 出し始める水準という意識も働きました。 寄り後は上値が重く、前引け段階で日経平均の200日線かい離率は+16.07%と高水準になっていた タイミングで後場に入って先物に売り仕掛けがあったため、一気に下落転換しました。 日経ジャスダック平均株価は続落してきょうの安値で終え、東証マザーズ指数は3日続落しています。 日経平均の引け値は5日線(今日現在:23790円)を下回ってきましたが、ココまでは 下値サポートとして意識されていただけに、早々にこれを回復できないとその下のサポートラインである 25日線(今日現在:23202円)も視野に入ってきます。 新興市場も短期的な過熱感が意識されて上値が重くなってきているだけに、投資資金の回転が 止まり始めていることには注意が必要です。 引き続き利益確定売りを進めて現金比率を高め、押し目買いに備えるタイミングだと思います。   ◆12月25日にシグナル配信した騰落率が大きい銘柄の実績です◆ ☆売りシグナル点灯後14日目までの実績一覧はこちら ☆買いシグナル点灯後14日目までの実績一覧はこちら   ↓↓ 有料メルマガのお申し込みはこちらから ↓↓ ココから買う株、ココから売る株 ~騰落率の大きい個別銘柄~ http://foomii.com/00113(有料メルマガ配信サービス... 続きを読む

【シグナル配信銘柄】12月22日分の実績です

日経平均は-83円安の23868円と3日ぶりに反落しました。 朝方は、16日の米国株安や円高ドル安が重しとなって大幅安で始まりました。 きのう大幅続伸して26年2ヶ月ぶりの高値水準となり、心理的な節目の24000円に 接近したこともあって利益確定売りから安値では-212円安の23739円まで下落しました。 売り一巡後は、来週から発表が本格化する国内主要企業の決算内容への期待から押し目買い意欲も強く、 円高一服や日銀のETF買い期待などもあって下げ幅を縮小しました。   ◆朝方は大幅安で始まりましたが、その後は円安に戻し始めたドル円の動きや日銀のETF買い期待、 米国株時間外取引が高いことを支えに、押し目買いから下げ幅を縮小しました。 東証1部の売買代金は2兆9364億円、騰落銘柄数は値上がり620銘柄、値下がり1381銘柄、 日経225採用銘柄では値上がり73銘柄、値下がり148銘柄となっており、いずれも値下がり銘柄数の方が かなり多くなっていますし、きのうの大幅高を支えたファナックが約43円、ファーストリテが約21円、 日経平均を押し下げていますので、よくこれでおさまったという印象です。 日経ジャスダック平均株価は10日ぶりに反落、東証マザーズ指数は続落しています。 日経平均は安寄りで5日線(今日現在:23779円)を下回ったところからリバウンド入りしましたので、 きのうの終値で回復したのに続いて5日線が下値サポートになっているように見えます。 ただ引き続きおおかたのテクニカル指標が高止まりしているなか、新興市場も短期的な過熱感や ビットコインの急落が重しになってきていますので、やはり戻りがあれば利益確定売りを進めた方が いいと思います。   ◆12月22日にシグナル配信した騰落率が大きい銘柄の実績です◆ ☆売りシグナル点灯後14日目までの実績一覧はこちら ☆買いシグナル点灯後14日目までの実績一覧はこちら   ↓↓ 有料メルマガのお申し込みはこちらから ↓↓ ココから買う株、ココから売る株 ~騰落率の大きい個別銘柄~ http://foomii.com/00113(有料メルマガ配信サービス... 続きを読む

【シグナル配信銘柄】12月21日分の実績です

日経平均は+236円高の23951円と大幅続伸しました。 9日につけた終値ベースの昨年来高値23849円を更新し、1991年11月15日の終値 24099円以来、26年2ヶ月ぶりの高値水準となりました。 朝方は、米国株市場は休場ながら時間外取引で上昇していることを好感して高く始まりました。 利益確定売りに押されて下落に転じる場面もありましたが下値は限定的で、売り一巡後は 円安を支えに先物買いも入って上昇幅を広げる展開となりました。 後場には高値で+247円高の23962円をつける場面もありましたが、世界的な景気回復期待が根強く、 日本株を強気に見ている海外投資家が主力株に買いを入れたとの見方もありました。   ◆朝方は小動きで始まったものの、その後は円安に戻し始めたドル円を支えに先物買いが入り、 裁定買いを誘って大幅上昇となりました。 意外高の展開となりましたが、中身は裁定買いによる値がさ株の上昇がほとんどで、ファナックが約57円、 ファストリテが約52円、ソフトバンクが約20円など、東京エレク、安川電機を含めた上位5銘柄で 日経平均を約152円押し上げています。 東証1部の売買代金は2兆4307億円、騰落銘柄数は値上がり972銘柄、値下がり980銘柄、 日経225採用銘柄では値上がり126銘柄、値下がり93銘柄となっていますが、TOPIXも続伸して 1991年6月以来、26年7ヶ月ぶりの高値をつけています。 日経ジャスダック平均株価は前場は利益確定売りから安くなっていましたが、後場に入って切り返すと 9日続伸して、連日で過去最高値を更新しました。 東証マザーズ指数は小幅に反落しています。 日経平均は9日の取引時間中の高値23952円を上回る23962円までつける場面がありましたが、 この水準を目安に買い上がっていたのか、そこで上昇が止まりました。 5日線を回復しましたが、さらに一段高となるにはテクニカル指標の高止まりが重しになると思います。 1月限のSQも通過したばかりで踏み上げ相場になりづらいタイミングですし、やはり短期的な過熱感も 意識されるだけに、上がったところは利益確定売りを進めるイメージでいいと思います。 押し目買いを意識し始めた先週金曜日の後場の安値からは400円近く上昇していますし、 24000円乗せがあれば目先の達成感も出やすくなるでしょう。 新興市場も過熱気味になってきていますので、大型株、中小型株ともに目先は利益確定売りを進めながら 押し目を待つ方がいいと思います。   ◆12月21日にシグナル配信した騰落率が大きい銘柄の実績です◆ ☆売りシグナル点灯後14日目までの実績一覧はこちら ☆買いシグナル点灯後14日目までの実績一覧はこちら   ↓↓ 有料メルマガのお申し込みはこちらから ↓↓ ココから買う株、ココから売る株 ~騰落率の大きい個別銘柄~ http://foomii.com/00113(有料メルマガ配信サービス... 続きを読む

【シグナル配信銘柄】12月20日分の実績です

日経平均は+61円高の23741円と4営業日ぶりに反発しました。 朝方は、前週末の米国株が連日で最高値を更新したことを受けて高く始まると、高値では+179円高の 23833円まで上昇する場面がありましたが、買い一巡後は約4ヶ月ぶりとなる110円台半ばへの 円高ドル安が重しとなり、+31円高の23685円まで上昇幅を縮小しました。 米長期金利の上昇を背景に銀行や保険などの金融株に買いが入ったほか、傘下の携帯事業会社を上場させると 伝わったソフトバンクが大幅上昇して指数を押し上げました。 ただ今晩の米国市場が祝日で休場のため、投資家の買い控えムードも広がりました。   ◆高く始まったものの、朝方につけた日経平均の高値23833円を抜けることはなく、 その後は4か月ぶりとなる110円半ばへの円高ドル安が重しとなり、今晩の米国株市場が 休場ということもあって見送りムードから上げ幅を縮小する展開となりました。 けっきょくきょうも5日線(今日現在:23743円)を下回って終わっています。 ソフトバンク(9984)が約32円、ファナック(6954)が約10円、日経平均を 押し上げていますが、実質的にはほぼ変わらずの水準でした。 東証1部の売買代金は2兆4901億円、騰落銘柄数は値上がり1162銘柄、値下がり812銘柄、 日経225採用銘柄では値上がり115銘柄、値下がり103銘柄となっています。 日経ジャスダック平均株価は8日続伸し、27年半ぶりに過去最高値を更新しました。 東証マザーズ指数も続伸し、昨年来高値を更新して約11年4か月ぶりの高値となっています。 テクニカル指標はまだ高止まりしているものが多く、短期的な過熱感は払しょくされてはいません。 週明けから押し目があれば買い下がるくらいのイメージでいましたが、金曜日の先物夜間取引までしか 安いところがありませんでしたので、上がるのであればやはり利益確定売りを進める方が いいかもしれません。 ドル円の円高も気になるところですが、12月の日銀短観によると大企業・製造業の17年度の 想定為替レートは110円18銭、下期では109円66銭となっていますので、 これに近づくようですと業績の下方修正懸念が出てきます。 そこまでの円高要因はないかもしれませんが、例年1月は月末に向けて円高に振れやすいという アノマリーもあるだけに、油断はできないところです。 新興市場も過熱気味になってきていますが、上昇が止まり始めると一気に利益確定売りから 下げに転じやすいだけに、大型株、中小型株ともに目先は利益確定売りを進めながら 押し目を待つ方が良さそうです。 あえていま買うのであれば、中小型の出遅れ銘柄くらいだと思います。   ◆12月20日にシグナル配信した騰落率が大きい銘柄の実績です◆ ☆売りシグナル点灯後14日目までの実績一覧はこちら ☆買いシグナル点灯後14日目までの実績一覧はこちら   ↓↓ 有料メルマガのお申し込みはこちらから ↓↓ ココから買う株、ココから売る株 ~騰落率の大きい個別銘柄~ http://foomii.com/00113(有料メルマガ配信サービス... 続きを読む

【シグナル配信銘柄】12月19日分の実績です

日経平均は-56円安の23653円と3日続落しました。 朝方は、11日の米国株市場の最高値更新を受けて小高く始まりましたが、1ドル111円台前半への 円高ドル安が重しとなって下落しました。 14時発表の2017年12月の景気ウオッチャー調査で、街角の景気実感を示す現状判断指数が 5か月ぶりに前月に比べて悪化したことを受けて、先物売りから下げ幅を拡大すると、 安値では-122円安の23588円まで下落しましたが、売り一巡後は日銀のETF買い期待から 下げ渋る動きとなりました。 きょう算出の日経平均ミニ先物・オプション1月限SQ値は23723円19銭でした。   ◆いちおう小高く始まったものの、けっきょく朝方につけた日経平均の高値23743円は ちょうど5日線(今日現在:23743円)上で止まり、引け値ではこれを下回りました。 きのうの終値は5日線上でしたので、連日で5日線を意識した動きとなっています。 来週初に早々にこれを回復するような動きになると買い安心感につながりそうです。 前引けのTOPIXが-0.50%安でしたので、日銀のETF買い期待もあって 大引けにかけては下げ渋りましたが、中身を見てみるとファーストリテが 約104円、ファナックが約34円、それぞれ日経平均を押し上げており、 もしこの2銘柄の上昇が無かったらそこそこの下落になっていました。 東証1部の売買代金は3兆2196億円で、騰落銘柄数は値上がり596銘柄、値下がり1385銘柄、 日経225採用銘柄では値上がり54銘柄、値下がり164銘柄となっていますので、 上記2銘柄の指数押し上げ効果が大きかったことがわかります。 日経ジャスダック平均株価は7日続伸し、27年半ぶりの高値水準となりました。 東証マザーズ指数は小幅反発して昨年来高値を更新し、約11年4か月ぶりの高値となっています。 テクニカル指標はきょうもまだ高止まりしていますので、短期的な過熱感が払しょくされた わけではありませんが、週明けからは押し目買いの準備を始めてもいいのかもしれません。 日経平均のもたつきから新興市場に流れ込んだ短期資金は、それなりに利益を生んでいると 思われますので、今度はそちらを利益確定して大型株の下支えとなる可能性もあります。 ドル円相場が落ち着いてくると、企業業績期待が再燃する部分もありますので 逆に今度は段階的に買い下がるイメージでもいいと思います。 ただし、最後に下落の値幅が出る可能性もありますので、あくまでも買い下がることが 大事だと思います。   ◆12月19日にシグナル配信した騰落率が大きい銘柄の実績です◆ ☆売りシグナル点灯後14日目までの実績一覧はこちら ☆買いシグナル点灯後14日目までの実績一覧はこちら   ↓↓ 有料メルマガのお申し込みはこちらから ↓↓ ココから買う株、ココから売る株 ~騰落率の大きい個別銘柄~ http://foomii.com/00113(有料メルマガ配信サービス... 続きを読む

【シグナル配信銘柄】12月18日分の実績です

日経平均は-77円安の23710円と続落しました。 朝方は、米国株安や円高を受けて大幅安で始まると、安値では-186円安の23601円まで下落しました。 売り一巡後は、中国当局が米国債の購入の減額や停止を検討しているとの一部報道を否定したことで、 ドル円相場が円安に振れたため日経平均は底堅い動きとなりましたが、自動車などの輸出関連銘柄や、 米国株市場でハイテク株が下落したことから半導体関連銘柄などが売られました。 また日銀が実施した国債買い入れオペ(公開市場操作)で長期国債の買い入れ額が前回と同額だったことから、 減額が続いて金融政策の正常化を急ぐとの懸念が後退し、買い戻しも入りました。   ◆円高進行を受けて大幅安で始まりましたが、その後はドル円の戻しにつれて底堅く推移しました。 前引けのTOPIXが安かったことで後場は日銀のETF買い期待もあり、安いながらも 日経平均はいちおう後場の高値で終わっています。 東証1部の売買代金は2兆8021億円で、騰落銘柄数は値上がり976銘柄、値下がり986銘柄、 日経225採用銘柄では値上がり103銘柄、値下がり120銘柄と、日経平均自体は前引けと ほぼ同水準で終わっていますが、いずれも値上がり銘柄数が前引け時点よりも増えていました。 日経ジャスダック平均株価は6日続伸して昨年来高値を更新した一方、東証マザーズ指数は 6営業日ぶりに反落しました。 残念ながら最後の買い仕掛けはありませんでしたので、先物は9日の日中高値24000円から 昨晩の夜間取引安値23540円まで500円近い下落となりました。 警戒水域に入っているテクニカル指標は、きょうもまだ高止まりしていますので、 短期的な過熱感が払しょくされたわけではありません。 ただ今日の株価チャートを見ると、終値がほぼ5日線(今日現在:23713円)上で 終わっていますので、下値サポートラインの一つ目の5日線が機能しているようにも見えます。 引けにかけての戻しは日銀のETF買い期待もあったと思いますが、5日線まで回復させて 引けさせたいという買い方の思惑もあったと思います。 あすのSQを通過すると踏み上げ相場は先物が24000円を超えてこないと起こらないと思います。 もし超えないながらも戻しがあれば、まだ大型株は段階的に利益確定売りしたいところです。 すでに中小型株もやや警戒感が出てきていますので、現金比率を高めながら中小型株の押し目を 待つのが無難だと思います。   ◆12月18日にシグナル配信した騰落率が大きい銘柄の実績です◆ ☆売りシグナル点灯後14日目までの実績一覧はこちら ☆買いシグナル点灯後14日目までの実績一覧はこちら   ↓↓ 有料メルマガのお申し込みはこちらから ↓↓ ココから買う株、ココから売る株 ~騰落率の大きい個別銘柄~ http://foomii.com/00113(有料メルマガ配信サービス... 続きを読む

【シグナル配信銘柄】12月15日分の実績です

日経平均は-61円安の23788円と小幅ながら4営業日ぶりに反落しました。 朝方は、きのうまでの3連騰で+1085円高していることから、急ピッチな上昇に対する警戒感で 利益確定売りが出て小幅安で始まりました。 その後は9日の米国株市場が最高値を更新していることを好感した買いも入り、上昇に転じる場面も ありましたが、円高が重しとなって利益確定売りが続き、再度下落転換しました。 後場に入ると安値では-94円安の23755円まで下げる場面もありましたが、世界景気や企業業績への 期待から押し目買いも入って相場を下支えしました。   ◆やはり連日のボリンジャーバンドの+3σ(今日現在:24082円)超を含むテクニカル指標の 高まりから、高値警戒感が台頭して上値は重くなりました。 またきょうはファストリテ(9983)や東エレク(8035)など指数への寄与度が大きな値がさ株が 裁定取引解消売りの影響で値下がりし、この2銘柄で日経平均を約36円押し下げています。 東証1部の売買代金は2兆7931億円で今年初の3兆円割れとなり、騰落銘柄数は値上がり969銘柄、 値下がり1007銘柄、日経225採用銘柄では値上がり114銘柄、値下がり101銘柄と、 きょうも225銘柄の方は値上がり銘柄数の方が多くなっていますが、今年初のマイナスで終わっています。 日経ジャスダック平均株価、東証マザーズ指数ともに出来高を伴って5日続伸して昨年来高値を更新するなど、 引き続き個人投資家を中心とした積極的な売買が新興市場では継続しています。 きのうの終値で警戒水域に入ってきたことを書いたテクニカル指標ですが、きょうもまだ騰落レシオ6日が 138.23、ストキャスティクス9日が91.76、RSI14日が83.15と高止まりしています。 それでも金曜日に1月限SQを控えていることから、買い仕掛けが入ってSQ前に最後の踏み上げ相場が ある可能性も残されています。 むしろあす高く始まってもう一度24000円を目指すような展開になった方が、目先的には いい売り場になる可能性が高まります。 ただ大型株を段階的に利益確定売りしても、現在は中小型株もやや警戒感が出てきていますので、 あらたに買うのは押し目を待ってからの方が無難でしょう。 勢いがある中小型株をすぐに買う場合には、機敏な対応をした方がいいかもしれません。   ◆12月15日にシグナル配信した騰落率が大きい銘柄の実績です◆ ☆売りシグナル点灯後14日目までの実績一覧はこちら ☆買いシグナル点灯後14日目までの実績一覧はこちら   ↓↓ 有料メルマガのお申し込みはこちらから ↓↓ ココから買う株、ココから売る株 ~騰落率の大きい個別銘柄~ http://foomii.com/00113(有料メルマガ配信サービス... 続きを読む

【シグナル配信銘柄】12月14日分の実績です

日経平均は+135円高の23849円と3日続伸し、3日連続で昨年来高値を更新しました。 朝方は、8日のナスダックが連日で最高値を更新したことなどから大幅高で始まると、 寄り付き直後の高値では+238円高の23952円まで上昇する場面もありましたが、 買い一巡後は、円高に振れだしたことを受けて先物から売られて上げ幅を縮小しました。 後場に入ると持ち直す場面もありましたが戻りは限定的で、大引けにかけてはもみ合いとなりました。 2010年以来となる大発会からの3営業日続伸で、1991年11月15日の終値24099円以来、 約26年2ヶ月ぶりの高値水準となっています。   ◆けさも大幅高で始まると、ボリンジャーバンドの+3σ(今日現在:23915円)を 上回って寄り付きましたが、引け値では押し返されてこれを下回りました。 日経平均の株価チャートは、3営業日連続で前日終値を大きく上回って始まる三空となりましたが、 きょうは始値よりも終値の方が安い陰線となったことで目先の一服感も出てきています。 中身を見ても、きょうもファストリテ(9983)や東エレク(8035)など指数への寄与度が大きな 値がさ株が裁定取引の買いで日経平均を押し上げていますので、指数の上昇ほど全体が強い 感じはしませんでした。 東証1部の売買代金は3兆1112億円と年初から3営業日連続で3兆円を上回りましたが、 騰落銘柄数は値上がり1185銘柄、値下がり795銘柄、日経225採用銘柄では値上がり148銘柄、 値下がり72銘柄と、225銘柄中心の上昇だったことがわかります。 日経ジャスダック平均株価、東証マザーズ指数ともに4日続伸して昨年来高値を更新し、 マザーズ市場の売買代金は半年ぶりの高水準となるなど、個人投資家の積極的な売買が継続しています。 きょうの終値で、騰落レシオ6日が165.43、ストキャスティクス9日が96.04、 RSI14日が79.75と、いよいよテクニカル指標はおおむね警戒水域に入ってきています。 またボリンジャーバンドの+3σ(今日現在:23915円)を取引時間中に上回っていることも 引き続き警戒ポイントです。 ただ今週末に1月限SQを控えており、11月限SQではSQに向けて踏み上げ相場が継続し、 12月限SQではSQに向けて安値模索となっただけに、ココまでくると金曜日のSQにかけて まだ踏み上げ相場が継続して上昇する可能性も残されています。 イメージ的には市場の特殊要因でまだ上がるならなおさら売りという感じですので、 上がれば上がっただけより積極的に利益確定売りをした方がいいと思います。   ◆12月14日にシグナル配信した騰落率が大きい銘柄の実績です◆ ☆売りシグナル点灯後14日目までの実績一覧はこちら ☆買いシグナル点灯後14日目までの実績一覧はこちら   ↓↓ 有料メルマガのお申し込みはこちらから ↓↓ ココから買う株、ココから売る株 ~騰落率の大きい個別銘柄~ http://foomii.com/00113(有料メルマガ配信サービス... 続きを読む