日経225&JPX400銘柄のシグナル点灯

9月29日 後場【日経225 & JPX400】シグナル点灯銘柄

前場の日経平均は-58円安の20305円と反落しました。 朝方は、円安進行が一服したことを受けて大型外需株を中心に利益確定売りが先行して安く始まりました。 その後は下げ渋る場面もありましたが、9月中間期末のため全般的に見送りムードとなって再び弱含むと、 安値では-78円安の20285円を付ける場面があり、売り一巡後の戻りも限定でした。 週末、月末、9月中間期末に加え、北越紀州製紙と明電舎が外れ、 日本郵政とリクルートHDが新規に採用される日経平均採用銘柄入れ替えなどの 指数イベントもあって、手控え気分が強まりました。   ◆米税制改革への期待感が後退し、9月中間期末、月末、週末と重なっていることもあって、 積極的な売買はありませんでした。 確かに私が山一證券でディーラーをしているころも、こういうタイミングでは売買を控えるように 上司から言われていました。 ひとつめの理由はそれまでに積み上げた利益が中間期末でマイナスになってしまうことを避けるため、 ふたつめは見送りムードになるなか、無理して売買する必要が無いとの判断でした。 それでも半期でマイナスになっているプレイヤーはそうも言っていられないと思います。 後場も基本的には様子見ムードになるとは思いますが、大引けにかけては日経225銘柄の 入れ替えに伴う売買がまだ残っているかもしれません。 また前引けのTOPIXは-0.32%安でしたので、日銀のETF買い期待や週明け2日の 「月初の第一営業日は高い」という法則の継続を信じて買ってくることもありえます。 それでもあまり積極的に参加するイメージは持てません。   ◆後場にシグナルが点灯した日経225&JPX400銘柄です◆ ☆半日足分析 〔売りシグナル〕 6366:... 続きを読む

9月28日 後場【日経225 & JPX400】シグナル点灯銘柄

前場の日経平均は+58円高の20325円と3日ぶりに反発しました。 朝方は、税制改革案を好感した米国株高やドル円がやや円安に振れたことから高く始まると、 寄り付き直後には+132円高の20399円をつける場面もあり、25日に付けた年初来高値の 20397円を上回りました。 買い一巡後は、手掛かり材料に乏しいことや、戻り待ちの売りに上値を抑えられ、前引けにかけて 上げ幅を縮小しました。   ◆前引けの日経平均は+58円高でしたが、高値からは73円強の失速となりました。 あすは9月中間期末、月末、週末となるうえに、日本郵政の指数組み入れに伴うリバランスの売買も あるようで、日本郵政を買うために他の銘柄を売る動きとなっているようです。 先物は現物市場が始まる前に20410円の高値をつけましたが、夜間取引の高値20430円には 届きませんでした。 ただ後場に入ってドル円の113円台乗せにあわせて再度上値を試す展開となっています。 きのう夕方の発表を見ると、やはり日銀は739億円のETF買いを入れていました。 相場が下がったのは単に配当落ちによるもので、実質的にはプラス圏で終始推移していたにもかかわらず、 それでも買い上げようとするのは完全にPLO(プライス・リフティング・オペレーション=株価引き上げ策) なのですが、誰もおかしいと言わないようです。 株が上がっていればみんなが喜ぶというのはおかしな理屈で、下がったところで買う機会を奪っているため 海外投資家も日本株から離れていっています。   ◆後場にシグナルが点灯した日経225&JPX400銘柄です◆ ☆半日足分析 〔売りシグナル〕 2432:... 続きを読む

9月27日 後場【日経225 & JPX400】シグナル点灯銘柄

前場の日経平均は-59円安の20270円と続落しました。 きょうは9月末配当などの権利落ち日で、配当落ち分が約130円程度あることから下落して始まり、 安値では-116円安の20213円まで下げる場面もありました。 売り一巡後は、円安ドル高の進行や、機関投資家による配当の再投資に伴う先物買い期待を支えに、 下げ渋りましたが、戻りは限定的でした。 日経平均は年初来の高値圏にあることから利益確定の売りも出ており、配当落ち分を埋めるほどの 株価上昇の勢いはありませんでした。   ◆前引けの日経平均は-59円安でしたが、先物はきのうの日中取引終値からみると+90円高で 始まりましたし、配当落ち分が日経平均を130~140円ほど押し下げていることを考慮すれば、 しっかりしていたと思います。 前場中ごろからは配当の再投資期待に加えて、日銀のETF買い期待もあって戻した感じでしたが 米国株時間外取引も小高いですし、円安も好感されました。 きのうの米国株市場ではトランプ大統領の娘ムコであるクシュナー氏の私用メール問題がほとんど 材料視されませんでしたが、国内では文春砲に書かれた野田聖子総務相の夫が元暴力団幹部問題も ほとんど報道されていません。 ということは今回はメディアは自民党を応援する方向で報道している感じですね。 前場のTOPIXは-0.57%安で終わっていますが、これはほとんどが配当落ち分です。 それでも相場が下がれば買って上げさせる方針の日銀のETF買いは入る可能性がありますし、 逆に早い段階できょうは入らないと判断された場合には失望感から失速の原因になるかもしれません。 そうなるとテクニカル指標の短期的な過熱感は相変わらず継続していますので、 買い手控えられることもありえます。   ◆後場にシグナルが点灯した日経225&JPX400銘柄です◆ ☆半日足分析 〔売りシグナル〕 4555:... 続きを読む

9月26日 後場【日経225 & JPX400】シグナル点灯銘柄

前場の日経平均は-20円安の20377円とわずかに反落しました。 朝方は、北朝鮮リスクが高まったことを受けての米国株安や円高が重しとなって安く始まりました。 安値では-89円安の20308円まで下げましたが、売り一巡後は徐々に下げ渋りました。 きょうは9月末の配当権利付き最終売買日であることから権利取りの買いや、午後から本格化すると予想される 配当再投資のための機関投資家による先物買いに、先回りする買いが入って下げ幅を縮小する動きとなり TOPIXはプラス圏で前場を終えました。 米国株市場でハイテク株が売られた流れを受けて、東京市場でも値がさハイテク株が売られました。   ◆前場はやはり配当取りの動きから下げ渋りましたが、昼休みの時間帯には北朝鮮リスクが意識され やや円高・先物安となりました。 つまり現物市場があいていると配当取りの買いが入って支えられますが、現物に買いが入らない 昼休みの時間帯にはリスクオフの流れになるということで、いかに配当取りや先物再投資への 期待が下支えしたかということの表れとなっています。 前場の日経平均は始値よりも終値が高くなる小幅な陽線となりましたが、日足が4日連続陰線になるのか どうかも注目です。 テクニカル指標の短期的な過熱感は継続していますし、あす以降に出ると予想される権利を取った銘柄の 利食い売りが上値を重くすると思いますので、まだ上がるところがあれば売りのイメージだと思います。   ◆後場にシグナルが点灯した日経225&JPX400銘柄です◆ ☆半日足分析 〔売りシグナル〕 1719:... 続きを読む

9月26日 前場【日経225 & JPX400】シグナル点灯銘柄

25日の米国株市場は NYダウが-53.50ドル安の22296.09ドルと3日続落、 ナスダックが-56.329ポイント安の6370.593ポイントと反落しました。 トランプ大統領のツイッターへの投稿を巡り、北朝鮮の李容浩外相が「明確な宣戦布告」と発言しました。 これを受けて米朝間の更なる関係悪化が警戒され、NYダウは-130ドル超まで下げる場面がありました。 新型スマートフォンの販売を巡る不透明感からアップルは4日続落し、最高経営責任者の株式売却を 発表したフェイスブックが大幅安となり、アルファベット(グーグル)や画像処理半導体(GPU)の エヌビディアなど、高値圏にあったハイテク株全般に売りが広がりました。 一方で需給改善期待からニューヨーク原油先物(WTI)相場が一時、期近物としてほぼ5カ月ぶりの 高値を付けたことで石油関連株が買われて相場を下支えしました。   ◆けさは円高、米国株安を受けて安く始まっていますが、米国株時間外取引は落ち着いた動きとなっていますし きょうまでは配当取りの買いも入るでしょうから、これが下支え要因になりやすいでしょう。 配当落ちするあしたからは、配当を取ったうえでの利食い売りに変わりやすいことに注意が必要ですし、 引き続き北朝鮮の動向にも目が離せません。 衆議院解散・総選挙は、当初は選挙期間中の株高が意識されて買い材料視されていましたがここへきて 安倍首相の会見を見ても、自民圧勝のシナリオは少し揺らいできている可能性もあります。 森友・加計問題隠しの批判があるなか、自民党内もゴタゴタを抱え、民進党が分裂で自滅気味でも 小池新党が都議選の時のように受け皿になって躍進する可能性があるからです。 いずれにせよ短期的な相場の過熱感を冷ますためにも調整は入りやすくなっているということも考えれば、 この水準で買うという選択肢はないと思いますし、それなりの調整は近いと思います。   ◆前場にシグナルが点灯した日経225&JPX400銘柄です◆ ☆日足分析 〔売りシグナル〕 1605:... 続きを読む

9月25日 後場【日経225 & JPX400】シグナル点灯銘柄

前場の日経平均は+118円高の20414円と反発しました。 朝方は、24日投開票のドイツ連邦議会選挙の結果を受けて円安ドル高が進行したことを好感し、 高く始まりました。 25日付の読売新聞が、安倍首相は2兆円規模の新たな経済対策を年内に策定するよう指示する方針と 報じたことも支えとなって、高値では+157円高の20454円まで上昇する場面もありましたが、 日経平均は年初来高値圏にあることから、買い一巡後は利益確定売りも出て上値の重い動きとなりました。   ◆北朝鮮、イランのミサイル発射問題や自民党内のゴタゴタは無視して、配当取りの動きが中心となって 前場は強い動きでした。 ただ日経平均の寄り付きが20439円と、かなり高く始まりましたので前場の終値では 寄りよりも引け値の方が安い陰線になっており、21、22日の日足に続いて三連続陰線になっています。 株価チャートをさかのぼってみても、安値圏で陰線が3本続いて反転上昇することはありますが、 高値圏で3本続いた場合にはその後の株価は調整することが多くなっています。 もしきょうの終値が20439円を下回って陰線になると、あしたまでは配当の権利取りの買いが入りますが、 それ以降は逆に権利を取った投資家の利食い売りが出やすいことも併せて考えて、そろそろかなと思います。 テクニカル指標もまた軒並み短期的な過熱感を示唆しているなか、前場試算ではサイコロジカルラインも 高値圏を示唆する75%に到達しました。 過去のサイコロジカルラインで見ると、9勝3敗の75%か10勝2敗の83.3%まで上昇すると その後は下落転換する可能性が高まります。   ◆後場にシグナルが点灯した日経225&JPX400銘柄です◆ ☆半日足分析 〔売りシグナル〕 2181:... 続きを読む

9月25日 前場【日経225 & JPX400】シグナル点灯銘柄

22日の米国株市場は NYダウが-9.64ドル安の22349.59ドルと小幅に続落、 ナスダックが+4.229ポイント高の6426.922と3日ぶりに反発しました。 トランプ大統領が北朝鮮への経済制裁強化に踏み切り、それに対抗して北朝鮮が水爆実験の実施を示唆して 挑発するなど、地政学リスクが再燃していることから警戒感が意識されました。 共和党が来週に上院での採決を予定する医療保険制度改革(オバマケア)改廃法案を巡り、 共和党重鎮のマケイン上院議員が法案に反対を表明し、成立が難しくなったとの見方が広がり それまで下げていたヘルスケア関連株が買い戻され、引けにかけて下げ幅を縮小しました。 新モデルを発売したアップルは、一部で売れ行きが懸念されて週間の下げ幅が5%に達しました。 長期金利の下落で金融株も売られましたが、全体を積極的に売り込むほどの悪材料は見当たらず、 取引終盤にかけて下げ渋りました。  25(月)独景況感指数 26(火)7月日銀金融政策決定会合議事要旨、米8月新築住宅販売件数、米9月消費者信頼感指数 28(木)臨時国会召集(冒頭で衆議院解散の可能性)、米4-6月期GDP確定値 29(金)国内8月消費者物価・労働力調査・有効求人倍率・家計調査・鉱工業生産   ◆先週末の米国株市場は高安まちまちでしたが、ドイツ連邦議会選挙の結果を好感して 週明けのドル円が円安になっていることからけさは高く始まりました。 北朝鮮をめぐるリスクが根底にあり、ココへきてイランまでミサイル発射実験をしています。 野田聖子総務相の文春砲や福田副内閣相の離党問題などもありますが、円安と配当取りの動きが 優勢になっているようです。 また読売新聞が報じた安倍首相は消費税の増収分の使途変更を表明した上で、2兆円規模の経済対策を 年内に策定するよう閣僚に指示する方針との内容が株高円安に反応させているようです。 21日の取引時間中の高値20481円を再度試しに行く展開になるかもしれませんが 先日も書きましたように、一度勢いでつけた高値や安値をその後もう一回トライしに行って 同値くらいで止められたときには相場が反転しやすくなりますので、配当取りが続く明日までは この20481円を強く意識した展開になりそうです。 もちろんこの値段を抜けなければ、今回は下落に転じる可能性が高くなります。   ◆前場にシグナルが点灯した日経225&JPX400銘柄です◆ ☆日足分析 〔売りシグナル〕 1883:... 続きを読む