相場概況

5月8日 後場の相場概況

前場の日経平均は+69円高の22536円と3営業日ぶりに反発しました。 朝方は、108円台後半まで円高ドル安が進んだことが重しとなって、寄り付き直後には安値で -43円安の22423円をつけましたが、下値は限定的で売り一巡後は上昇に転じました。 米国株高や企業の好決算が支えとなり、先物買いも入って持ち直すと高値では+99円高の 22566円まで上昇する場面もありました。   ◆けさは、ドル円が108円台まで円高に振れたことを嫌気して小安く始まりましたが、 その後は欧米株市場が堅調に推移していることや今週ピークを迎える企業決算がおおむね好調なこと、 朝方は小安かった米国株時間外取引がプラス転換したことなどから切り返しました。 欧米株高で投資余力の増えた海外投資家が、TOPIX先物を中心に買いを入れたとの観測もありました。 一方で輸出関連株の一角が売られて重しとなっています。 また8日から国会が正常化すると伝わったことで、政治リスクがいったん後退したと 受け止められたことも相場の下支えになりました。 東証1部の売買代金は1兆2580億円、騰落銘柄数は値上がり1503銘柄、値下がり512銘柄、 日経225採用銘柄では値上がり152銘柄、値下がり65銘柄でした。 米国株高を受けて、日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数ともに3日続伸しています。 テクニカル指標は高値圏を示唆する状態が続いていますが、引き続き買い戻し意欲が強いように 見えます。 週末に5月限SQを控えていますが、ココまでは売り方がSQ値を安い位置で決めようと 売り崩す動きはまったく見られません。 荒れるSQ週になる可能性はまだありますが、今回は上に荒れる、つまりSQ値算出あたりまで 買い方が頑張る可能性の方が高まっているのかもしれません。 ただSQ値が高く終わったあとは、やはり過熱感が意識されやすい位置にありますので ココからさらに上値を試す場面があった場合には段階的に利益確定売りを進めていくイメージで いいと思います。   ◆4月12日にシグナル配信した騰落率が大きい銘柄の実績です◆    ↑ 4月2日のメルマガ配信分より、今回のシグナル点灯の期待度を表記しています ☆売りシグナル点灯後14日目までの実績一覧はこちら ☆買いシグナル点灯後14日目までの実績一覧はこちら   ↓↓ 有料メルマガのお申し込みはこちらから ↓↓ ココから買う株、ココから売る株 ~騰落率の大きい個別銘柄~ http://foomii.com/00113(有料メルマガ配信サービス... 続きを読む

5月7日 後場の相場概況

前場の日経平均は-100円安の22372円と続落しました。 朝方は、週末の米国株高を受けて小高く始まりましたが、買い一巡後は一時108円台半ばまでの 円高ドル安進行が重しとなって下落に転じました。 先物売りから安値では-121円安の22350円まで下げ、その後の戻りも限定的でした。 輸出採算の改善期待が後退した自動車などの輸出関連株に売りが優勢となり、米長期金利の低下を背景に 金融株が軟調となっています。 また米原油先物(WTI)はアジア時間で1バレル70ドルの大台を突破しました。   ◆けさは、米国株高や米国株時間外取引が高いことを受けて小高く始まりましたが、 その後は109円を割り込む円高ドル安を嫌気した売りに押されました。 米4月雇用統計が市場予想よりも弱い内容となったことを受けて米国株は上昇しましたが、 円高ドル安が重しとなって前場のTOPIXは-0.41%安で終わっています。 ドル円が110円をつけたことで目先の達成感が出ている部分もあり、利益確定のドル売り円買いが 進んで日本株の重しとなっています。 東証1部の売買代金は1兆1254億円と少なく、騰落銘柄数は値上がり884銘柄、 値下がり1114銘柄、日経225採用銘柄では値上がり54銘柄、値下がり166銘柄でした。 新興市場は、個別株物色から日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数ともに続伸しています。 昼休みの時間帯に米国株時間外取引が再度上げ幅を広げ、これにつれてドル円もやや円安に 振れていますので、後場の日経平均は下げ幅を縮小して始まっています。 また前引けのTOPIXが-0.41%安で終わっていますので、後場は日銀のETF買いも 意識されやすい状況です。 今週は決算発表がピークを迎えるなか、週末に5月限SQを控えていますので、振幅が大きい 荒れるSQ週になる可能性があることは含んでおいた方がいいと思います。 米中貿易摩擦懸念がまだくすぶるなか、イラン核合意を巡るトランプ大統領の決定を12日に 控えていることも波乱要因となり得るだけに、やはりまだ戻りを試す場面があった場合には 段階的に利益確定売りを進めていくイメージの継続だと思います。 好業績を発表した銘柄に関しても、上がったところを買うというよりは上昇したところでは 確実に利益確定売りを進める方がいいと思います。   ◆4月第2週にシグナル配信した騰落率が大きい銘柄の実績です◆    ↑ 4月2日のメルマガ配信分より、今回のシグナル点灯の期待度を表記しています ☆売りシグナル点灯後14日目までの実績一覧はこちら ☆買いシグナル点灯後14日目までの実績一覧はこちら   ↓↓ 有料メルマガのお申し込みはこちらから ↓↓ ココから買う株、ココから売る株 ~騰落率の大きい個別銘柄~ http://foomii.com/00113(有料メルマガ配信サービス... 続きを読む

5月2日 後場の相場概況

前場の日経平均は-71円安の22436円と4営業日ぶりに反落しました。 朝方は、1ドル109円台後半まで進んだドル高円安を受けて高く始まりましたが、 寄り付きでつけた+60円高の22568円が前場の高値となり、その後は先物売りから 下落に転じました。 大型連休の谷間で様子見姿勢が強まるなか、安値では-81円安の22426円まで下落し、 前引けにかけて安値圏での推移となりました。   ◆けさは、米国株は高安まちまちでしたが、米国株時間外取引が小高く推移したことや 米アップル株が決算発表後の時間外取引で上昇したことを好感して高く始まりました。 その後は連休の谷間で積極的にリスクを取る投資家が少ないなか、先物売りから下落に転じると 米連邦公開市場委員会(FOMC)や米雇用統計を控えていることもあって、 次第に様子見姿勢がが強まりました。 東証1部の売買代金は1兆1726億円と少なく、騰落銘柄数は値上がり935銘柄、 値下がり1010銘柄、日経225採用銘柄では値上がり77銘柄、値下がり137銘柄でした。 日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数はともに反発しています。 売り方の買い戻しもひと段落した感じで、ポジション調整の売りから小安い展開となっています。 基本的には上値を追う材料には乏しく、上昇が止まってくると買い方も徐々に利益確定売りに 傾きやすくなってくると思いますので、やはりまだ戻りを試す場面があった場合には 段階的に利益確定売りを進めていくイメージの継続でいいと思います。   ◆4月10日にシグナル配信した騰落率が大きい銘柄の実績です◆    ↑ 4月2日のメルマガ配信分より、今回のシグナル点灯の期待度を表記しています ☆売りシグナル点灯後14日目までの実績一覧はこちら ☆買いシグナル点灯後14日目までの実績一覧はこちら   ↓↓ 有料メルマガのお申し込みはこちらから ↓↓ ココから買う株、ココから売る株 ~騰落率の大きい個別銘柄~ http://foomii.com/00113(有料メルマガ配信サービス... 続きを読む

5月1日 後場の相場概況

前場の日経平均は+11円高の22479円とわずかながら3営業日続伸しました。 朝方は、米国株安が重しとなって安く始まると、安値では-56円安の22411円まで下落しましたが、 下値が限定的だったことから売り一巡後は小幅高に転じました。 日本市場の連休中に米連邦公開市場委員会(FOMC)の結果発表や4月の米雇用統計など 重要イベントを控えるため投資家の様子見姿勢が目立ち、午前の日経平均の値幅は約77円に とどまりました。   ◆けさは、米国株安を嫌気して小幅安で始まりましたが、米国株時間外取引が小高く推移したことや ドル円相場の落ち着きから輸出株に買いが入ったことで、前場中ごろからプラス転換しました。 ただきょうの米アップルの決算や2日に結果が判明する米連邦公開市場委員会(FOMC)、 4日の4月米雇用統計を控えて積極的な売買は見られず、方向感に乏しい動きでした。 東証1部の売買代金は1兆4736億円、騰落銘柄数は値上がり798銘柄、値下がり1190銘柄、 日経225採用銘柄では値上がり110銘柄、値下がり107銘柄でした。 ソフトバンクが1銘柄で約19円、日経平均を押し上げています。 連休の谷間で積極的な売買が控えられたことから、日経ジャスダック平均は小幅続落、 東証マザーズ指数は7営業日ぶりに反落しています。 テクニカル指標は前場試算値段階では、軒並み高値圏を示唆する状態となっており、 サイコロジカルラインは過熱感があるとされる75%に再度乗せてきました。 騰落レシオ25日も過熱感があるとされる120を連日で超えています。 それでも下げないのは、現在苦しくなっている売り方が、この連休中の上昇リスクを意識して、 下値では買い戻しを進めているからだと思います。 ポジション調整の買い戻しがまだ続く可能性はありますが、基本的には上値を追う材料には乏しく、 買い方も徐々に利益確定売りに傾きやすくなってくると考えられますので、やはりまだ戻りを 試す場面があれば、段階的に利益確定売りを進めていくイメージの継続だと思います。   ◆4月9日にシグナル配信した騰落率が大きい銘柄の実績です◆    ↑ 4月2日のメルマガ配信分より、今回のシグナル点灯の期待度を表記しています ☆売りシグナル点灯後14日目までの実績一覧はこちら ☆買いシグナル点灯後14日目までの実績一覧はこちら   ↓↓ 有料メルマガのお申し込みはこちらから ↓↓ ココから買う株、ココから売る株 ~騰落率の大きい個別銘柄~ http://foomii.com/00113(有料メルマガ配信サービス... 続きを読む

4月27日 後場の相場概況

前場の日経平均は+94円高の22413円と続伸しました。 朝方は、企業の好決算を背景に米国株が大幅高となったことやドル円の円安基調を受けて 大きく上昇して始まりました。 寄り付き直後には高値で+168円高の22488円まで上昇しましたが、買い一巡後は上げ幅を 縮小し、安値では+37円高の22357円まで押し返される場面もありました。 その後は前引けにかけて持ち直しましたが、上値は限定的でした。 南北首脳が、板門店で10年半ぶりに首脳会談に臨んでいますが、現時点では北朝鮮の非核化など 具体的な交渉内容が明らかになっていないことから材料視はされていません。   ◆けさは、米国株高や円安ドル高を好感して高く始まると、好業績銘柄を中心に買いが先行しました。 京セラやアドテストなど今期の増益見通しを示した銘柄に買いが集まった半面、大幅減益を見込む ファナックが大幅安となり、機械、ハイテクなどに幅広く売りが波及して相場の重しとなりました。 東証1部の売買代金は1兆5829億円、騰落銘柄数は値上がり896銘柄、値下がり1090銘柄、 日経225採用銘柄では値上がり126銘柄、値下がり96銘柄でした。 京セラが約57円、ソフトバンクが約32円、ファーストリテが約30円、日経平均を押し上げていますが、 一方でファナックが1銘柄で約79円、押し下げています。 日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数はともに6営業日ぶりに反落しています。 テクニカル指標は前場試算値段階では、軒並み高値圏を示唆する状態となってきました。 日銀金融政策決定会合は市場予想通り、現状の維持を決定しました。 日本は大型連休入りを控えている週末ですので、後場は動きづらくなってくると思います。 売り方のほうが苦しくなっていますので、ポジション調整の買い戻しがまだ入る可能性もありますが、 基本的には買い方も利益確定売りに傾きやすくなってくると考えられますので、やはりまだ上値を 試す場面があれば、段階的に利益確定売りを進めていくイメージだと思います。   ◆4月6日にシグナル配信した騰落率が大きい銘柄の実績です◆    ↑ 4月2日のメルマガ配信分より、今回のシグナル点灯の期待度を表記しています ☆売りシグナル点灯後14日目までの実績一覧はこちら ☆買いシグナル点灯後14日目までの実績一覧はこちら   ↓↓ 有料メルマガのお申し込みはこちらから ↓↓ ココから買う株、ココから売る株 ~騰落率の大きい個別銘柄~ http://foomii.com/00113(有料メルマガ配信サービス... 続きを読む