相場概況

9月5日 後場の相場概況

前場の日経平均は-65円安の22631円と4営業日続落しました。 朝方は、米通商政策や新興国経済の先行き不透明感が重しとなって米国株が下落した流れを受けて 安く始まると、先物売りで安値では-92円安の22604円まで下落しましたが、売り一巡後は やや円安に振れたこともあって下げ渋りました。 8月既存店売上高が良好だったファーストリテが買われ、指数を下支えています。 北米自由貿易協定(NAFTA)再交渉の行方を見極めたいとのムードが根強いなか、 8月の中国・財新非製造業購買担当者景気指数(PMI)が前月から低下して上海株が 軟調に推移したことも重しとなり、引き続き売買は低調でした。 東証1部の売買代金は1兆276億円、騰落銘柄数は値上がり718銘柄、値下がり1292銘柄、 日経225採用銘柄では値上がり50銘柄、値下がり173銘柄でした。 ファーストリテが約76円、日経平均を押し上げた一方、ソフトバンクが約33円押し下げました。 日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数はともに反落しています。 前場試算値の日経平均のテクニカル指標は全体として中立圏のなかでもやや底値圏に近づきつつあります。 23000円前後では戻り売りのイメージしかありませんでしたが、その後の調整で最初の 下値メドである25日線(前場試算値:22506円)に近づいてきていることもあり、 やや見方が変わりました。 まだ明確なイメージではありませんが、ココからは一段と調整が進んだところでは 段階的に買い場を探るスタンスでいいかもしれません。 十分な調整があったわけではありませんので、あくまでも大きく下げるところがあればという 前提にはなりますが、リバウンド狙いになりつつあると思います。 ただ新興市場は調整が不十分ですので、買うのであれば調整が進んでいる銘柄の方が 無難だと思います。   ◆8月15日にシグナル配信した騰落率が大きい銘柄の実績です◆ ☆売りシグナル点灯後14日目までの実績一覧はこちら ☆買いシグナル点灯後14日目までの実績一覧はこちら   ↓↓ 有料メルマガのお申し込みはこちらから ↓↓ ココから買う株、ココから売る株 ~騰落率の大きい個別銘柄~ http://foomii.com/00113(有料メルマガ配信サービス... 続きを読む

9月5日 前場の相場概況

4日の米国株市場は NYダウが-12.34ドル安の25952.48ドルと3日続落、 ナスダックが-18.291ポイント安の8091.246ポイントと反落しました。 きょうから再開される米国とカナダの北米自由貿易協定(NAFTA)の協議を控え、 米通商政策の先行き警戒感から海外売上高の比率が高い銘柄の一角が売られ、新興国の経済不安も 相場を押し下げてNYダウは一時-150ドル超の下落となりました。 一方で米8月ISM製造業景況指数は61.3と、市場予想平均の57.6を上回り、 2ヶ月ぶりに上昇して2004年5月以来14年3ヶ月ぶりの高水準になったことが 相場の下支えとなりました。 ナスダックは、アナリストが投資判断と目標株価を引き下げたと伝わったフェイスブックが売られ、 アルファベット(グーグル)やマイクロソフトも下げた一方、アマゾン・ドット・コムが買われ、 米企業としてはアップルに続いて時価総額が1兆ドルを超える場面がありました。   ◆先物夜間取引の終値は22690 -80円安でした。 高値は22788 +18円高、安値は22600 -140円安で高値引けでした。 米国株が下落して始まったことから先物も安いところがありましたが、米国株が下げ幅を 縮小するにつれ、先物も下げ幅を縮めて終わりました。 けさは米国株時間外取引、ドル円ともに小動きのなか、安く始まっています。 日経平均のテクニカル指標は中立圏のものが増えましたが、水準としては高値圏に近いものが まだ多い状態ではあります。 金曜日の8月米雇用統計の発表などを前にきょうも積極的な売買が手控えられそうな雰囲気ですが、 過去の傾向として日米ともに9月のパフォーマンスが良くないことも意識されやすく、 超目先的には高値圏にあることから利益確定売りで上値が押さえられやすいと思います。 ただ一方で、25日線(4日現在:22510円)を大きく割り込むような下落につながる 状況でもありませんので、水準としては下振れがあったときには打診買いを始める ことも考えてもいいかもしれません。 整理しますと、時価近辺よりも上昇する場面では利益確定売りを段階的に進めながら、 大きく下げるようなところではやや買い場を探すくらいのイメージだと思います。   【8月15日にシグナル配信した騰落率が大きい銘柄の実績です】 ☆売りシグナル点灯後14日目までの実績一覧はこちら ... 続きを読む

9月4日 後場の相場概況

前場の日経平均は-10円安の22697円とわずかながら3営業日続落しました。 朝方は、米国株はレイバー・デーの祝日のため休場でしたが米国株時間外取引が堅調だったことや 円安ドル高を受けて小高く始まりました。 その後、先物売りで下落転換すると安値では-95円安の22612円まで下落しましたが、 売り一巡後は上海株が底堅かったことなどから切り返し、高値では+45円高の22753円まで 上昇する場面もありました。 ただ買いは続かず、前引けにかけては前日終値近辺でもみ合いました。 米通商問題や新興国市場への警戒感が根強いことが投資家心理の重しとなっており、 引き続き様子見ムードで売買は低調でした。 東証1部の売買代金は8352億円、騰落銘柄数は値上がり1087銘柄、値下がり900銘柄、 日経225採用銘柄では値上がり47銘柄、値下がり173銘柄でした。 日経ジャスダック平均は小反発、東証マザーズ指数は反発しています。 前場試算値の日経平均のテクニカル指標はおおかたが中立圏に低下しています。 週末の米雇用統計発表などを控え、まだ動きづらい雰囲気になっているなか、 前場はドル円の動きなどを見ながら先物の売買に振らされる展開でした。 やはりさらなる上昇のためには一度短期的なスピード調整をする方が自然だと思いますので、 戻りがあればまだ水準としては利益確定売りを段階的に進めるところだと思います。   ◆8月14日にシグナル配信した騰落率が大きい銘柄の実績です◆ ☆売りシグナル点灯後14日目までの実績一覧はこちら ☆買いシグナル点灯後14日目までの実績一覧はこちら   ↓↓ 有料メルマガのお申し込みはこちらから ↓↓ ココから買う株、ココから売る株 ~騰落率の大きい個別銘柄~ http://foomii.com/00113(有料メルマガ配信サービス... 続きを読む

9月3日 後場の相場概況

前場の日経平均は-114円安の22751円と続落しました。 朝方は、米国とカナダの北米自由貿易協定(NAFTA)の再交渉が合意に至らなかったことから 先行き不透明感が強まって米国株市場でNYダウが下落したことなどから安く始まりました。 その後も先物売りで下げ幅を拡大すると、安値では-137円安の22727円まで下落しました。 売り一巡後は下げ渋る場面もありましたが、戻りは限定的で前引けにかけて安値圏で推移しました。 3日の米国市場はレイバー・デーで休場となるため、米国系投資家が休みということもあって 取引は低調でした。 東証1部の売買代金は8182億円、騰落銘柄数は値上がり475銘柄、値下がり1549銘柄、 日経225採用銘柄では値上がり47銘柄、値下がり173銘柄でした。 利益確定売りで日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数はともに反落しています。 前場試算値の日経平均のテクニカル指標は中立圏に低下するものが増えました。 一方で注目度の高いサイコロジカルラインは高値圏を示唆する75%で高止まりしています。 薄商いが続くなか、週末には米雇用統計を控えてさらに動きづらい雰囲気になっており、 利益確定売りに上値を押さえられる展開になっています。 やはりさらなる上昇のためには一度短期的なスピード調整をする方が自然だと思いますので、 まだ利益確定売りを進めるところだと思いますし、新興市場も同じように段階的に 利益確定売りを進めるのが無難だという見方は変えていません。   ◆8月第2週にシグナル配信した騰落率が大きい銘柄の実績です◆ ☆売りシグナル点灯後14日目までの実績一覧はこちら ☆買いシグナル点灯後14日目までの実績一覧はこちら   ↓↓ 有料メルマガのお申し込みはこちらから ↓↓ ココから買う株、ココから売る株 ~騰落率の大きい個別銘柄~ http://foomii.com/00113(有料メルマガ配信サービス... 続きを読む

9月3日 前場の相場概況

31日の米国株市場は NYダウが-22.10ドル安の25964.82ドルと続落、 ナスダックが+21.174ポイント高の8109.537ポイントと反発しました。 NYダウは下落、ナスダックは小幅高、S&P500は横ばいと、米国株はまちまちの動きでした。 米国とカナダによる北米自由貿易協定(NAFTA)再交渉の2国間協議が合意に至らず、 3連休を前にして利益確定売りが優勢となりました。 その後、米通商代表部(USTR)がカナダとの協議を9月5日に再開するとしたことから、 協議を巡る不透明感で大きく下げていたダウは午後に下げ幅を縮めました。 ナスダックは、アップルやアマゾン・ドット・コムが連日で上場来高値を更新するなど、 主力株の一角へ買いが続き、5営業日連続で終値での最高値を更新しています。 3(月)国内4-6月期法人企業統計・中製造業PMI・消費者物価指数、米国市場休場 4(火)米8月ISM製造業景況指数 5(水)中サービス部門PMI、米7月貿易収支 6(木)米8月ADP雇用統計・7月製造業受注・8月ISM非製造業景況指数・新規失業保険申請件数 7(金)米8月雇用統計   ◆週末の先物夜間取引の終値は22840 -20円安でした。 高値は22840 -20円安、安値は22720 -140円安で高値引けでした。 NYダウの下落につれて先物は下げる場面がありましたが、一方で円安ドル高が支えになり、 NYダウの下げ幅縮小とともに下げ幅を縮めて、安いながらも高値引けしています。 けさは米国株時間外取引が小高く、ドル円が小動きのなか、安く始まっています。 週末の日経平均のテクニカル指標は高値圏を示唆するものが増えました。 今晩の米国市場はレーバーデーの祝日で休場となることから今日は方向性が出にくいと思いますが、 やはり上昇する場面があれば段階的に利益確定売りを進めるスタンスが無難だと思います。 繰り返しになりますが、TOPIXの1750~1800ポイントの間は売買が非常に 多かった価格帯ですので、これを上抜くのは現在の売買代金では難しいと思います。 また過去の傾向として米国株の9月のパフォーマンスが良くないなか、現在は高値圏にあることから より利益確定売りで上値が押さえられやすくなるとも考えられます。 米国株の上昇なしに日本株の上昇も難しいわけですから、この短期的な過熱感が意識される水準は、 スピード調整に備えるために現金比率を高めておくところだと思います。   【8月第2週にシグナル配信した騰落率が大きい銘柄の実績です】 ☆売りシグナル点灯後14日目までの実績一覧はこちら ... 続きを読む

8月31日 後場の相場概況

前場の日経平均は-39円安の22830円と9営業日ぶりに小反落しました。 朝方は、トランプ大統領が来週にも中国製品に対し2000億ドル(約22兆2000億円)の 追加関税を発動すると報じられたことを受けて米国株が下落し、米中貿易摩擦に対する懸念から 円高ドル安も進行したため、主力大型株を中心に下落して始まりました。 先物売りで下げ幅を拡大すると、安値では-191円安の22678円をつける場面もありましたが、 売り一巡後は、円高進行が一服したことや中国8月製造業購買担当者景気指数(PMI)が 市場予想を上回ったことで中国関連株の一部に見直し買いが入るなどして下げ幅を縮小しました。 東証1部の売買代金は9266億円、騰落銘柄数は値上がり867銘柄、値下がり1113銘柄、 日経225採用銘柄では値上がり72銘柄、値下がり146銘柄でした。 日経ジャスダック平均は小反落、東証マザーズ指数は続伸しています。 前場試算値の日経平均のテクニカル指標は高値圏を示唆するものが増えました。 注目度の高いサイコロジカルラインは高値圏を示唆する75%で高止まりしています。 薄商いが続くなか、先物への買い戻しなどで前引けにかけて下げ幅を縮小する展開となりましたが、 中長期の投資家はまだ冷静に様子見姿勢を取っている感じですので、やはりさらなる上昇のためには、 一度短期的なスピード調整をする方が自然だと思います。 この水準は段階的に利益確定売りを進めるところだと思いますし、新興市場も段階的に 利益確定売りを進めるのが無難だという見方は変えていません。   ◆8月10日にシグナル配信した騰落率が大きい銘柄の実績です◆ ☆売りシグナル点灯後14日目までの実績一覧はこちら ☆買いシグナル点灯後14日目までの実績一覧はこちら   ↓↓ 有料メルマガのお申し込みはこちらから ↓↓ ココから買う株、ココから売る株 ~騰落率の大きい個別銘柄~ http://foomii.com/00113(有料メルマガ配信サービス... 続きを読む

8月31日 前場の相場概況

30日の米国株市場は NYダウが-137.65ドル安の25986.92ドルと5日ぶりに反落、 ナスダックが-21.324ポイント安の8088.363ポイントと5日ぶりに反落しました。 トランプ大統領が、来週にも中国製品に対し2000億ドル(約22兆2000億円)の追加関税を 発動すると報じられたことから、米中貿易摩擦への懸念が再び強まって売りが広がりました。 NYダウは前日まで4日続伸して約7ヶ月ぶりの高値まで上昇していたため、利益確定売りも 出やすい状況でした。 またアルゼンチンペソやトルコリラなど新興国通貨がドルに対して下落したため、新興国経済を巡る 不透明感も相場の重しとなり、ナスダックではアルファベット(グーグル)や半導体関連株などが 売られました。   ◆先物夜間取引の終値は22720 -150円安でした。 高値は22880 +10円高、安値は22660 -210円安でした。 米国株が軟調に推移するなか、大きく円高ドル安に振れましたので先物も下落しています。 けさは米国株時間外取引は小安く、ドル円も円高水準ですので、下落して始まっています。 日経平均のテクニカル指標はおおかたが高値圏を示唆する位置に張り付いていますが、 きのうも23000円を回復したところが高値となって終値ではこれに跳ね返されました。 目先の達成感が出やすいなか、短期的な過熱感が強く意識されやすい状況ですので、 やはり水準的な戻り売り圧力の高まりを含めて、上昇場面では段階的に利益確定売りを 進める位置だと思います。 ココまで薄商いのなかを買い戻しが主導してやや行き過ぎの上昇となっていましたので、 単なるスピード調整であっても25日線(30日現在:22492円)程度までの 下落が起こりやすいことには注意が必要です。   【8月10日にシグナル配信した騰落率が大きい銘柄の実績です】 ☆売りシグナル点灯後14日目までの実績一覧はこちら ... 続きを読む

8月30日 後場の相場概況

前場の日経平均は+35円高の22883円と8営業日続伸しました。 朝方は、米国株の上昇や円安ドル高を受けて電気や機械といった輸出関連株などが買われ、 高値では+183円高の23032円まで上昇しました。 買い一巡後は手掛かり材料に乏しいなか、23000円台回復の達成感から利益確定売りも出て、 日経平均は小幅安に転じる場面もありました。 米国とカナダの通商協議が進展するとの期待からナスダックなどが上昇したことを受けて、 ソニーやTDKが連日で年初来高値を更新しています。 トランプ大統領が、膠着している北朝鮮との非核化交渉に関連して中国政府を非難する声明を 発表したため、米中関係の緊張の高まりから上海株や米国株時間外取引が下落しており、 前引けにかけて買い手控えムードが広がった部分もありました。 東証1部の売買代金は1兆917億円、騰落銘柄数は値上がり1109銘柄、値下がり875銘柄、 日経225採用銘柄では値上がり99銘柄、値下がり112銘柄でした。 日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数はともに続伸しています。 前場試算値の日経平均のテクニカル指標は高値圏のものが引き続き目立っており、 注目度の高いサイコロジカルラインは高値圏を示唆する75%で高止まりしています。 前場のTOPIXは高値が1749.72ポイントとなり、売買が非常に多かった 1750~1800ポイントの水準の手前で止まりました。 機械的な買い戻しが相場をけん引し続けていますが、売買が盛り上がらないところを見ても 中長期の投資家は意外と冷静にこの上昇を見ていると思います。 やはりこの水準は段階的に利益確定売りを進めるところだと思いますし、新興市場も段階的に 利益確定売りを進めるのが無難だと思います。   ◆8月9日にシグナル配信した騰落率が大きい銘柄の実績です◆ ☆売りシグナル点灯後14日目までの実績一覧はこちら ☆買いシグナル点灯後14日目までの実績一覧はこちら   ↓↓ 有料メルマガのお申し込みはこちらから ↓↓ ココから買う株、ココから売る株 ~騰落率の大きい個別銘柄~ http://foomii.com/00113(有料メルマガ配信サービス... 続きを読む

8月30日 前場の相場概況

29日の米国株市場は NYダウが+60.55ドル高の26124.57ドルと4日続伸、 ナスダックが+79.649ポイント高の8109.687ポイントと4日続伸しました。 ナスダックは4日連続で史上最高値を更新して、終値ベースで初めて8100ポイント台に乗せました。 米4-6月期GDP(国内総生産)改定値が、前期比年率で4.2%増と市場予想平均の4.0%増を 上回ったことが好感されました。 また米国とカナダの北米自由貿易協定(NAFTA)再交渉が進展するとの期待感も支えになりました。   ◆先物夜間取引の終値は22980 +130でした。 高値は22980 +130円高、安値は22810 -40円安でした。 米国株が堅調に推移するなか、円安ドル高に振れたことから先物も高値引けで終わりました。 けさは米国株時間外取引は小動き、ドル円がほぼ横ばいのなか、高く始まっています。 日経平均のテクニカル指標は高値圏を示唆するものが増えていますが、きょうは5月21日の 高値23050円迫ってきましたので、さらに売り方の買い戻しが進むのかどうか注目されます。 先物を中心に買い戻しが入ると瞬間的な上振れもあり得ますが、テクニカル指標の短期的な過熱感や 戻り売り圧力の高まりを考えると、やはり上昇する場面では段階的に利益確定売りを進めるのが 無難だと思います。 新興市場も目先は利益確定売りを段階的に進めるのが無難だと思います。   【8月9日にシグナル配信した騰落率が大きい銘柄の実績です】 ☆売りシグナル点灯後14日目までの実績一覧はこちら ... 続きを読む