相場概況

2月9日 後場の相場概況

前場の日経平均は-705円安の21185円と3日ぶりに大幅反落しました。 朝方は、米長期金利の上昇を受けて、NYダウが過去2番目の下げ幅を記録したことや 円高ドル安の進行などを嫌気して大幅安で始まりました。 その後は米国株時間外取引の上昇やドル円がやや円安に振れたことから下げ渋る場面もありましたが 戻りは限定的で、上海総合指数や香港ハンセン指数の下落も重しとなって安値では-771円安の 21119円まで下落しました。 前引けにかけて、相場の予想変動率を示す日経平均ボラティリティー・インデックス(VI)が徐々に 水準を切り上げるとともに、今後も不安定な相場が続くことを警戒した売りが出ました。   ◆大幅安で始まったあとに、米国株時間外取引の上昇などを受けて下げ幅を縮小する場面もありましたが、 3連休を控えた週末ということもあって買いは続きませんでした。 きょう算出の日経平均先物ミニ・オプション2月限のSQ(特別清算指数)推計値は21190円11銭で、 前引けにかけてこれを下回ってきたことも相場の雰囲気を悪くした感じです。  前引けでの東証1部の売買代金は1兆9864億円ときょうも膨らみ、騰落銘柄数は値上がり109銘柄、 値下がり1934銘柄と全体の94%が値下がりし、東証業種別株価指数は全33業種が値下がりしています。 日経225採用銘柄では値上がり4銘柄、値下がり221銘柄となっており、裁定解消売りの影響で 値がさ株の下落が目立ちました。 日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数はともに大幅反落しています。 テクニカル指標は前引け試算値ではおおかたが底値圏を示唆していますが、やはり3連休前ということや 今晩の先物オプション市場がシステム変更のため全面的に休場という特殊な事情もあって、 押し目買いにも力がありませんでした。 このあと米国株時間外取引が値を保てないと、市場が開いているうちに先物などでリスクヘッジする 動きが加速する可能性もあるだけに、後場の戻りは厳しいことも考えられます。 基本的には下がれば買いのイメージは継続していますが、まだ瞬間的に大きく下落する可能性が なくなったとは言い切れないだけに、大きくツッコミがあったときには買えるように準備をしながら 様子見、もしくは銘柄によっては意外安したところで買える指値を並べる感じかもしれません。   ◆1月19日にシグナル配信した騰落率が大きい銘柄の実績です◆ ☆売りシグナル点灯後14日目までの実績一覧はこちら ☆買いシグナル点灯後14日目までの実績一覧はこちら   ↓↓ 有料メルマガのお申し込みはこちらから ↓↓ ココから買う株、ココから売る株 ~騰落率の大きい個別銘柄~ http://foomii.com/00113(有料メルマガ配信サービス... 続きを読む

2月8日 後場の相場概況

前場の日経平均は+55円高の21700円と小幅に続伸しました。 朝方は、米国株が落ち着きを取り戻してきたことや円安ドル高を好感して高く始まると、 高値では+259円高の21904円まで上昇しました。 その後、上値が重くなったところで先物にまとまった売りが出たことをきっかけにして、 前引けにかけて上げ幅を縮小しました。 前日までに日経平均の予想PERが13倍台半ばまで低下していることから、国内機関投資家などが 割安感の強まった銘柄を中心に打診買いを入れたとの観測もありました。   ◆高く始まって上値を試す場面もありましたが、米国株時間外取引が安く推移していることや、 米長期金利の上昇などに根強い警戒感もあり、前引けにかけて上げ幅を縮小しました。 前引けでの東証1部の売買代金は1兆5739億円、騰落銘柄数は値上がり1376銘柄、値下がり592銘柄、 日経225採用銘柄では値上がり120銘柄、値下がり92銘柄となっています。 日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数はともに続伸しています。 テクニカル指標は前引け試算値では依然として底値圏を示唆するものが多くありますが、 まだ振幅の大きい相場に警戒感もあってすぐに上げ幅を縮小する動きになってしまいます。 とくに米国株時間外取引が軟調なことが重しとなりました。 あしたで2月限SQが通過することから、日本市場独自の変動値幅が大きく出やすい SQ要因はひとまず終わりますが、3連休を控えていることもあって様子見になりやすい 状況が続いている感じです。 基本的には下がれば買いのイメージですが、まだ瞬間的に大きく下落する局面がなくなったとは 言い切れないだけに、大きくツッコミがあったときには買えるように準備をしながら 様子を見ているのがいいかもしれません。   ◆1月18日にシグナル配信した騰落率が大きい銘柄の実績です◆ ☆売りシグナル点灯後14日目までの実績一覧はこちら ☆買いシグナル点灯後14日目までの実績一覧はこちら   ↓↓ 有料メルマガのお申し込みはこちらから ↓↓ ココから買う株、ココから売る株 ~騰落率の大きい個別銘柄~ http://foomii.com/00113(有料メルマガ配信サービス... 続きを読む

2月7日 後場の相場概況

前場の日経平均は+660円高の22270円と4営業日ぶりに大幅反発しました。 朝方は、米国株市場が大幅反発した流れを受けて大幅高で始まりました。 前日までの3営業日続落で合計-1875円安していた反動もあって、先物に買い戻しが入ると 上げ幅を拡大し、高値では+743円高の22353円まで上昇しました。 その後は米国株市場の先行き不透明感もあって、上値は重いながらも高値圏での推移となりました。   ◆大幅高で始まりましたが、米国株時間外取引が安く推移していることやドル円が日本時間でやや円高に 振れていることなどから前引けにかけてはやや上値が重い展開でした。 後場は昼休みの時間帯に米国株時間外取引の下落幅が広がったことや上海総合指数の下落などを嫌気して、 上げ幅を急速に縮小して始まっています。 前引けでの東証1部の売買代金は1兆9902億円と多く、騰落銘柄数は値上がり1992銘柄、 値下がり67銘柄、日経225採用銘柄では値上がり217銘柄、値下がり7銘柄となり、 東証業種別株価指数も全33業種が上昇しています。 日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数はともに大幅反発しています。 テクニカル指標は前引け試算値では中立圏に戻すものも散見されましたが、まだ米国株の 先行き不透明感が残るだけに不安定な状態は続きそうです。 とくに8日に米暫定予算の期限を迎えるにあたって、トランプ米大統領は政府機関の一部閉鎖も 辞さない構えを示していることが懸念材料として意識されます。 ただ金曜日に2月限SQが通過することから、日本市場独自の変動値幅が大きく出やすい SQ要因はひとまず終わります。 ある意味、金曜日の寄り付き後は安心して買い下がれる状況になると思います。 前場はボリンジャーバンドの-2σ(前場試算値:22324円)水準で上値が押さえられましたが、 むしろ一日で大きくリバウンドを完了してしまうよりも、もう一度くらい下値を確認しに行き、 そこから反発する方が健全かもしれません。   ◆1月17日にシグナル配信した騰落率が大きい銘柄の実績です◆ ☆売りシグナル点灯後14日目までの実績一覧はこちら ☆買いシグナル点灯後14日目までの実績一覧はこちら   ↓↓ 有料メルマガのお申し込みはこちらから ↓↓ ココから買う株、ココから売る株 ~騰落率の大きい個別銘柄~ http://foomii.com/00113(有料メルマガ配信サービス... 続きを読む

2月6日 後場の相場概況

前場の日経平均は-1194円安の21487円と大幅に3営業日続落しました。 取引時間中での21500円割れは17年10月20日の安値21363円以来3ヶ月半ぶりです。 朝方は、NYダウが過去最大の下げ幅となるなど米国株の暴落を受けて、売り一色から全面安で始まりました。 円高ドル安の進行に加え、時間外取引での米株価指数先物の大幅続落も投資家心理のさらなる悪化につながり、 リスク回避の動きが加速したことから安値では-1278円安の21403円まで下落しました。 アジア株も総じて下落していることからその後の戻りは鈍く、前引けにかけて安値圏で推移しました。   ◆安く始まったあとも米国株時間外取引の連日の大幅安や、アジア株安が重しとなって さらに下げ幅を広げました。 ドル円も日本時間では108円台後半で推移していることから、日経平均の下げ幅は2016年6月24日の -1286円安以来およそ1年7ヶ月ぶり大きさになっています。 前引けでの東証1部の出来高は15億1365万株、売買代金は2兆5668億円と急速に膨らみ、 騰落銘柄数は値上がり14銘柄、値下がり2048銘柄、日経225採用銘柄では値上がり2銘柄、 値下がり223銘柄となり、東証業種別株価指数も全33業種が下落となる全面安になっています。 日経ジャスダック平均は-7%安、東証マザーズ指数は-9%安とともに大幅続落しています。 前引け試算値ではほぼすべてのテクニカル指標が底値圏を示唆する状態になってきました。 ただ今週末に2月限SQを控えていることから、下げだすと下げに勢いがつきやすい状態です。 前引けのTOPIXは-4.99%安でしたので日銀のETF買いは確実に入りますが、 最近はまったく下支えになっていませんので、効果には期待しづらいです。 やはり米国株市場の落ち着きが重要ですので、米国株時間外取引が戻すかどうかに掛かっていますが、 日経平均の水準的には、いつリバウンドに入ってもおかしくないイメージはあります。 とくにボリンジャーバンドの-3σ(前場試算値:21822円)割れは象徴的で、 株価が+3σと-3σの間で推移する確率は約99.7%とされていますので、 少なくとも目先のリバウンドは近いと思います。 ただ下落に勢いがついていますので、買い下がるのであれば余裕を持って段階的に、 買い指値を並べた方がいいと思います。   ◆1月16日にシグナル配信した騰落率が大きい銘柄の実績です◆ ☆売りシグナル点灯後14日目までの実績一覧はこちら ☆買いシグナル点灯後14日目までの実績一覧はこちら   ↓↓ 有料メルマガのお申し込みはこちらから ↓↓ ココから買う株、ココから売る株 ~騰落率の大きい個別銘柄~ http://foomii.com/00113(有料メルマガ配信サービス... 続きを読む