1月12日の米国株市場

12日の米国株市場は
NYダウ+228.46ドル高の25803.19ドルと続伸して最高値を更新、
ナスダック+49.285ポイント高の7261.062ポイントと続伸して最高値を更新しました。

米主要企業の2017年10-12月期決算への期待から幅広い銘柄が買われました。

朝方に、米銀大手のJPモルガン・チェースや資産運用大手のブラック・ロックが四半期決算を発表し、

ともに1株利益などが市場予想を上回ったことや、底堅い小売売上高などが買い材料となりました。

航空機のボーイングがこの日も大幅上昇し、1銘柄でNYダウを56ドル近く押し上げています。

全米小売業協会(NRF)が、昨年の年末商戦にあたる11~12月の小売売上高が前年同期比5.5%増え、

想定の3.6~4.0%増を大幅に上回ったと発表したことや、商務省発表の12月の小売売上高

4ヶ月連続で増加するなど消費の強さが好感され、小売関連株が軒並み買われて相場上昇をけん引しました。

ナスダックは、アマゾン・ドット・コムが大幅に上昇したほか、アップルやアルファベット(グーグル)、

マイクロソフトなど主力株が総じて買われ、S&P500種株価指数とあわせて主要3指数が連日で

史上最高値を更新しました。

[来週の主なスケジュール]

16(火) 米1月NY連銀製造業景気指数

17(水) 米12月鉱工業生産・設備稼働率

18(木) 中10-12月期GDP・12月小売売上高・鉱工業生産、米12月住宅着工件数

      米1月フィラデルフィア連銀製造業景況感指数

 

◆5日の先物夜間取引の終値は22750 +110円高、高値は22830 +190円高で、

安値は22630 -10円安でした。

大幅高した米国株を受けて月曜日は高く始まりそうですが、一方でドル円は一時110円台後半を

つけるほどの円高水準にあります。

月曜日に安いところがあればいい買い場になると考えていましたが、先物の夜間取引までしか

安いところはありませんでした。

依然としてテクニカル指標は高値圏を示唆しているものが多いだけに、こうなってくると

またどこで売っていくのか、売り場探しとなりそうです。

ここまで日経平均は直近の高値を更新してきており、メドらしいメドがほかには見当たらないので、

9日の取引時間中の高値23952円やそのときの先物高値24000円が心理的な大きな

節目となります。

ただ元先物ディーラーの感覚として書かせていただくと、24000円を上抜かせれば、

また買い戻しが入って踏み上げ相場入りしやすいだけに、その水準での攻防は激しくなりそうです。

その近辺まで行けば、ペースとしては買い方が有利なのですが、同時にテクニカル指標

かなり危険水域まで上昇します。

ですので、先物で戦っているプレイヤーでなく、株の売買をしている投資家としては

やはりココから上がったところでは確実に利益確定売りを進める方が無難だと思います。

また新興市場も過熱感が意識される水準まで上昇が続いているだけに、買うとすれば

日経平均につれて上がっている銘柄ではなく、押し目を作っている出遅れ株に

循環物色の矛先が回ってくるのを狙った方がいいかもしれません。   

 

【12月第4週にシグナル配信した騰落率が大きい銘柄の実績です】

☆売りシグナル点灯後14日目までの実績一覧はこちら

☆買いシグナル点灯後14日目までの実績一覧はこちら

 

↓↓ 有料メルマガのお申し込みはこちらから ↓↓

ココから買う株、ココから売る株 ~騰落率の大きい個別銘柄~

http://foomii.com/00113(有料メルマガ配信サービス フーミー)

月額 :10,800円(税込)


「月額サービスに加入する前に、ためしに見てみたい」など、ご希望の配信のみをご購読される場合は、

配信毎:   300円(税込)

こちらからご購読いただけます

 

ココから買う株、ココから売る株 ~日経平均株価指数~

http://foomii.com/00114(有料メルマガ配信サービス フーミー)

月額: 21,600円(税込)

 

 

ランキングの応援にクリックをお願いします♪
    ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ
   にほんブログ村