【メルマガ配信銘柄】10月25日分の実績です

日経平均は-351円安の22028円と大幅に営業日続落しました。

今年初の6連敗で、東証1部の値下がり銘柄数は全体の9割を超える全面安となり、

東証業種別株価指数は全33業種が値下がりとなっています。

朝方は、取引開始前に発表された7-9月期のGDPが市場予想を下回ったことや、

14日の米国株安、円高を受けて安く始まると、先物売りも出て下げ幅を拡大しました。

日銀のETF買い期待から下げ渋る場面もありましたが、先物にまとまった売りが出たことをきっかけに

一段安となり、安値では-375円安の22004円まで下落する場面がありました。

下げ幅は3月22日以来8ヶ月ぶりの大きさとなり、オプション価格から投資家の不安心理を表す

日経平均ボラティリティー・インデックス(VI)が急上昇しました。

 

◆22000円処で値ごろ感から買いが入って下げ止まり、リバウンドする場面もありましたが、

大引けにかけては失速していました。

東証1部の売買代金は概算で3兆7703億円と、3営業日ぶりに3兆円を超えています。

つまりココまで下がるなら買ってみようというプレイヤーも出てきたということです。

25日移動平均線かい離率+0.40%とかい離率を縮小させ、200日移動平均線かい離率

+10.64%と、ピークだった7日の15.82%からだいぶ下がってきました

取引開始直前に発表された7-9月期のGDP速報値は、前期比実質成長率は年率1.4%でした。

7四半期連続のプラス成長ながら、4-6月期の2.5%から減速するとともに市場予想の1.5%も

小幅に下回りました。

特に弱さが目立ったのは住宅投資と個人消費で、住宅投資は実質で前期比0.9%減となり、

2015年10-12月期以来のマイナスに転落しました。

個人消費は新車販売が鈍化したことなどから0.5%減でした。

5日線を下回って相場のトレンド転換が意識されるなか、悪材料に過敏に反応した側面もありますが、

これで下値の節になりやすい22000円や、25日線(今日現在:21941円)に急接近しました。

ココまで下がってくれば、リバウンド狙いで段階的に買い下がっていい水準だと思います。

とくに先物は夜間取引で思わぬ安値を買えることもありますので、少し安いところで買い指値を入れても

面白いと思います。

個別株の方は、大型株の急落に巻き込まれた新興株市場などの中小型株の下落率が大きくなっていますので、

こちらも段階的に買い指値を並べてもいいと思います。

ただどちらも意外安はありえますので、下落の最終局面で投げ売りさせられないように、

余裕を持って段階的に買い下がることが大事だと思います。

 

◆アメブロで、朝9:30頃と昼13:30頃の2回、シグナル点灯銘柄を無料公開中◆

 

◆ヤフーファイナンスで日々の相場観と、毎週月曜日に注目銘柄を連載中◆

 

◆10月25日にメルマガ配信した騰落率が大きい銘柄の実績です◆

☆売りシグナル点灯後14日目までの実績一覧はこちら

☆買いシグナル点灯後14日目までの実績一覧はこちら

 

↓↓ 有料メルマガのお申し込みはこちらから ↓↓

ココから買う株、ココから売る株 ~騰落率の大きい個別銘柄~

http://foomii.com/00113(有料メルマガ配信サービス フーミー)

月額 :10,800円(税込)


「月額サービスに加入する前に、ためしに見てみたい」など、ご希望の配信のみをご購読される場合は、

配信毎:   300円(税込)

こちらからご購読いただけます

 

ココから買う株、ココから売る株 ~日経平均株価指数~

http://foomii.com/00114(有料メルマガ配信サービス フーミー)

月額: 21,600円(税込)

 

 

<お知らせ>

11月7日に出版されました、あの清武先生の新刊「空あかり」の中で、

P135から私のエピソードが紹介されていますので、よろしかったらぜひご覧ください。

 

ランキングの応援にクリックをお願いします♪
    ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ
   にほんブログ村