11月14日 後場の相場概況

前場の日経平均は+60円高の22441円と5営業日ぶりに反発しました

朝方は、前日の軟調な地合いを受けて小安く始まると、安値では-57円安の22323円まで下げましたが、

その後は13日の米国株高や円安を支えに、短期的な調整が一巡したとみる投資家の押し目買いが入って

上昇に転じました。

先物買いも入って高値では+151円高の22532円まで上昇しましたが、買い一巡後は

前引けにかけて伸び悩みました。

一方で、ハイテク・半導体関連株の一角が堅調に推移したことで指数を下支えしました。

 

◆前場はいちおう小反発となりましたが、前引けにかけての失速を見るとまだ買い方も

腰が引けている感じです。

前引けのTOPIXは-0.14%安ですので、後場は日銀のETF買いが入る可能性もありますが、

きのうもけっきょく717億円使って買い支えての-300円安でしたので、後場から売り仕掛けが

あった場合にはあまり効果に期待はできないかもしれません。

一方で5日移動平均線(前場試算値:22657円)は下降に転じていることから上抜けしやすくはなり、

テクニカル指標では日経平均の5日移動平均線かい離率は前引け試算値では-0.95%と下落し、

200日移動平均線かい離率+12.79%と、まだ警戒水域の+10%を上回ってはいますが

順調に下がっています。

日経平均株価をTOPIXで割って、日経平均の割高度合いを計るNT倍率は前引けで12.60倍と、

日経平均が上昇してTOPIXが下落したことから前日比+0.05の上昇となりました。

先物はきのうの夜間取引安値22110円から前場の高値22550円まで440円幅のリバウンド

していますが、これは直近の高値である9日高値23430円から夜間取引の安値22110円までの下落の

ちょうど3分の1戻しにあたります。

超目先のリバウンドはココまでで一服する可能性もありますが、逆にもう一度下値を試しに行くようですと

もう少し大きなリバウンドが狙えるかもしれません。

 

◆アメブロで、朝9:30頃と昼13:30頃の2回、シグナル点灯銘柄を無料公開中◆

 

◆ヤフーファイナンスで日々の相場観と、毎週月曜日に注目銘柄を連載中◆

 

◆10月23日にメルマガ配信した騰落率が大きい銘柄の実績です◆

☆売りシグナル点灯後14日目までの実績一覧はこちら

☆買いシグナル点灯後14日目までの実績一覧はこちら

 

↓↓ 有料メルマガのお申し込みはこちらから ↓↓

ココから買う株、ココから売る株 ~騰落率の大きい個別銘柄~

http://foomii.com/00113(有料メルマガ配信サービス フーミー)

月額 :10,800円(税込)


「月額サービスに加入する前に、ためしに見てみたい」など、ご希望の配信のみをご購読される場合は、

配信毎:   300円(税込)

こちらからご購読いただけます

 

ココから買う株、ココから売る株 ~日経平均株価指数~

http://foomii.com/00114(有料メルマガ配信サービス フーミー)

月額: 21,600円(税込)

 

 

<お知らせ>

11月7日に出版されました、あの清武先生の新刊「空あかり」の中で、

P135から私のエピソードが紹介されていますので、よろしかったらぜひご覧ください。

 

ランキングの応援にクリックをお願いします♪
    ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ
   にほんブログ村